科学特捜隊のハヤタ隊員って、ほかの隊員からどう思われてたのだろうか。(ウルトラマン)

イデ達からのハヤタの評価。高かったり低かったりするので、ハヤタの評価を考察してみよう。

空想特撮シリーズ、ウルトラマン。


最初のウルトラマンの人間の姿、ハヤタ隊員である!!

本名はハヤタ・シン(早田進)、演じる俳優は黒部進さん。



彼には、プライベートな部分は描かれなかった。

私服で出てきたことも一回もない。



まあ、それは置いといて。



周囲の隊員たちから非常に尊敬はされているんだけど。

極まれに、バカにされてもいた。



ゆえに彼の評価が良くわからない点もあったので・・。


それについて、実際どうだったのか、ちょっと考える!

普段は頼れるサブリーダー!ウルトラマンに変身してる時、どこにもいないという点を隠そうと必死だったのか!?

最初のベムラーの時は、どうだっただろうか。


フジ隊員やホシノ君からは尊敬されており、心配されていた。

普段の仕事ぶりが立派だったということである!!



だが・・。

ウルトラマンと一心同体になった後は?

当然だけど、ウルトラマンが必死に闘っているとき、ハヤタの姿は見当たらない。


「あいつ、どこ行ったんやろ?」


当然の感想である。




怪獣との戦闘が終わった後、ハヤタが気絶していることがあった。

これはたぶん。



怪獣との闘いの最中、いなくなっていることに対しての言い訳だったんだろう。

「気絶してました、テヘッ☆」

・・みたいな。





ブルトンの時、基地の正門前で大の字になって気絶!

ホシノ君に「だらしないなあ・・」と言われてしまった!!



その後、全39話の折り返し地点あたり。


22話のテレスドン回において、イデからひどいことを言われる!!



「お前は、あんまり役に立たん」と。



(;´Д`) ひどすぎる。





これを聞いて、さすがに初代マンは考えを改めたのだろう。

戦闘後に気絶することは止めた!



「もうアリバイ工作とかいいわ。普通にやろう・・」


そう思ったのだろうか。



ここからは、普通に頼れるサブリーダーとしてのキャラを確立。


ダダの時にも、「私が臨時に指揮を執る」と言って、アラシやフジが敬語を使っていた!




これは、ムラマツキャップが

「私が不在の時は、ハヤタがリーダーでやってくれ」

と言い残していたのだろう。




ともかく、これ以降、ハヤタの頼られっぷりがブレることはないのだ!


('ω') めでたし、めでたし!

☆結論☆ハヤタ隊員は、ウルトラマンであるせいで試行錯誤を強要されていた・・。

①
ベムラーの出現前。

ハヤタはエリート隊員として立派に仕事をしていた!


②
初代マンと一心同体になったが・・。

変身時にいなくなる不具合に気が付いた!



③
ハヤタは戦闘で気絶する演出を行い、いなくなる言い訳を用意した!


④
そのせいで、中盤のわずかな期間だが。

ホシノ君やイデに馬鹿にされることがあった!!



⑤
これはマズいと思い、気絶演出は止めて、普通に闘うようになった。


⑥
ムラマツの口利きと、普段の立派さが功を奏し、何も言われなくなる。


⑦
頼れるサブリーダーとしての地位を確立した!!




北斗ほどではないが、ハヤタも苦労してたんだ。


 (;´Д`) 正体バレしないためにな。