たぶん孤独死が私の死因になるけど。孤独死するのも才能が必要だと思う。【人生について考える】

孤独死に向いてる人と、向いてない人がいる気がするんだが。

のっけから、不吉なタイトルだが。


アラフォーを迎えた私には妻子はおらんので。



(;´・ω・ ) いずれ孤独死を迎えるにあたっての、心構えをしておく。



2021年現在、孤独死が問題になっているけど。


その良し悪しは、ここでは問題にはしない。




「独りで死んでいくのは、まあ、寂しい」


そう結論は出てるからね。





(;´Д`) 一般常識的には、ね・・。


(;´・ω・) 私もそう思う、一般常識的には。




だが、真に考えてみたい問題は


「このままじゃ、孤独死するぞ」って言われた時。


その個人が、本音でどう思うか? だと思う。




おそらく、次のABの2パターンが有る気がする。



A
「死ぬときに誰も周りにいないなんてイヤだ。独りはイヤだ!」



B
「自分の肉体がゴキブリのエサになったり、ハエに卵産みつけられるのはイヤだな」




少しでもAみたいに感じる人は、死に物狂いで家族を作ったほうがいい。



(;´・ω・) 何歳になってもいいから、結婚しなさい。


(;´Д`) 「気にかけてくれる仲間を作る」でもいいと思うけど。


すでにそういう人がいるなら、大事にしてあげるんだね。




Bとしか感じない人は、まあ私のことなんだが。




「孤独死の才能」というか、


「周りに誰もいなくてもOKな才能」みたいなのがある。




(;´Д`) 人との繋がりが無いことよりも、死後の自分の肉体がどうなるかだけに関心がある、ということだ!




私は、独りで死んでいくのは全然OKである。


病気で身体がまともに動かなくなる、というのは一度だけだが経験したし。



(^ω^) 今は、無駄に元気な独身アラフォーなんやで。


(´;ω;`) あと10年もすれば、あちこちガタが来るんだろうけどな。



老化して弱ったら、誰の助けも無く。


「ああ・・。あの病気の時みたいな状態で死ぬんだろうな」


って思うけど。




(;´・ω・) 自殺はしないだろうな、性格的に。




ただ、なあ・・・・


ゴキブリのエサにはなりたくねえな。


ハエのサナギの材料にもなりたくない。


もっと言えば、土に帰りたくねえ。


地球に還元されたくない。




(^ω^) トオイ トコロ ヘ イキタイ。




私が天寿を全うしたとしたら、


おそらく2050~2070年の間に死去するんだと思うが。


その頃には、以下みたいな「無感情な葬儀サービス」が生まれていてほしいね。




「体内に埋め込んだチップで、死亡を一瞬で判断する」


「生死を確認したら、その場で太陽に向かって死骸を射出する」




(^ω^) こうすれば、誰にも迷惑は掛からないし、死体が虫のエサになったり、地球に還元されることはない!!




wwwwwwwwwwwwwwwww


wwwwwwwwwwwwwwwww


まあ、当然ながら無理wwwww




とりあえず、そんなわけです。



「孤独死」って単語を聞いた時。



「独りはイヤだ!」って思った人は


死に物狂いで結婚する=家族を増やすか、たくさん友達を作りましょう。



逆に、「孤独死するぞ!」って言われて


「床に黒い染みつくって、ゴキブリにかじられるのはムカつく!」


としか思わない人は・・。




(^ω^) 独りの人生を楽しんで、終わる覚悟をしないといけないな。




・・

・・


(;´Д`) 私は、そうします。



(;´・ω・ ) まったく、寂しい人生だったぜ。

☆↓人生について考える話。↓☆