まぞっほ!ポップの名シーンを演出した地味にかっこいいキャラについて語る!!(ダイの大冒険)

小悪党には、小悪党なりの生き方と悩みがある・・みたいなことを感じさせてくれた初めてのキャラ、まぞっほ。

この時のまぞっほの目は、彼に諭されてクロコダインに挑んだポップと同じだったのかもしれない・・!!

引用:三条陸、稲田浩司『ダイの大冒険 36巻 143ページ』
今日も、ダイの大冒険ネタです!!



そう・・。

クロコダインと闘ったロモス編にて、


ポップを叱咤激励し、ダイ達の隠れた恩人となったあの男。




魔法使い「まぞっほ」について語る!!




演じる声優さんは、


1991年版が青野武さん。2020年版が岩崎ひろしさん。



(;´Д`) 昨日はずるぼんについて語ったので、今日はまぞっほです。

まぞっほのカッコイイ名言!!
救われたのはポップやクロコダインと・・。
そして、まぞっほ自身かも?

でろりん、ずるぼん、へろへろ同様。


まぞっほも最初は悪役だった。



読み切りの第一話で、デルムリン島で悪さをし、ゴメちゃんをさらったニセ勇者たち。


その後、ロモス王国でダイたちデルムリン軍団にやっつけられ、クロコダイン編で再登場しましたね。



後に頼もしい仲間になるが、まだ敵だったクロコダイン。


彼に怯え、ロモス城までダイを助けに行けなくなったポップ!!



ポップ

「死にたくねぇよ!」

「オレが行ったって、クロコダイン相手じゃ何もできない!!」



そんな情けない姿を見せ、マァムに殴られた後のポップを見て、まぞっほは神妙な顔をします。


ここで、「ポップを勇気づけてやろうかな」と思ったのでしょう。



しばらくして、クロコダインの獣王痛恨撃の轟音が街中に響き、ポップが葛藤するところ・・。


まぞっほは、廃品回収という名の火事場泥棒をしながら、ポップのところへ来ます。



この盗品をわざとみせびらかす、というのは、ポップに対する優しさだったのかもしれませんね。


盗品を見せつけたうえで「ワシらの仲間に入らんか? 見どころがありそうな顔しとるぞ」と言えば・・。



(;´・ω・) 間違いなく、反発してくれるだろうからね。



まぞっほは「仲間を見捨てるような者に、アバンの使徒がつとまるのか?」と言いながら。


水晶玉を取り出し、ロモス城で起こっていることをポップに見せてくれます。


ダイはクロコダインとブラスによって大ダメージを受け、倒れている!


マァムは悪魔の目玉につかまって動けない・・!!



ポップ

「ダイ・・マァム・・!! なんとかしてえ・・!」

「なんとかしてやりたいけど、おれ一人の力じゃ・・」

「くそぉッ・・!!」



仲間が危機に陥っているのに、怖くて助けに行けず・・。

涙を流すポップ・・!!




(^ω^) ここで、名ゼリフが炸裂!!




まぞっほ

「勇者とは勇気ある者ッ!!」


「そして真の勇気とは打算なきものっ!!」


「相手の強さによって出したりひっこめたりするのは、本当の勇気じゃなぁいっ!!!」




でも、これはまぞっほのオリジナルセリフではありませんでした。


まぞっほと、兄弟子だったマトリフ。


2人の師匠がいつも言っていた言葉だったのです。




まぞっほは、上の名言を実践することができなかった。



若い頃は、正義の魔法使いに憧れて修業していた。


でも、ダメだった。



師匠の元からは、耐え切れずに夜逃げした。


自分より強いモンスターに出会うと、仲間を見捨てて逃げ出してしまった。


・・それも、何回も。




まぞっほ

「おまえさんを見とると、昔の自分を見とるようで放っておけん気になってしまってのぉ・・」


「ちと おせっかいをしたんじゃよ」


「さあ、早く行けっ。胸に勇気のかけらがひと粒でも残っているうちに・・!!」


「小悪党にゃあ、なりたくなかろう・・?」





この言葉を聞いた後、ポップは涙を流しながらダイとマァムを助けに行くことになる・・。


そして、クロコダインのおっさんとの死闘に打ち勝ち、ロモス編が終了したのでしたね。



まぞっほはポップのみならず、ダイ一行にとって隠れた恩人なのだが。

ここでは、ポップの勇気によってクロコダインも改心していたので。

まぞっほは、クロコダインにとっても人生(?)を変えたキャラだったのかもしれない。




しかし、ポップへの例の名セリフ。


これは、挫折をしてきたまぞっほが言ったこそ、心に響く言葉になったんだろうな。



まぞっほ+マトリフの師匠とか、アバン先生とかの立派な人に素晴らしいことを言われても・・。


場合によっては「はぁ、そうですよね」で終わってしまうことがありそうである。



「実現できなかった男」が言うことによって、


説得力が生まれることもあるというか・・。




でも、まぞっほにはまだ夢の実現のチャンスが残っていた。


終盤も終盤、大魔王バーンとの闘いの最中。


黒のコアの凍結シーンである。




まぞっほは極北の地でマトリフと再会するが、自信を失っていた。


「ワシなんかの呪文で・・」と。


だが、兄弟子のマトリフから激励される!!



「今度は、逃げ場はねェぞ。世界が消えちまうんだ」



今までは、仲間を見捨てて逃げたりしていた。


でも、もうそれは通用しない。



結局は、どこかで人生に真面目に向き合わなきゃいけなくなる、ということですな。



ポップに対して「こんな小悪党にはなりたくなかろう?」とは言ったものの・・。


まぞっほも、70歳近くになってもまだ小悪党から脱する機会があったのだ。



しかも・・。

まぞっほがポップを激励して奮闘させたおかげで、大魔王は追いつめられ、他ならぬまぞっほにもチャンスが回ってきた、と。



人助けはするものである。

ポップの奮戦は、ある意味、まぞっほに対する恩返しだったのかもしれない。



(;´Д`) こういう因果は、なかなか面白いと思った。



「おめえも男なら、一生に一度くれぇ本物の英雄になってみせろ!!」


そして、まぞっほ達は黒のコアを凍らせることに成功し、バーン様の地上消滅作戦は失敗した・・!!



(^ω^) めでたし、めでたし!!

まぞっほの過去について、彼のセリフから考察してみよう。
彼が仲間を見捨てて逃げたのは、魔王ハドラーの侵攻時代か?

あとは、なんだろうなー。


まぞっほは68歳で、パプニカ王国出身らしいんだよね。



すると、彼が「仲間を見捨てることなんてザラだった」時代とは・・。


やはり、ハドラーがパプニカ王国のあるホルキア大陸を侵攻していた時のことなんだろうか?




まぞっほが師匠のところから夜逃げして、20~30年が経った頃。


ヒュンケルが赤ん坊だった20年前の時代、まぞっほ48歳くらいの時。



まぞっほは故郷に戻り、魔王ハドラーの軍勢と闘っていたが・・。


強力なモンスターとは闘えず、仲間を見捨てて何度も逃げた。



・・

これがバルトスにボコられて逃げだした、とかだったなら噴くんだがwww



数年後、アバン先生がハドラーを倒した後、まぞっほはやさぐれて小悪党化した、と。


それから10年後、でろりんやずるぼん、へろへろと出会った、とか。




(;´Д`) そんな感じなのかな~。




ちなみにマトリフは98歳だから、まぞっほとは30歳も離れてるんだよね。


これで兄弟弟子とは・・。



マトリフって、かなり長い間、師匠のところにいたのかもしれないね。


マトリフが50歳時に、まぞっほが20歳で夜逃げとか?




まあ、ハドラーが出る前は長く平和な時代だった、っていうなら。


マトリフは師匠と一緒に長く過ごしていたのかもしれないな。

まぞっほはヒャドで黒のコアを凍らせてバーン様に一泡吹かせたが・・。
ロモス編で出番が終わったとしても伝説になっていたと思う。

まぞっほ達ニセ勇者一行は、最後にカッコイイシーンを演出したわけだが。


個人的には、かっこいいというよりも、痛快だったという思い出がある。


なにせ、あんなギャグテイストの小悪党たちが、あの大魔王バーンに一泡吹かせたのだから。




魔界最強の神・大魔王バーン様

「(´;ω;`) 爆発は・・。爆発はどうしたぁっ!!!」



ガキ読者ワイ

「顔芸と鼻水が得意技のニセ勇者たちに防がれましたよwww残念でしたなあww」




(^ω^) こんな感想だった。 




こうして、偽勇者一行は、世界を救った。


ダイ達には実力が及ばなくても、「真の勇者パーティー」になったことは間違いがないだろう。


ダイがポップやノヴァに言っていたように、「勇者は何人いてもいい」のだから。




でも、たまに考えることがあるんだよね。


もし、偽勇者たちの出番がロモス編で終わってたら、どうなってたか・・と。




なぜかっていうと。


ダイの大冒険は、人気があったため連載が伸ばし伸ばしになった、という経緯があるからだ。



(;´Д`) 最初は、バラン戦→バーン戦で終わりの予定だったらしいな。


(;´・ω・) その場合、ダイは真魔剛竜剣でバーンと闘ったのかも?




もし、物語の完結がコミックスが37巻も出るほど長くなく。


単行本15巻くらいで終わる感じだったら・・?



まぞっほ達が柱のコアを凍らせる展開にはならなかったことだろう。


そうなると、彼らの出番はワニのおっさんが暴れたロモス編で完全に終了していた、ということになる。




まぞっほ

「やはりお前は本物だったようじゃな、坊主」

「がんばれよ、これからも・・」




ここで出番が終了し、二度と登場しなかったとしても・・。


それはそれでカッコ良かった、と思う。



(;´Д`) 結論。まぞっほって、普通に名キャラだったよね。

☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆

ドラクエ漫画の金字塔!!
『ダイの大冒険』を読み直そう!!

ずるぼんはカワイイけど、最初は極悪人だったよねマジで。(ダイの大冒険)

偽勇者パーティーの紅一点!!
ずるぼんについて語る!!!

今日は、ダイの大冒険ネタです!


再アニメ化もしてるし、偽勇者一行の彼女、ずるぼんについて語ろうか!!



(;´・ω・) ロモス出身の、女僧侶22歳です。


(;´xωx) バギは強そうだが、ホイミはヘタクソらしい。



ずるぼんは、ダイの大冒険の1話から登場していた!


ロモス王からもらった船で、でろりん、へろへろ、まぞっほと一緒にデルムリン島に出現!!




「モンスターを保護している」などとウソをついて悪さをしたり、


ゴメちゃんをさらったり、スライムを誘惑して色仕掛けをしたり、


キングスライムに潰されそうになってハゲ散らかしたり・・。




・・最初は散々だったが。


連載の最後の最後に、黒の核を凍結させて、かっこいいシーンをゲットしていましたね!!



(;´・ω・) へろへろだけ、活躍してなかった・・?



ずるぼんの出番は、


最終回における、マトリフに金目のものを渡しているシーンで終了したが。



これは、どういう状況だったのだろうか?


偽勇者たちに蓄えがあるとは思えんし、没収されたとは考えにくい気がするけど。



そういえば、ロモスにクロコダインが来た時、火事場泥棒をしていたな・・。


その時に盗みを働いた分を、まだ持ってたのか??www



マトリフに没収されたのか、助けてもらった礼を要求されて出したのか・・。


(;´・ω・) 地味に謎なんだよなー。




マァムやエイミみたいに、


マトリフに胸や尻を触られてるシーンで出番終了してたら笑っただろうけど。

新アニメで「例のシーン」がないことに激怒した人は、全国で何人くらいいるんだろうか??

新アニメで、このシーンが無かった理由についても考察します!!

画像出典: 1991年版『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』  1話
話は変わるが・・。



2020年の再アニメ化で「あのシーン」が無いことに涙した人って、


全国に何人くらいいるのだろうか?




(;´・ω・) 5000人くらいか? 知らんけどwww




アニメ版での声優さんは、旧版が江森浩子さん、2020年新版が日笠陽子さんだったが。


(;´Д`) 日笠陽子版も見たかった、って人がいる気がする。



・・


(*´Д`) 私ですが、何か??




まあ、今のご時世の土曜の朝9時30分じゃ、


微エロシーンを入れるのは不可能だった、ってことなんだろうな。




でも、再アニメ化のスタッフさんたちって、


できる限り原作通りにやりたいと思ってると思うんだよね。




新アニメ1話の冒頭で、15年前の魔王ハドラーが倒されたシーン。


そこでは、アバン先生が無刀陣を使っていた。



これに、制作スタッフさん達の相当なこだわりを感じたんだよ。




「連載の後から明らかになったシーンは、追加して完璧なアニメを作ってやる!」


みたいな。




だからなあ、原作愛に溢れてそうな制作陣の方々を見るに・・。


ずるぼんタイツ脱がされスライム誘惑シーンも、本当は入れたかったんだと思うんだよねえ。



(;´Д`) オリジナル展開は、苦渋の決断だったんじゃないかなあ。




・・


そういうことを考えてたら、ひとつ思ったことがあるんだが。



連載当時の稲田先生と三条先生は、ナニを考えてあのシーンを入れたのだろうか??



編集様
「アンケートで連載が決まる。エロい話をいれて読者にアピールしましょう」


or


三条先生(原作)
「女僧侶を脱がす話を入れたい」


or


稲田先生(漫画)
「ほんのりエロいの描きたい」


or


堀井雄二氏(監修)
「女僧侶のエロいの描けないの?」





・・さあ、誰の発案だったのでしょう??


当時の打ち合わせの様子が封じられた「魂の貝殻」とか、どっかにないのか??www




(;´・ω・) 30年前に、何があったのか気になりますなあ。



(;´Д`) ・・え? もうそんなに経つのか!?

初登場時のずるぼんは極悪女僧侶だったと思う。
悪い子だった理由は何かあるのかな?

ずるぼんをはじめ、偽勇者パーティーははロモス編の後で改心したわけだが。


「心を入れ替えて、本物の勇者のパーティーを目指そうって誓った」


って言ってたし。


(;´・ω・) パプニカに鬼岩城が攻めてくるあたりでね。



まぞっほに

「ククッ・・。何日もつかの!?」

とツッコまれていたけど。



ダイやポップの影響で、偽勇者軍団は悪事からは遠のき、改心していたことは間違いない。


だが、1話の登場当時のニセ勇者たちは、マジで極悪人だったと思う。



でろりんは


「魔王が死んで大人しくなったモンスターたちをイビリ倒してれば、勇者と崇めてくれる!」

「こんなにオイシイ商売はないぜ・・!!」




ずるぼんもダイを平然と騙すし、


「ゴールデンメタルスライムがいなければ、島中みな殺しにして怪物退治の褒美をもらえばいい」


と言い放っていた。




(;´・ω・) 怖いっす。神に仕える身とは思えねえっす。



よく、このエピソードから

「人間が常に被害者とは限らない、魔物側だって犠牲者になりうる」


みたいな話はされると思うんだが。




ずるぼん、でろりん、へろへろ、まぞっほ。


この4人は、なんで加害者側になってしまったのだろうか??




まぞっほが堕ち(?)てしまったのは、ポップに対しての「ふんばれなかった」という過去語りがあったから何となくわかる。


へろへろはリンガイア出身なので、騎士になれずにヤサぐれて落ちぶれた、とかそんな感じなのだろうか?



(;´Д`)  へろへろがリンガイアで出世してたら、バランに殺されてたのかもしれない。



そして、人助けが仕事である僧侶の道を選んだずるぼんや、


イオラが使えるくらいには強いでろりんも、最初は真の勇者を目指して頑張っていたんじゃないのか??




(;´・ω・) 彼らは、どうして捻じ曲がってしまった??




でろりんは20歳、ずるぼんは22歳。


ヒュンケルが21歳なので、ほぼ同世代ですね。



彼らが子供の頃に起こったことと言えば・・。


やはり、魔王ハドラーによる地上侵攻だろう。




ヒュンケルが赤ん坊だった頃は、


パプニカのあるホルキア大陸はハドラーの侵略がかなり激しかったようだ。


ずるぼん達の住んでいたロモスも、パプニカほどではないにしても、混乱していたはずである。



(;´・ω・) アバン先生のいたカールにも、ハドラーは襲ってきてたからね。




あくまでも想像でしかないけど。


幼少期のずるぼん、でろりんも、何だかんだで


ハドラー配下のモンスターにひどい目に遭わされたことがあったんではないだろうか??




例えば、魔物に家族を殺されて天涯孤独になったから、


魔物の命なんて屁とも思わない、とか。



(;´・ω・) モンスターが死のうが知ったこっちゃない、と。




・・


「人間が常に被害者だと考えるのは単純、魔物だって被害者になりうる」


この考え方も、実は相当に単純だと思う。




ニセ勇者たちがデルムリン島を襲ったのは卑劣で許されん行為なんだが。


あんな行為に及んでしまうような心を持ってしまった理由は?


もしかしたら、何かあるのではないか、ってね・・。




(;´・ω・) 単純にろくな育ち方をしなかった、ってオチかもしれないけどさ。




ま、再アニメ化で久々に全巻読み直したら、


そんなことを考えた、ってことです。



(;´Д`) ずるぼん達は、最終回の後、どうなったんだろうね・・。

☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆

ドラクエ漫画の金字塔!!
『ダイの大冒険』を読み直そう!!