許されざるいのち。ウルトラマンと花・太陽・雨の思い出。(帰ってきたウルトラマン)

挿入歌「花・太陽・雨」。
リアルタイム世代じゃないので、なぜかエンディングテーマだと思ってた・・。

花・太陽・雨。

1971年に発表された、PYGの曲である。



よく考えてみると、50年前の曲なんだな。

(;´Д`) 生まれてねえしー。



この名曲を知ったのは、当然のことながら「帰ってきたウルトラマン」で聞いたからですね。

第34話「許されざるいのち」における挿入歌でした。



34話のシナリオは、詳しい人には説明不要なほどに有名なので、超簡単に説明すると・・。



主人公の郷が久しぶりに会った幼馴染、水野。

彼は自分の野望のために、動物と植物を掛け合わせた命を造った。


「私はアインシュタインやニュートンに比する天才になった!!」


だが、その生き物は巨大化して怪獣レオゴンとなり、人々を襲う存在になってしまった。

郷に諭された水野は、自分が作ってしまったレオゴンの退治に協力することになる。

だが、いざレオゴンと対峙すると・・。



「僕には、お前を殺すことはできない」



そうして、怪獣の名を呼びながら近づいていく最中・・。

「花・太陽・雨」が流れ出すという演出。



自分のこども同然の怪獣を倒せない水野。

それを追いかけながら、遠い日に遊んだ日々を思い出す主人公、郷さん。



水野は結局、レオゴンに食われてしまい、死亡。

ダーク調で渋いアレンジのされたワンダバをバックに、ウルトラマンがレオゴンを倒して一件落着・・。



そして、花・太陽・雨がもう一度、ラストシーンでも流れる中。


次郎君の「水野さんは、こうなるのがわかっていた」

郷の返し「頭の良い奴だったから・・」


って感じで終わりました・・。





で、長年の疑問。


一つ、わからなかったシーンがあるんだけど。


レオゴンが怪獣化した後、郷が次郎君と一緒に水野のところに行くんだが。

その時、水野は何とも言えない表情で、正体不明の子どもの写真を撫でてるんだよな。



この子、誰なんだろうね??



水野自身の幼少期の写真なのか?


それとも、子どもの頃に死んだアニキか弟がいたとか??


もしかしたら、水野は「僕は独身主義なんだ、結婚していない」とは言ってたが、子どもは居て、やはり死んでしまった???




(郷が23歳だから、水野に小さい子どもがいたとしたら、中卒くらいで作ってた??)


そして、爬虫類+食虫植物の遺伝子+その死んだ子どもの遺伝子を使ってレオゴンを造ったんじゃ?

だから、余計に殺せなかった。



・・とか思ってたんだが、どうでしょうね??



(;´Д`) 語られてない事実がありそうな、第34話。






・・そんで。


子どもの頃は

「花・太陽・雨」

=

「帰ってきたウルトラマンのエンディングテーマ」


だと思ってた。




「なんか、カッコイイ神曲が流れてるじゃん!」


「さては、この曲が帰ってきたウルトラマンのエンディングテーマだったんだな?」


「でも、再放送だとエンディングがないみたい。カットされてるのかな??」




って、謎のカンチガイをしていた!!!!


・・実際、当時の特撮に、エンディングってあったのかな?



(;´・ω・) ぜんぜん、わからんわ!

花・太陽・雨の歌詞。
なかなか作品の内容にマッチしてる気がする・・。

「花・太陽・雨」は、「許されざるいのち」限定でしか流れていないけど。

全話を通してみても、なかなか帰ってきたウルトラマンの内容に合っている気がする!!



「あの白い光~」ってところは、プリズ魔を思い出す。


「あしたを~迎えに~」の後のカッコイイ間奏は・・。

なんか、聴く度にナックル星人とブラックキングにジャック兄さんがフルボッコにされてるシーンを連想する!!




そして、曲の最後の


「あなたの花、あなたの太陽、あなたの雨、あなたの愛・・」

「花・太陽・雨・・」の連呼を聴いてると。



最終回でウルトラ5つの誓いを叫びながら走ってる次郎君。

そして、もう二度と戻ってこない郷さん=ウルトラマンが飛んでいくところが浮かんでくるんだなあ。



花はルミ子さん。

太陽は郷さんで。

雨は次郎君の涙。



(;´Д`) 愛は・・なんだろう??

「許されざるいのち」よりも「花・太陽・雨」なシーンを発見した!!!

どこからどうみても、花・太陽・雨なシーンを発見しました。



第30話「呪いの骨神オクスター」の回。

やや怖いホラー調の部分もあった、オクスターの話の中です。



呪いの骨神オクスターは仲間の骨を守り続けて、最後はウルトラマンにやられたわけだが。



ラストシーンでは、MATチームや坂田さん、次郎君がオクスターに同情するシーンで終わる。

そこでは、雨がザーザー降ってたし、郷さんがオクスターに花を手向けてくれるんだよね。



ここが、帰ってきたウルトラマンの中で最高に「花・太陽・雨」だと思う。



花を捧げる。

太陽=ウルトラマン=郷秀樹。

雨。


・・って感じで。


(;´Д`) ・・合ってるのは、曲名だけだな。




(;´・ω・) 気になった人は、オクスター回を観てみてくれたまへ。




いじょ。

昭和特撮の名エピソードと、挿入歌のお話でした!!

☆↓他のウルトラシリーズネタ!↓☆