RPGゲーム史上最高のフィールド曲は、天地創造の『旅立ち』である。(天地創造)

レトロゲームの隠れた名作RPG!
「天地創造」は名曲の宝庫だったよね!!

最初の村・故郷のクリスタルホルムを出た瞬間。
ここで「旅立ち」が流れる。
空でグニャグニャしてるのは、地上の世界が空に反射しているという設定。
子どもの頃から色々なゲームをやってきた。


その中でも、スーパーファミコンの『天地創造』は、とても印象に残ってるゲームだった。

シナリオもいいし、BGMも素晴らしい曲ばかりだった!!



まあ、別にゲームを紹介しようとするわけではないんだけど。

ふと個人的に思ったんで、断言する。



RPG系のゲームのフィールド曲では・・。

このゲームの『旅立ち』を超える名曲は存在しない!!!

天地創造の『旅立ち』が最強のフィールド曲である3つの理由。

以下、理由3つ。



①普通に名曲。


最初の村、故郷のクリスタルホルムから出た時が『旅立ち』のお披露目。

序盤の地裏世界のフィールド曲として流れ始める。


物悲しい雰囲気の曲調、そして鐘の音色が、これからの主人公アークの運命を予感させる。

しばらくすると、アークはヒロインのエルと別れて地上に出て、地裏に戻れなくなるので、ラストまで聞けなくなる。


ここまでなら、単なる良曲というだけなんだが・・。






②最後の最後に、もう一度だけ流れるという演出。


長い冒険を続けた末に、ラストバトルの為に地裏の世界に戻ってくるアーク。

そこでまた同じ『旅立ち』が流れるわけだが、序盤の時とまったく意味合いが異なって聴こえる。



帰るべき序盤の世界に住んでいたヒロインはすでに・・。

そして、故郷は・・。

といったシチュエーションである。



曲名が「旅立ち」なのに、「最終決戦」の雰囲気をビンビン感じる。

なんというか・・。



序盤の『旅立ち』は聞いてると不安な感じがした。

でも、このラスト限定の『旅立ち』は・・。

切なくて、寂しくて、とてつもなくカッコイイのだ。






③二週目を開始した時に聴くと、主人公アークの運命に泣ける。


エンディングを見た後に『旅立ち』を聞くと泣けてくる。

地裏の世界の行く末と、アークとエルの運命を考えてしまうからだろう。

ラストバトルのBGMのサビの部分(?)にこの曲が使われているのも、その原因になっているかもしれない。






このように・・・。

一粒で二度おいしいどころか、一粒で三度おいしい、って曲は。

滅多にないと思う。



少なくとも、自分はこの『旅立ち』以外は思いつかない。


まあ、天地創造をやったことがある人になら、言いたいことは理解してもらえるんじゃないだろうか??




なんというかね。

自分の中では、この『旅立ち』を超えるフィールド曲は永遠に出ないだろうね。



・・以上!

レトロゲー好きのライトRPGゲーマーの戯言でした!

☆↓他の天地創造ネタetc!!↓☆