バルタン星人二代目がやってきたR惑星。これって、宇宙のどこにあったの??(ウルトラマン)

科特隊宇宙へ!バルタン星人の新しい拠点。R惑星って、もしかして太陽系の中にあったのでは・・。

今日は、ウルトラゾーンの地理を考察しましょうかね。

バルタン星人の第二の故郷、R惑星についてですね。




初代ウルトラマンの2話「侵略者を撃て」にて。

バルタン星人は、核実験で故郷の星を失った流浪の民として登場しました。


そこで、彼らは移住先として地球を狙い、人類と闘いになる!!!


結果、スペシウム光線を食らい、バルタン星人20億人はほぼ全滅。



(;´Д`) 一人が暴れただけで、20億人が爆死した。



その後、わずかな生き残りが「R惑星」という星にたどり着いたんだが。





このR惑星は、一体どこにあったのか??

ということを考えると・・。



「実は太陽系の中だったんじゃないか?」って思えるわけですね。
 


ここから、それを少し考えてみましょう!!

「金星ロケットで行ける範囲」というのが重要!R惑星はテラフォーミング済み!!

まあ、結論から言うと。


R惑星は、火星と木星の間の小惑星帯にあると思います。

この小惑星帯・・「アステロイドベルト」の中にあるってことです。



太陽系の星の並び順としては、以下になる。


太陽-水星-金星-地球-火星-●-木星



この●の部分が、アステロイドベルト。

R惑星は、ここの中にあるんだと思います!





だって、16話の流れって、次のようなもんでしょ。



毛利博士の金星ロケットが飛び立つ。

↓

バルタン星人に捕まって、憑依される。

↓

その後、科特隊に救助され、短時間で墜落、決着・・。




これでは、太陽系外に出ている時間は無い!

ということは・・この近辺にある天体ということになる。

金星、地球、火星の近くに惑星に匹敵する大きさの天体があるとしたら・・。


それは、アステロイドベルトにしかない、ということですね!!



このアステロイドベルトには、様々な小惑星がひしめき合っている。

現実世界でここにあるのは、最大でもケレスという直径1000kmくらいの準惑星なんだけど。




初代ウルトラマンの時代は、直径数千キロの天体も惑星扱いされていた、としておこう。

かつては、2370kmの冥王星も惑星扱いされてたからね。



よって。


ウルトラワールドの火星~木星間のアステロイドベルトには・・。

1000~2000kmくらいの準惑星があり、バルタン星人が移住していた!

そこを仮に、R惑星と呼んでいた!!


・・ってのが、一番シックリ来る気がする!




(ババルウ編のウルトラの星みたいに星ごと移動可能で、太陽系まで侵入してきた、ってんなら・・もう知らないww)




ちなみに、このR惑星は、バルタン星人が地球とほぼ同じ環境にテラフォーミングしていたのだと思う。

彼らにとっても、住みやすくしていたのだろうね。




そうじゃないと・・。

アラシをはじめ、科学特捜隊のメンバーとかの地球人が外に出て歩くのは無理だからwww



(;´Д`) ヤボな突っ込みでしょうかね。

帰ってきたウルトラマンの頃には、バルタン星人は別の新天地を探していた・・??

結局、16話でバルタン星人二代目の計画は失敗した。

彼らは、またしてもウルトラマンと科特隊にボコボコにされた。



そして、R惑星の所在地もバレてしまった・・。

こうなってくると、再び他の星に移住するしかないわけだが。



実際に、バルタン星人はR惑星を捨てたようなフシがある。



続々編の「帰ってきたウルトラマン」では・・。

郷秀樹が「バルタン星の材質が~」ってビルガモの建材について語ってくれる。

それに、80に出てきたブタのバルタン星人は「80をバルタン星の動物園に入れてやる!」と言っていた。




この二期以降の「バルタン星」って、R惑星のことではないと思う。

R惑星の名を、そのままバルタン星に変えた・・。

という可能性も勿論あるけど。





R惑星の所在地は太陽系の中!!

それに、地球人やウルトラ戦士には、場所がバレてしまっている!!!

それならば、R惑星はさらりと捨てて、太陽系の外に新しい星を見つけた、というのが妥当ではないだろうか!?





ということで。


帰ってきたウルトラマンの頃には・・。

バルタン星人は、R惑星を捨てている。

太陽系外に新しい新天地を見つけ、そこをバルタン星とした!!

ウルトラマン80の時代には、動物園ができるほどに発展している!



・・って、推測できるわけですね!




(;´・ω・) ・・また、核実験でふっとんだりして。

☆↓他のウルトラシリーズネタ!↓☆