初代ウルトラマンって、どんなキャラだったっけ・・???(ウルトラマン)

怪獣退治の専門家!初代マンって、どんな性格だったのだろうか??

我らの永遠のヒーロー、初代ウルトラマンの話!

彼は、どんな性格の人物だったのだろうか?



セブン、帰ってきたウルトラマン・・。

後発のヒーローたちは、悩み苦しむ姿が描写されてきた。



だが、初代ウルトラマンには、そういう話はあまり見られなかった・・。



(;´Д`) 一作目ということもあるだろうけど。




よーく全39話を見直すと・・。

どうも、一話のベムラー出現から、最終回のゼットンまでに。

かなり性格が変わってるような気がするんだよね!




私はリアルタイム視聴者の世代ではないが・・。



昭和の二期の設定で、ロートルの最弱戦士扱いされていた話。

あるいは、平成に入ってからの「宇宙警備隊のヒラ隊員だったくせに、実は偉大な男でした」みたいな描かれ方。



それらの話は、どうも好かない。




「現役の後輩ヒーローを立てるための、意味不明なカマセ犬化」

これはヒドすぎる。



「元祖ヒーローというだけで、無駄に祭り上げられる」

これもバカみたいである。





だから、これらはノーカンです!

あくまで第一期ウルトラ、1966~1967年の彼だけで考えよう!!



(;´・ω・) 別に、第一期原理主義者ではありませんよ。



なお、メフィラス星人の時に「人間なのか、宇宙人なのか」と言われて。

「両方だ」と答えてるので。



基本的には・・。

ハヤタ=ウルトラマンということで、彼の性格を考えていく!!

物語序盤の初代ウルトラマン。意外と冷たい?地球人と関わり合いになりたくなかったんだろうか?

ハヤタ隊員の乗るジェットビートルとぶつかってしまい、ハヤタは死亡!

責任を感じたウルトラマンは、ハヤタと一心同体になった!!



「ヘッヘッヘッ。シンパイスルコトハナイ・・」



心配どころか、心肺停止しそうな不気味な言葉と共に、ハヤタは蘇生!

二人で一人となったハヤタとウルトラマンは、ベムラーを退治することになる!



しかし・・。

気遣ってくれるフジ隊員とホシノ君に対して。


「そんなことはどうでもいい」



・・コレひどくね??


何も説明する気がないの?

事務的な会話に終始しているのである。




あんまり、地球人と関わり合いになりたくなかったんだろうか・・。

コミュ障だった、ってことはないと思うが。

この段階のウルトラマンって、まだなんか冷たいイメージがある。




初代マンは無敵のヒーロー、正義の味方ではある!

だが、ハヤタの命を気遣いはしたが、一人が暴れただけでバルタン星人20億3千万人を問答無用で皆殺しにしたり・・。



「とりあえず、ハヤタの為に活動する」

「彼の代わりに、やることはやるよ?」

「地球が平和なら、それでおkじゃねーの?」



って、最初の頃は思ってたんじゃないでしょうか・・。

中盤~終盤の初代ウルトラマン。なんか、打ち解けてきた気がする?悲しい思いをしている話もあった!!

訳あり怪獣であるガヴァドンやヒドラは見逃しても、ジャミラは殺す初代マン。

科学特捜隊がジャミラを抹殺しようとした理由は・・。



建前
「あいつは人類の敵になってしまったんだよ・・」

本音
「アレが生きてると、色々とマズいんじゃボケが!」



ということでした。

ウルトラマンもそれに倣ったわけですが・・。



イデの苦悩をみて、「何かがおかしい」と思い始めたのかもしれない。

それが、後述の怪獣墓場編での苦しみに繋がるのだ。




とりあえず。

ツイフォンが来て、レッドキング二代目やギガス、ドラコが暴れてる話で。



初代マンはハヤタの姿で言う。

「美しい。地球は、本当に美しい星なんだ」




(;´Д`) そろそろ、地球への愛着も出てきてるようですね!




後半に差し掛かり・・。


ザンボラーの回では、クジにイタズラするお茶目さを見せた。

メフィラス星人の回でも、フジくんとサトルくんに付き合って航空ショーを見て遊んでいた!



普通に、面白い兄さんになってますね。

第1話の冷たさがウソのようです。



そして、ジャミラ辺りのせいなのか、罪悪感も感じていたようだ。


物語終盤の「怪獣墓場」のエピソードにおいて。

科学特捜隊基地内で、退治した怪獣に同情するネタが始まる。


居てもたってもいられず、ハヤタは外に出てしまう。

そして、誰もいないところで複雑な心境を吐露します。



「怪獣たちよ・・。許してくれ」

「平和のために、お前たちと闘った」

「俺を許してくれ・・」



そのまま変身し、空を見つめるというシュールな展開に。

怪獣もいないのに、ウルトラマンが登場して突っ立ってるだけ。



(;´・ω・) 目撃者は超おどろきそう。



ちょっとおセンチな面も見せてきた、初代マンでした。




終盤の初代ウルトラマンは・・。

第一話で「そんなことはどうでもいい」と吐き捨てたり。

バルタン星人を問答無用で皆殺しにしたり。



そういうキャラクターじゃなくなってた気がしますね!



なんか、人間的な温かみを獲得していったような気がする!!

初代マンにそういう影響を与えたのは、間違いなく科学特捜隊の仲間たちや、地球人たちだろう。



そして、ゾフィーから・・。

「そんなに地球のことが好きになったのか」と評されることになる。

で、それの象徴みたいなエピソードが、最終回直前で続くんだ。

最終回直前の初代マン。・・熱い、熱すぎる!彼は情熱的な男だったんだ!!

怪獣墓場の回で人間味を見せていたウルトラマン。

その後の最終回直前の話では、怒涛の展開が続いていった!!

強敵であるザラガス、ジェロニモン、キーラ、そしてゼットンが立て続けに出現!!




ザラガスの回・・「撃つな!アラシ」の主役は、完全にアラシ隊員でした。



街で暴れていたザラガスは、迷惑にも街のど真ん中で眠りについていた。

その隙に、建物に閉じ込められた子供たちを助けようとするハヤタとアラシ!


子どもたちを誘導するハヤタは、目を覚ましたザラガスの怪光で目をやられて転倒!!!

驚愕するアラシ!!!




このままでは、動けなくなったハヤタと子供たちは踏みつぶされる・・。

でも、アラシはザラガスを撃つなと命令されていた。



「ザラガスは、攻撃を受ける度に強くなる特性を持つ」のだから。



しかし、結局はアラシはザラガスを撃ち、ハヤタたちを救出!

だが、命令違反をしたとして、謹慎処分となってしまう!!



見舞いに来たアラシに向かって「世話をかけたな・・」と語るハヤタ。

そしてアラシは、眼をやられたハヤタと子どもたちのため、ザラガスに再び挑む!!




初代マン=ハヤタにとっての状況。


「アラシは、命令に背いてまで自分や子どもたちを助けた!」

「さらに、命を賭けてザラガスを倒し、落とし前を付ける気だ!」





当然、アラシを放ってはおけない!!


ハヤタ=初代マンは失明状態のまま階段を駆け上がる!

眼を覆っていた包帯を投げ捨て、ベータカプセルで変身!!

だが、ウルトラマンさえ失明させるザラガスフラッシュで大ピンチ!

最後はアラシとのコンビプレーにより、ザラガスを倒す!!!



これは熱いね~!!

実に暑苦しい!!!




それまで、初代マンはクールなキャラだという印象があった。

だが、人情家で、さらに激情家だということが判明した瞬間でした!




しかし・・。

ザラガス戦後、イデがおかしくなってしまう・・。


「今回は、ウルトラマンだけじゃ勝てなかったかもしれませんね!」

「あの時アラシ隊員がコイツ(QXガン)をぶち込まなければ・・」

「どうなっていたか」



このセリフを、ムラマツキャップは華麗にスルーしたのだ!!



(;´・ω・) 部下のメンタルを気にしてあげて!!





ムラマツのせいで、次のジェロニモン回でイデは鬱になっていた。



「ウルトラマンがいれば、我々なんて要らないんだ・・」



後のシリーズで何度も問われる、防衛チームにとっての問題。

それが最初に提起された瞬間でした。




この回では、ハヤタは死んだピグモンの名前を絶叫。

一時は不甲斐なかったイデへの強烈なビンタ。



またも熱いハヤタが見られるのでした。

そして、やっぱり、イデと一緒にジェロニモンを撃破するウルトラマン。



こうして、最終回の目前では、やたらと熱い展開が続いていた!!

セブンの最終回後編や、新マンのグドン+ツインテール回・・。

これらと似たり寄ったりな濃さである。



仲間との同時攻撃での怪獣撃破を続ける初代マン。

次のキーラ戦の段階では、もう初代マンは心を決めていたのではないだろうか。



「きっかけは、ベムラー・・。この星に来たのは偶然だった」

「ハヤタの代わりができればいいと思っていた・・」

「だが、今は違うぞ!」

「私はこの地球・・そして仲間たちの為に。命をかけて闘うのだ!!」



って!!

そして、熱い男に変貌したウルトラマンと、科特隊の戦力増強に呼応するかのように。

最強の怪獣、ゼットンが出現する!!



すべての必殺技が効かず、大地に倒れるウルトラマン。

しかし、戦友アラシが無重力弾を発射してゼットンを撃破!



ウルトラマンはゾフィーに言う。

「私の命をハヤタにあげて、地球を去りたい」

「お前は死んでもいいのか!?」と問いかけるゾフィーに対して。

当たり前のように、Yesの返答。



ゾフィーは、ウルトラマンが地球大好きマンになっていたことを察した。

そして、そもそも分離させて連れ帰るために、「命を2つ持ってきた」のだろう。



こうして、ウルトラマンはハヤタと分離。

地球から去っていったのでした・・。



・・。

こうやって最初から振り返ってみると。


最初と最後で、初代マンの性格ってだいぶ変わってるんじゃないかな???

☆結論☆初代ウルトラマンは、ストーリーが進むにつれ、熱い男になっていったのではないだろうか・・??

〇最初の頃の初代マン。


気遣ってくれる仲間に対して「そんなことはどうでもいい」

バルタン星人20億人を問答無用で皆殺し。


なんか、事務的で無機質な感じ、悪く言えば冷たい。

「ハヤタの代わりに地球を守ればいいんだろ?」

って雰囲気が無きにしも非ず!




〇中盤~後半の初代マン。


怪獣に同情したり、仲間と打ち解けてきたり?

なんか、ちょっと違う感じになっている。

「地球って、本当に美しいな!」

って、地球への愛情も見せるようになった!!




〇最終回に近づいた頃の初代マン。


自分や子供たちのために闘うアラシと一緒に、ザラガスを撃破!


鬱になったイデを、「持ちつ持たれつだろ!」と励ます!

ピグモンの死に絶叫し、イデ隊員にウルトラビンタ!

そして、やっぱり彼と一緒にジェロニモンを粉砕!!!





熱い展開を連発する、ウルトラホットマンになっていた!!






だから、なんか・・。

初代マンの性格って、こんなイメージになっとる。




☆序盤の初代ウルトラマン


「ハヤタの代わりに闘えばエエんやろ?」

「地球の平和が守れれば、それでオッケーなんだべ?」




☆中盤の初代ウルトラマン


「地球は美しいし、いい星だな!!」

「おいおい、地球人って、すごく共感できるじゃないか!?」




☆終盤の初代ウルトラマン


「気が付いたよ・・。私は地球が好きなんだ・・」

「みんなが危ない!私の命に代えても、必ず守ってみせるぞ!!」




・・と、そんなわけで。



初代ウルトラマンが地球を好きになっていった過程とは・・。

彼自身が地球人っぽくなっていった、ということでもあったんだと思うんだけど。



(;´Д`) 違うかな・・?