三面怪人ダダは幼児期のトラウマ!しかし・・今はパシリっぷりがかわいそうに感じる!!(ウルトラマン)

みんなのトラウマ・ダダ星人。
個人的にはCタイプが一番怖い!!

ダダ271号。

ウルトラマンの第28話、「人間標本5・6」に登場した三面怪人である。


(この5・6というのは、秋川技官とムラマツキャップのことですね)


ダダは、地球人の標本を集めるために、密かに地球に侵入してきた宇宙生物。


ダダA,B,Cと、3つの顔を使いこなす恐ろしい宇宙人でした!!



本当は一人だけなんだが、3人いるように見せかけるために、3種類の顔を用意しているのだ。



「俺たちはいっぱいいるんだぞ!」

って、威嚇するために三面機能を持っている、ってことですね。



これだと「セコいヤツだな~」と思うかもしれない。




だが、幼少期に観たダダはトラウマものでした。 




まず、ダダの登場する場面・・。


山の上の孤立した「宇宙線研究所」で、計器類に異常が起こるシーン。

研究所員たちが怪現象に驚いているところです。



突如、謎の発光が起こり、研究員たちは時間停止されてしまう・・!!


そして・・。



心臓の鼓動音のような気持ち悪い効果音が流れ出す。

すると、何もない空間からダダが出現!!

ミクロ化器を使い、次々に研究員を捕獲していく・・!!!




いちばんの被害者は誰かって言ったら・・。

ダダに遭遇して一生懸命に逃げた、研究所員のお兄さんだろう。

テレポートで彼の行く先々に先回りし、違った顔で掴みかかろうとするダダ!!




こんなん、私だったら気絶するわ!!

つうか、子どもの頃。




「夜中にトイレの戸を開けたら、ダダがいたらどうしよう!!」

とか思ってたし。



(´;ω;`) マジで怖かった。




さらに気持ち悪いのは、ダダがこのお兄さんの身体に憑依した後だ。

ムラマツは、ダダが乗り移ったお兄さんをスーパーガンで撃つんだが。

正体を現し、ダダが苦しみながら消える・・。



(;´Д`) お兄さんはどこへ行ったの??



完全にダダと同化させられていたのか!!??

これだと、ダダがお兄さんの肉体を完全に侵食し、乗っ取ったとしか思えない!

非常にキモチワルイ!!




その後、ムラマツとIQが145の秋川技官は、一緒に逃げるんだが。


非常口から出ようとするムラマツたちに近づくシーンが一番怖いかも。

ご丁寧に、照明まで落としてあるし。




・・と。

ここまでは、ダダは不気味で恐ろしい怪物だったのだが・・。


この後から、雲行きが怪しくなってくる。

ウルトラマンが登場した後、ダダはかわいそうな労働者みたいなキャラになってしまった!!

ダダと遭遇した後、ムラマツのスーパーガンが燃料切れになったが・・。

それに対抗意識を燃やしたのか、ダダもミクロ化器を故障させてしまう。



その状態で、代用品を頼む前にムラマツたちのところに行って脅かしたりする。

これは何がしたいのか、さっぱりわからない!!



両手を突き出した無防備な格好で迫るのもワケワカメ。

前のシーンからは、スーパーガンでもけっこうダメージがあると思われるのだが。




ムラマツがエネルギー切れしてなかったら・・。

ダダは大ダメージを受けていたかもしれんぞ!?




その後、ムラマツが電波妨害を解除し、ハヤタに連絡を取る。

するとハヤタはベーターカプセルでウルトラマンに変身!

躊躇なく、しかも科特隊の作戦室で変身した。



ウルトラマンはダダのことを知ってたのだろうか?

ムラマツの「ダダに襲われている!応援頼む!」の後。

ハヤタは返事をした後、ちょっと考えるような表情も見せた。




「うげぇ。ダダ星人か・・」

「あいつら、地球にまで来たのかよ」


とか思ってたのかもしれないね。





そして、ダダは。


ウルトラマンが現れると、もう完全にダメ。


ダダが最初に飛び立つシーンこそ、曲も相まって恐ろしかったものの・・。



まるで相手にならずにボコボコにされたうえに、

スペシウム光線を顔面に食らい、グルグル回転しながらぶっ倒れた。


酔いつぶれたオッサンのようなカッコのまま、一時撤退。

もう、完全にギャグキャラになってしまっていた!





そこで、ダダ上司に泣きつく有名なセリフを吐く!



「ダメだ・・!ウルトラマンは強い・・!!!」



大怪我をしながら上司に助けを求めるが、ねぎらいの言葉を掛けられることもなく。



「標本を集めて、さっさと転送しろ!!」



的な無情なお言葉をいただいてしまう・・。




そして、上司の命令なのでダダはウルトラマンを放置し、再びムラマツたちを襲うのだが・・。


ムラマツのタックルで吹っ飛ばされて倒れる姿が、妙に哀愁を誘う。


さらに、捕まえなきゃいけないムラマツたちを追いつめて、屋上から落とすというマヌケぶりをさらす!!



もしかして、スペシウム光線を顔面に食らって、意識が朦朧としてたんじゃないのか??



あるいは、自分のやってることに葛藤してたり??



(こいつらを標本にしても・・。いたわりの言葉は無い)

(どうせ、上司の手柄になっちまうんだしな)


(俺は、こんな星で何をしてるんだ?)

(大火傷して、死の危険を冒して、やる価値のある仕事か??)


(このまま、落としてやろうか・・)

(あの糞上司の手柄になんか、させるもんかよ!!)



・・みたいな。



こういうヘンテコな脳内ストーリーを描かなければ。

ムラマツたちを追いかけるダダがやってることは、意味不明なのである。



その後、ウルトラマンを40m→2mくらいまで縮ませたり抵抗するが・・。

空に逃げたところ、二度目のスペシウム光線で爆死しました。



さすがにこの頃になると、怖いというよりもかわいそうになってくる。




このように、ダダは・・。

トラウマを与えつつ、笑わせ、同情させる。

ものすごいキャラクター性を持っていたのでした!!




そして。

人間標本にされた4人の研究者たちと、捕まった研究所の人は帰ってこれたのか??

5・6を採取する前に、事前に転送されてしまっているのか・・。



「SOSダダ」って書き残した人は、誰だったのか。

その人も、捕まって「標本として適当ではない」

って、処分されてしまったのか??



それらは、永遠の謎である・・。

メフィラス星人の回では、ケムール人ではなくダダ二代目が登場する予定だった。
これは観てみたかったかも!!

ダダが登場した28話からしばらくして。

33話の「禁じられた言葉」で、メフィラス星人が登場する!



メフィラス星人は、バルタン星人三代目、ザラブ星人二代目。

そして、ケムール人の二代目を配下にしているのだが・・。



本当は、ケムール人の代わりにダダが登場する予定だったようだ。


(ダダの着ぐるみがイベントで出払ってた、壊れてたetcで出れなかった??)



ケムール人二代目が、ゼットンと同じ効果音を出しながら出現するシーンは割と好きなんだが。



ダダが出るバージョンも見てみたかった。


メフィラス星人の部下だから、ダダのカラーはもう少し黒い成分が増えているだろう。



ひょっとしたら、ケムール人二代目の首から下のデザインだったかも??



そんなブラックカラーな、ダダ二代目。



あの気持ち悪い心臓の鼓動音みたいなのを響かせながら・・。

バルタン三代目に続いてビル街に現れ、「ダ~ダ~」と叫ぶ!!




あるいは、ムラマツのチョップで突き落とされたときの絶叫。

「グオォ~~ッ!!」でもカッコイイかも!!




この絵面は、けっこう観てみたいと思えるんだよね!!




まあ・・。

いきなり現れるから、間違いなくトラウマ2回目になっただろうけどね!!!



(;´Д`) ケムール人の方が怖い、って人もいるかも。

☆↓他のウルトラシリーズネタ!↓☆

「よそう・・ウルトラマン」メフィラス星人のかっこいい理由は!?(ウルトラマン)

メフィラス星人は大ボスっぽくてカッコ良かった!でも、ニセ紳士の部分有り(笑)

メフィラス星人。

初代ウルトラマンの第33話。

「禁じられた言葉」に登場した宇宙人である。




その実力は・・。


バルタン星人、ザラブ星人、ケムール人(本当はダダの予定だった)。

ウルトラQとウルトラマンに登場していた宇宙人たちを軒並み配下として持っていた!


そして、シナリオ終盤ではウルトラマンと互角に渡り合い、決着をつけることなく去っていった・・。


という感じでありました。






これだと、とんでもない実力者であるんだが。

やってることも、なんか大物っぽかった。



「ウルトラマン。私が欲しかったのは、地球の心だったのだ・・」



圧倒的な武力を持っているにも関わらず、やりたかったのは・・。



「地球人に、『地球をあげます』と言わせたかっただけ」



ということ。




実際にね、サトル君が「わかったよ。地球をあげるよ!」と言ってくれたとして。

そんな子どもの一存で、地球なんてあげれるわけないからwww


(;´Д`) 常識的に考えれば。





このメフィラス星人が地球に来た理由は、「高潔な人間の心を屈服させたい」という目的であって。


その対象として、サトル君を選んだ、ってことなんじゃないかな。




サトル君が禁じられた言葉を放ったとして、それで武力で侵略を始めるというわけでもなく。


「よっしゃ、地球人の心に勝ったで!」

「もういいや。満足、帰るwww」


ってなったんじゃないだろうか。




サトルに「キミが好きだ、永遠の命を与えるぞ!」って言ってたから、本当に連れ帰ったのかもしれないけど。




つまり、メフィラス星人は、植民地や労働力として、地球や地球人が欲しいわけではなかった。


「人間の心を弄びたいんで、ちょっと遊びに来ました!」


って感じである。




完全な道楽のために、地球まで来た。

これが、メフィラス星人が風格のある理由なんじゃないだろうかね!?




一般的な宇宙人。

物質的利益を求めてくる侵略者とは・・。

明らかに一線を画している! ということですね!





ウルトラマンも、メフィラス星人が撤退した後、飛び立つ前にしばらく考え事をしていた。

メフィラス星人が、「必ず地球を売り渡す人間がいる。また来るぞ!」と言っていたので。


「遠い未来、甘言に釣られて、闘いすらせず、地球は異星人のものにされてしまうかもしれない」

「だが、私は地球人を信じているよ」


みたいなことを思案していたのかもね。






このように、メフィラス星人はかっこよくもあったんだが・・。

「私は紳士だ。暴力は嫌いなんだ!!」と言いつつ。




サトル君を重力攻撃で苦しめたり。

巨大フジ隊員に街で破壊活動をさせたり。

何の罪もない航空自衛隊の皆さんを撃墜したり。


このように、あきらかな暴力行為をしまくっていた!!!




メフィラス星人は自分では紳士と言っていたが・・。

実際は、とんでもない偽紳士の面もありましたwww



まぁ、カッコいいから良いんだが・・。




次に、弟について語ろうか。


メフィラス星人二代目・・。

彼のどうしようもなさについてな・・。

メフィラス星人二代目!出来損ない扱いだが、初代との共通点も実はある!?

ウルトラマンタロウにおいて、メフィラス星人の二代目が出てきましたね。

タロウの27話「出た!メフィラス星人だ!」において、華麗に登場!!



彼は、初代マンに登場したメフィラス星人の弟の設定でした。





このメフィラス星人二代目の、伝説の迷ゼリフがこちら。


「卑怯もラッキョウもあるものかぁ~~!!!」




(;´Д`) ・・これはひどい。




タロウのギャグ路線とはいえ・・。

アニキとは比べるべくもない、どうしようもない男である。

体型もなんかデブだし。




しかしなあ。

彼ら兄弟には、実は共通点もあるんだよ。




それは・・。

「子供をターゲットにして、はた迷惑な行為に及んだ」

ということだ。





メフィラス星人の二代目は、自動販売機にマンダリン草を仕込んで、少年たちを弱らせようとする、ある意味恐ろしい策略家でした。


で、この自動販売機のデザインが、とにかくセンスが悪い!!


子どもの頃は、自動販売機に警官が喰われるシーンや、野球チームが追いかけられるシーンが怖かった。


しかし、今はデザインセンスが悪すぎて、ギャグにしか見えないwww





つうかさあ・・。

自販機の中にマンダリン草が格納されてて、巨大化したその中から二代目登場ってことは・・。



メフィラス星人二代目って、自動販売機の中に潜んでたの??


あのセンスの悪い自販機を中から操作してたってこと?w


そんで、野球部の子どもたちを追い回して喜んでたんすか??www




(;´・ω・) アタマがイカれてるんじゃないか?





でも、アニキである初代メフィラス星人との共通点は。

まさにそこなんだよ。




兄は・・。

少年を無重力攻撃して、自分の好きなセリフを言わせようとする変態。



その弟は・・。

自動販売機の中に潜み、少年少女にイタズラして喜ぶ基地外。




つまり!

二人とも、子どもを狙ってヘンテコなことをしていたのだ!!!




ハッキリ言おう。

メフィラス星人って、全体的にヤバいんじゃないか・・??






手元の怪獣図鑑によると、初代メフィラス星人のIQは・・。

なんと、1万もあるという!!




弟の知能は知らないが、もし高かったらなんだかイヤだな。




しかし、兄弟揃って、やってることは迷惑で意味不明・・。




もしかしたら、メフィラス星人という種族は。

全体的に「バカと天才は紙一重」って感じなのかもしれない。




初代みたいに大物(だけど迷惑)になるか。

それとも、二代目みたいに完全に変なキャラになるのか。



どう転ぶかはは、まったくわかりませんと。




(;´Д`) メフィラス。いい趣味してやがるぜ!!

☆↓他のウルトラシリーズネタ!↓☆