怪獣使いと少年。メイツ星人が虐殺された真の理由を考える。(帰ってきたウルトラマン)

メイツ星人はかわいそうな犠牲者だった。彼が殺された理由とは何なのか?

今日も帰ってきたウルトラマンのネタ。


ウルトラシリーズ最大の問題作とも言われるアレ。

「怪獣使いと少年」の話。



この話は、差別がテーマになってるらしいが・・。

まあ、それは置いておこう。



(;´・ω・) わしゃ、低学歴だしな。



しかし、なんでメイツ星人があんなムゴい殺され方をしなければならなかったのか・・。

それについて、地球人がどんな状況だったのか考えてみる。



帰ってきたウルトラマンの当時の設定は知らんけど。

今は、M78ワールドの時代の流れ的には。


ウルトラQ→ウルトラマン→セブン→帰ってきた→エース・・。

の順番になってるんだよね????




そうすると、宇宙人ってのは。

やっぱりどうしようもない恐怖の対象だと思う。




セブンの後、なりを潜めていた侵略宇宙人が久しぶりに登場。

そう、ゼラン星人である。

この「地球が再び狙われている」という事実は、普通に新聞テレビ他で報道されたことだろう。



「ついに、宇宙人の魔の手が再び地球に・・!!!」

「ウルトラ警備隊は解散してしまったが、どうする!?」

「そうだ! MATに何とかしてもらおう!!」



こーいう流れだったんだよな。


(;´・ω・) 怪獣攻撃隊が、エイリアン退治もやることに。





そんで、だ。

帰ってきたウルトラマンの時代の地球人的には。

侵略宇宙人の存在って、すごいトラウマになってると思うんだよね。




だって、セブンの最終回のアレ。

ゴース星人の地底ミサイルが世界各国に放たれた時、何人死んだかわからないじゃん。




(;´Д`) 数億人は死んでるんじゃないの??




こんな時代背景がある中で。

久しぶりに宇宙人が現れた、ということになったら・・。




「また、たくさん人が殺されるかもしれない!!!」

「宇宙人なんか、みんな殺しちまえ!!」



みたいな流れができても、誰も責められないと思う。




暴徒と化し、メイツ星人を殺してしまった地球人たち・・。

彼らもまた、犠牲者だったんじゃないだろうか??




友好的な宇宙人を殺ってしまった、という事実は変わらないがね。

メイツ星人から教わったことは・・「悪意の根本にあることを考えろ」

メイツ星人が死んだのは不幸な出来事であった。

しかし、そこまで追い詰められてた地球人も、なんか可哀想なんじゃないだろうか。



凶行に走らせたのは「宇宙人だ、怖いよー!!」という感情でした。


だが、セブン時代~ゴース星人の虐殺~ゼラン星人の登場。

この流れじゃ、弱い一般ピープルがそうなっても仕方ないかも?

という話をした。




しかし。

侵略宇宙人も単純に悪か、って言ったら。

彼らだって、「死にたくないから殺してる」だけかもしれないわけで。

侵略宇宙人は、他の侵略宇宙人に対抗するために、領土を広げようとしてたとしたら?



(;´・ω・) 血を吐き流しながら続ける、悲しいマラソン状態かも。



悪には違いないが、悪どい行為にも、悲しい理由があるのかもしれない。




侵略がライフワークな宇宙人たち。


「自分たち以外の知的生物は絶滅」なバド星人とか。

「滅ぼすのが自分たちの宿命」みたいなザラブ星人。


こういうヤツらは救いようがないのかもしれないが・・。





差別や虐殺の原因は、嗜虐心やダメな優越感みたいなのもあるんだろうけど。


それ込みで「怖いから、殺されたくないからコイツをやっちまえ」


ってことだと思うんだよね。




弱い存在を虐げる行為の根本にあるのは・・。

いつだって「自分がやられるかもしれない恐怖」なんだと思う。



そういう恐怖の感情は、ただ「差別ヨクナイ」と言っても、無くならないわけで。

それが複数集まると、集団心理が暴走し、劇中の金山さん殺害みたいな悲劇になると。



(;´・ω・) 犠牲になるのは、いつだって弱い存在なんだよね。




まあ・・。

正直なところ、この「怪獣使いと少年」を観ても。


自分の中では「人間の善悪がどうのこうの」「差別イケナイ」みたいな感想はマジで何一つ出てこなかった。




初見時がガキだった、ってのもあるけど。

大人になってからも同じ。




(;´Д`) 人や世間を批判できるほど、立派なヤツじゃないからねえ。




うん。


「アイツは差別をしている!」

「このキャラクターはいけないことをしている!!」


って正義に浸るような人格には成長しなかったようだ。





だが・・。



「なぜ、こんなことになってしまってんの?」

「おおもとの原因は、どこにあんの??」

「この人たち全員は、どうしたら救われるの???」




みたいなことを考える思考回路は発生させてくれた気がする。




それを、メイツ星人こと金山さんに感謝したいと思う・・。

メイツ星人は怖い?ゼラン星人との関係は???

おしまいに、小ネタ。

「メイツ星人の顔が怖い」という人もいるらしいな。


彼の顔は、ゼラン星人にそっくりである。




まあ、メイツ星人の顔は、ゼラン星人のマスクの改造らしいからね。




そういう舞台裏の事情を抜きにして考えると・・。


もしかして、種族的には近いものがあるのか???




かつて、どこかで枝分かれして、別々の星で暮らしだしたとか?

もしかして、祖先が一緒???





素性を隠して地球で暮らしている、善良なメイツ星人。

素性を隠して地球を滅ぼそうとした、極悪なゼラン星人。




両者は、もともと同じ顔でした。




これは意図的なものではなく、撮影現場で間に合わせで流用させたらしいが・・。




その偶然も「悪魔と天使の間に・・」だったのかもしれませんね。




以上・・。


ウルトラシリーズで最強の問題作ともいわれる、「怪獣使いと少年」。

その思い出話でした・・。



許されざるいのち。ウルトラマンと花・太陽・雨の思い出。(帰ってきたウルトラマン)

挿入歌「花・太陽・雨」。リアルタイム世代じゃないので、なぜかエンディングテーマだと思ってた・・。

花・太陽・雨。

1971年に発表された、PYGの曲である。



よく考えてみると、50年前の曲なんだな。

(;´Д`) 生まれてねえしー。



この名曲を知ったのは、当然のことながら「帰ってきたウルトラマン」で聞いたからですね。

第34話「許されざるいのち」における挿入歌でした。



34話のシナリオは、詳しい人には説明不要なほどに有名なので、超簡単に説明すると・・。



主人公の郷が久しぶりに会った幼馴染、水野。

彼は自分の野望のために、動物と植物を掛け合わせた命を造った。


「私はアインシュタインやニュートンに比する天才になった!!」


だが、その生き物は巨大化して怪獣レオゴンとなり、人々を襲う存在になってしまった。

郷に諭された水野は、自分が作ってしまったレオゴンの退治に協力することになる。

だが、いざレオゴンと対峙すると・・。



「僕には、お前を殺すことはできない」



そうして、怪獣の名を呼びながら近づいていく最中・・。

「花・太陽・雨」が流れ出すという演出。



自分のこども同然の怪獣を倒せない水野。

それを追いかけながら、遠い日に遊んだ日々を思い出す主人公、郷さん。



水野は結局、レオゴンに食われてしまい、死亡。

ダーク調で渋いアレンジのされたワンダバをバックに、ウルトラマンがレオゴンを倒して一件落着・・。



そして、花・太陽・雨がもう一度、ラストシーンでも流れる中。


次郎君の「水野さんは、こうなるのがわかっていた」

郷の返し「頭の良い奴だったから・・」


って感じで終わりました・・。





で、長年の疑問。


一つ、わからなかったシーンがあるんだけど。


レオゴンが怪獣化した後、郷が次郎君と一緒に水野のところに行くんだが。

その時、水野は何とも言えない表情で、正体不明の子どもの写真を撫でてるんだよな。



この子、誰なんだろうね??



水野自身の幼少期の写真なのか?


それとも、子どもの頃に死んだアニキか弟がいたとか??


もしかしたら、水野は「僕は独身主義なんだ、結婚していない」とは言ってたが、子どもは居て、やはり死んでしまった???




(郷が23歳だから、水野に小さい子どもがいたとしたら、中卒くらいで作ってた??)


そして、爬虫類+食虫植物の遺伝子+その死んだ子どもの遺伝子を使ってレオゴンを造ったんじゃ?

だから、余計に殺せなかった。



・・とか思ってたんだが、どうでしょうね??



(;´Д`) 語られてない事実がありそうな、第34話。






・・そんで。


子どもの頃は

「花・太陽・雨」

=

「帰ってきたウルトラマンのエンディングテーマ」


だと思ってた。




「なんか、カッコイイ神曲が流れてるじゃん!」


「さては、この曲が帰ってきたウルトラマンのエンディングテーマだったんだな?」


「でも、再放送だとエンディングがないみたい。カットされてるのかな??」




って、謎のカンチガイをしていた!!!!


・・実際、当時の特撮に、エンディングってあったのかな?



(;´・ω・) ぜんぜん、わからんわ!

花・太陽・雨の歌詞。なかなか内容にマッチしてる気がする・・。

「花・太陽・雨」は、「許されざるいのち」限定でしか流れていないけど。

全話を通してみても、なかなか帰ってきたウルトラマンの内容に合っている気がする!!



「あの白い光~」ってところは、プリズ魔を思い出す。


「あしたを~迎えに~」の後のカッコイイ間奏は・・。

なんか、聴く度にナックル星人とブラックキングにジャック兄さんがフルボッコにされてるシーンを連想する!!




そして、曲の最後の


「あなたの花、あなたの太陽、あなたの雨、あなたの愛・・」

「花・太陽・雨・・」の連呼を聴いてると。



最終回でウルトラ5つの誓いを叫びながら走ってる次郎君。

そして、もう二度と戻ってこない郷さん=ウルトラマンが飛んでいくところが浮かんでくるんだなあ。



花はルミ子さん。

太陽は郷さんで。

雨は次郎君の涙。



(;´Д`) 愛は・・なんだろう??

「許されざるいのち」よりも「花・太陽・雨」なシーンを発見した!!!

どこからどうみても、花・太陽・雨なシーンを発見しました。



第30話「呪いの骨神オクスター」の回。

やや怖いホラー調の部分もあった、オクスターの話の中です。



呪いの骨神オクスターは仲間の骨を守り続けて、最後はウルトラマンにやられたわけだが。



ラストシーンでは、MATチームや坂田さん、次郎君がオクスターに同情するシーンで終わる。

そこでは、雨がザーザー降ってたし、郷さんがオクスターに花を手向けてくれるんだよね。



ここが、帰ってきたウルトラマンの中で最高に「花・太陽・雨」だと思う。



花を捧げる。

太陽=ウルトラマン=郷秀樹。

雨。


・・って感じで。


(;´Д`) ・・合ってるのは、曲名だけだな。




(;´・ω・) 気になった人は、オクスター回を観てみてくれたまへ。




いじょ。

昭和特撮の名エピソードと、挿入歌のお話でした!!