【陸戦騎】ラーハルトの過去も意外と泣ける!ダイ様の兄貴みたいなもんじゃないか!?【推参!】(ダイの大冒険)

ラーハルトって、もう一人のバランでもあり、ダイでもあったよな・・。

今日は、ダイの大冒険ネタです!!



ガルダンディー、ボラホーンと同じく、竜騎衆がひとり。


(;´・ω・) 陸戦騎・ラーハルトネタ2です。




バラン編では、泣ける展開がめじろ押しなのだが。


ポップのメガンテやバランの過去、クロコダインのおっさんの涙に隠れているエピソードがある!!




それが、ラーハルトが涙を見せながらの


「フフッ。甘いやつらだな・・」


「他人の悲しみを、我が事のように・・!」


コレである。




このバラン編では、ラーハルトは差別を受けて苦しんだ人、なのだが。


後々になって、バランやダイとの関係で色々と深いキャラになっていったよね。



(;´Д`) ラーハルトの泣けるところとか、語ります。

ラーハルトの過去は?
彼も、元は情愛深い人だったと思う・・。

ラーハルトの過去をおさらいすると・・。




彼は、人間と魔族の混血児であった。


ラーハルトが物心付くころ、魔族の父親は早くに死んでしまった。


そして、彼が7歳の頃、魔王ハドラーの恐怖が世界を襲う!!


人間たちは魔族の血を引くラーハルトを忌み嫌い、人間である彼の母親をも迫害した!!


そんな状況の中、一人でラーハルトを育ててくれた母親は病死。


それからのラーハルトはバランに育てられ、お互いの悲しみを理解し合い、人間を憎んでしまう・・。


・・そんな流れでしたね。




時は流れ、ダイ本編のバラン編。


成長し、年齢が22歳になったラーハルトは、ディーノ様を取り返そうとするバランに加勢して推参。


ヒュンケルやポップと戦い、死亡(生き返って復活するけど)するのだが・・。



自身の過去を聞いて涙を流したヒュンケルとポップを見て、自らも涙。


「フフッ。甘いやつらだな。他人の悲しみを、我が事のように・・!」


「お前たちなら、バラン様の悲しみをわかってあげられるのかもしれない」


「バラン様とディーノ様を・・。頼む・・!!」



(´;ω;`) こう言って、鎧の魔槍を託して力尽きた・・。




このラーハルトも、バラン同様。


人間を強く憎んではいたが、愛する心を知っていたと思う。





ヒュンケルが人間を憎むバランに


「なぜなら、お前の愛した女性(ソアラ)もまた、人間だったのだから・・!!」


と言っていましたが。



ラーハルトにとっても、同じ事が言えるしね・・。



つまり


「必死でお前を守り、育ててくれたお母さんも、また人間だったのだから・・!!」


ということである。




(´;ω;`) 2人とも、本当は人間が好きだったはずなのに。


ラーハルトは、もう一人のバランだった、とも言えるのだ!!!




竜の血でよみがえった後、ラーハルトはバランの遺言を読むのだが。



「自分はおそらく、大魔王かディーノに敗れてこの世にはいないだろう」


「だが、ディーノを私だと思って、助けてやってはくれまいか」


「お前が人間を強く憎んでいることは、無論知っている」


「だが、ディーノが人間を守りたいと言ったら従ってやってはくれぬか?」


「あの子には、人間そのものを変えていく力があると私は見込んでいるのだ」


「私の最後の願いだが・・。決断はお前自身にまかせる」


「私のもう一人の息子 ラーハルトへ・・」




ラーハルトは、遺言を読んで、涙を流していた。


これは、色々な理由があったと思う。




まず、バランがラーハルトを「息子」と言ったのはコレが初めてだと思う。


(;´・ω・) バランさんは、そういう感情表現をしなさそうだから。




魔族の父はラーハルトが幼い頃に死んでいるので、敬愛してはいても、あまり記憶は無いだろう。


すると、やはりラーハルトは自分を育ててくれたバランを「父」と慕っていたと思う。


でも、バランとラーハルトは主人と部下なので、父や息子と呼び合ったりはしなかった。




けれど・・。


最後の最後の遺言で、「お前は私の息子だよ」と言ってくれたこと。


そのことに、ラーハルトは涙を流したのではないだろうか??





そして、バランが手紙の中で人間に対して態度を軟化させていたことに対して


「ああ。あのヒュンケルやポップが、バラン様の悲しみをわかってくれたのか・・!」


「バラン様の心は、あいつらとディーノ様によって、救われたのだ・・!!」


みたいなことも考えていたような気もする。




この手紙の内容を、ダイに語っている時。


「あの人は・・。私にとっても父でした」


これに対するダイの


「ありがとう。ラーハルトも、父さんが好きだったんだね。本当に・・!」




(´;ω;`) これも泣ける。


(;´Д`) この2人は、兄弟みたいなもんだよね、たぶん・・。




ラーハルトはダイを「ディーノ様」「ダイ様」と呼んでいた。


この時は急いでいたので、ダイも「じゃあ、命令させてもらうよ!」とは言ってたけど。




最終回の後、ダイが地上に戻ってきてラーハルトと再会したら・・。


「いつまでも、様付けなんていらないよ!」


みたいな感じになるんじゃないだろうか?




(;´・ω・) 魔界編が実現して陸戦騎を継続しても、いずれタメ口になるのでは??



そうなってくると、主従関係以外の絆となったら・・。


やはり、共通点は「バランの息子」である。




幻となった続編・魔界編があったら、普段は「ダイ様、ダイ様」って言ってたとしても・・。


そのうち、敵キャラに対して


「バラン様の息子というか、オレの弟に手を出すんじゃない!」


みたいなキャラになったのかもしれないな・・。




ダイに対して、いい兄貴分みたいになるラーハルト・・。



(;´Д`) ・・ちょっと、見てみたいかも!?

ラーハルトの謎!!
鎧の魔槍はいつ手に入れたんだろうか??

あとは、アレだね。


ラーハルトといえば、鎧の魔槍なんだが。

コレは、どこで手に入れたんだろうか??



90年前にロン・ベルクが鎧の魔剣と光魔の杖etcをバーンに献上したんだが。


その時に鎧の魔槍も混じっていたのだろうか??



(;´・ω・) バランがバーンからもらって、それがラーハルト行になったの?



そうすると、疑問がひとつ。



ヒュンケルは鎧の魔剣を作ったのがロン・ベルクだと知らなかった。


だが、ラーハルトは鎧の魔槍の作者の名前を知っていた。


しかも、鎧の魔剣のことも詳しかった。



(;´Д`) なんで、ラーハルトにだけ情報が伝わってんの??




バーン様が、バランに対して機嫌よかったのかもしれないな。




5年くらい前?


バーン様(バランをスカウトできて上機嫌)
「よく魔王軍に来てくれたね! 鎧の魔剣と鎧の魔槍、あげちゃうよ!」


バラン
(剣はいらないが、けっこうイイ槍じゃね? ラーハルト喜ぶかな?)


バーン様
「これはね、ロン・ベルクの作なんだ!えーとね、使い方は・・」


バラン
「私の部下に槍使いがいるから、彼に渡す。剣はいらん」


バーン様
「真魔剛竜剣があるもんね! じゃあ、誰か他の人に渡すよ!」



・・



バラン
「大魔王から差し入れです。鎧の魔槍。ロン・ベルクという男の作らしい」


ラーハルト
「そうですか、こいつは良いもんですね」


バラン
「鎧の魔剣というのもあったけど、いらないから断った」


ラーハルト
「へー。ガルダンディーにあげればよかったのに」


バラン
「・・あいつはサーベルが得意だし、大魔王に借り作りたくないしな」


ラーハルト
「まあ、たしかにそうですね」


バラン
(やべえ、ガルダンディーのことなんて忘れてたわ、マジで)



数年後



バーン様
「ねえ、ミストバーン。ヒュンケルに魔剣を渡しておいて」


ミストバーン
「・・」


魔剣戦士ヒュンケル
「バーン様からもらった剣だ。大事にしなくちゃな!!!」


ミストバーン
「・・」



・・


(;´・ω・) ミストバーンが説明してくれなくて、作者を知らなかった・・とか? 

実は、ラーハルトはポップのことも好き説を語ってみる!!

バラン編でラーハルトが倒れた時。


一般的には「ヒュンケルにバランとダイのことを託した」と思われていると思うが。





実は、ポップにも託してるんだよね。





「甘いやつらだな・・。他人の悲しみを我が事のように・・」

=

ヒュンケルもだが、このポップって男もいいやつじゃん!





「おまえたちのような人間には、はじめて会った」

「おまえたちなら、バラン様の悲しみをわかってやれるかもしれん」

=

ヒュンケルとポップなら、バランをわかってくれるかもしれない!




「戦場でとはいえ・・最後に・・おまえたちのような男に出会えて・・よ・・かっ・・た・・」


=


ポップ・・君に会えて・・良かった・・!!





(;´・ω・) ラーハルトって、ポップにも期待してたみたいだな。




ホワイトガーデンのミストバーン戦で再会した時、


ポップは「またコレ系の性格かよ・・!!」とは言っていたが。


ラーハルトが悲しい過去を背負っていることを知ってるのは、ヒュンケルの他にはポップしかいないし。



ラーハルトは、実はポップに対しても

「オレの為に泣いてくれたし、バラン様やディーノ様のことを理解してくれた友」

と思ってたのかもしれないね。




ラーハルトの最後の戦いは、ラスボス・真バーン戦での天地魔闘の構えに対する特攻だったけど。


ハーケンディストールもすでに破られ、鎧の魔槍も砕かれて倒れた後・・。




気絶して瞳にされる前のラーハルトの最後は・・。


かつてヒュンケルと共に自身の死に目を看取ったポップに対しての、親指を立ててのグーサインだった。





・・


(;´・ω・) 意外と、この2人の組み合わせもカッコイイと思うんだよなー。

☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆

ドラクエ漫画の金字塔!!
『ダイの大冒険』を読み直そう!!

【ダイの母】ソアラって、バランが竜の騎士だってことを知ってたのかね?(ダイの大冒険)

バランとソアラについて考える!!
ネットではデキ婚とか、国を捨てて駆け落ちしたとか言われてて草ww

今日は、ダイの大冒険ネタです。



悲しい死別をした悲劇の夫婦・・。 


(;´Д`) ダイの父親と母親、バランとソアラの話!!



ダイ本編からさかのぼること10数年・・。


若かりし頃の竜の騎士バランは、人間の世界を守るため、死闘の末に冥竜王ヴェルザーを倒した。


だが、その戦いのダメージは大きく、瀕死になってしまう。


まともに動くこともできなくなり、「これまでか・・」と思ってた時。


ソアラに命を助けられ、お互い惹かれ合っていく運命になるんでしたね。




だが、ソアラはアルキード王国の王女であった。


王や重臣たちから「人間じゃない」と疑われて追放されたバランと一緒に城を出る。


そして、逃亡したテランの森の中でダイが生まれ、幸せに過ごすも・・。


結局は親父のアルキード王に見つかってしまった。


バランは「戦えば、確実に人間たちを殺してしまう。私が死ねばいい・・」と考えていた。


そんなバランを助けようとして、ソアラは死亡!!


激怒したバランはアルキード王国を半島ごと消してしまい、ダイとも生き別れになって、失意の末に魔王軍に入ってしまう・・。



・・


(;´Д`) ここまでが、劇中で語られてることですな。




しかし・・。


よくよく考えると、だ。



ソアラがバランの素性を知るようなシーンが、なに一つ無かったね。


ソアラはバランが竜の騎士だって知ってたのか?


そして、具体的にバランのどんなところに惹かれたんだろーか??




(;´・ω・) この2人が、どんなカップルだったのか?


(^ω^) 下世話にも、考えてみることにしましょうか!

ソアラはバランが人間じゃないことは早い段階で知っていたが、それを受け入れて仲良くなったハズ。

まず、この2人は奇跡の泉の近くで出会ったんだが。



バランがアルキードの城に招かれるには、少し時間があったようだ。



ラーハルトが


まず「2人の間に愛が芽生えた」それから「ソアラは王女だった、城に招き入れられた」と言ってたからね。



バランはソアラに助けられたんだが。



最初は

「・・礼を言う。だけど、これ以上は助けはいらない」

みたいなことを言ったんじゃないかな?



そして、奇跡の泉の近くで一人で療養してたところを、ソアラがずっと通ってた・・みたいな。



バラン
「なんで、毎日来るんだ・・?」

ソアラ
「それは・・」


・・そんな感じ。




バランさんは何だかんだで幸薄っぽいし。


非戦闘時は、ドラゴニックオーラじゃなくて。


「ほっとけないオーラ」を出してたんじゃないだろうか。



(;´Д`) そのドラゴボッチオーラで、ソアラさんはやられてしまった、と。




そんで。


この奇跡の泉の近辺で逢引きしてるころに、


バランは「自分は人間じゃない」って告白してると思う。



バランがアルキード城から去ろうとしてる時に


「私は人間とは結ばれん運命だったようだ」


とは言っていたし、ソアラもそのことに対しては無反応だったので。




少なくとも、2人が駆け落ちする時点では


「ソアラは、バランが人間ではないことを知っている」


ということになる。




じゃあ、それをいつ言ったのか、といえば・・。


やっぱり森で逢引きしてる頃だと思うね。



「戦いに疲れたバラン様は、ソアラ様の中に太陽をみた」


「やがて、2人の間には愛がめばえた・・」



ラーハルトがこのクサい言い回しで解説してくれた、城に招かれる前の逢引きシーンの時。



既にもうバランは、ソアラに

「自分は竜の騎士だ、人間じゃない」

って言っていたと思う。



バラン
「わかったか?(竜の騎士の宿命が云々の話をして)私は人間じゃないんだよ」

「世話を焼いてくれるのはありがたいが、もう来るな。私には関わらない方がいい」



ソアラ
「だから何? そんなの関係ないでしょう」

「だいたい、私だって隠し事はしてたから」←まだ王女だって言ってない。




・・こんな感じで。



ポップがダイに


「お前が人間だろうがバケモンだろうが、関係ない」


と言ったように。



ソアラさんも、バランに同じようなことを言ったのではないだろうか??



この時期のバランの悩みって、「人間じゃないこと」だったと思う。



ダイに対しても

「成長するにつれて、迫害される。地獄の苦しみを味わうことになるのはお前なんだぞ!」

って言ってたからね。




つまり


「受け入れてもらえたことで太陽を見て、愛がめばえた」


・・って感じだったんじゃないかな?



(;´Д`) ・・たぶん。

バーン様「たった一人の感情では、国などという得体のしれないものはどうしようもない」

そんなこんなで、愛がめばえたお若い二人。


ソアラさんは王女の身分を明かし、バランを城に招く。



ダイの祖父であるアルキード王も、最初は満面の笑顔だった。


勇者時代のアバン先生がハドラーを倒した直後だし、


旧魔王軍との戦争の影響で人材難だったとか?



「強そうな騎士だっ。こういう人材がいっぱい居てくれれば安心だな♪」


「ソアラも気に入ってるみたいだし、がんばってくれそうかな♪」



(;´Д`) ・・こういう、のほほんとした雰囲気か?



しかし、家臣の「あの騎士は人間じゃないようです」という進言で、すぐに悪役面となる・・。




このアルキード王も、なんかモンスターや魔族に対して恨みでもあったのかもなあ・・


魔王時代のハドラーの侵攻で。


友達が死んだ、先王夫妻が死んだ、妻=ソアラの母が死んだ、とかで。


(;´・ω・) 冷静な判断力が無くなってたしね。




・・しかし、家臣の


「あの騎士は人間ではないようです」


というセリフ。



これには、どんな根拠があったんだろうか??


完全に事実無根なら、バレたら立場が危うくなるレベルだと思うんだが。


(;´・ω・) ソアラ様に激怒されるんじゃないの??




意外と、バランとソアラがそういう話をしていて。


それをコソーリ聞かれてたんじゃないだろうか??




バラン(前向きモード)

「人間じゃない私にも、みんな良くしてくれている。この国の人たちの役に立ちたいな☆」



ソアラ(お気楽モード)

「まだ人間がどうのこうのとか気にしてたのかよ。そういや、時期をみて親父にも教えないとなwww」



物陰に潜んだ家臣

「あいつ人間じゃないのんww 追い出すチャンス到来わろすww」




(;´Д`) こういう展開じゃないと、家臣の進言とか無かったんじゃないかな・・。


(;´・ω・) バランとソアラは若いし、うかつなトコロもあったと思うの。




で、家臣の進言を聞いた王により、バランとソアラは駆け落ちの流れとなるのだが。


バランは「人間とは結ばれない運命だった」と考え方が一歩引いていた。


・・と、いうことは。


追放宣言された時、バランはアルキード王に正体を明かし、謝罪でもしたんじゃないかな?




アルキード王
「お前は人間じゃないらしいな。よくも私やソアラを騙してくれたな!!」


バラン
「もうしわけありません、黙っていたのは事実です。しかし・・」


アルキード王
「認めやがったか! 魔王の手下の魔物めぇ!! 失せろ!!」


バラン
「・・すいませんでした。失礼します・・」



(;´Д`) こんな流れで。



おそらく・・。


バランが「自分は人間じゃない」と認めたことで。


家臣たちの私利私欲による「あいつは魔物かも?」という進言が事実とされてしまい・・。


最悪な結果になったんじゃないか、と思える。




そんで、お暇しようとしたバランさんは、城門でソアラ様につかまってしまった。


「私を、私たちを置いていかないで・・!」



ソアラは王女のくせに国を捨てて駆け落ちした、とか言われるけど。


ダイのことを考えたら、もう2人で逃げるしかなかったのではないだろうか??



ソアラが親父を説得しても、たぶん無駄である。


もう、バランが自分で


「人間じゃなかったわ、メンゴメンゴ」


って王+家臣に言ってる可能性は高いと思うし。




なにより、ディーノは100%モンスターの子供扱いされる。


アルキードに残れたとしても、将来は悲惨なことになりそうである。



ソアラさんは、産まれてくる赤ん坊の将来を考えたのもあるけど・・。



傷だらけになって世界を救ったのに報われず、バケモノ扱いされた男。


孤独で幸薄かったバランさんの傍にいてあげたい、と思ってたんじゃないのかな??




だが、2人は結局見つかってしまった。


バランは妻子の為に色々と考え、自ら捕らえられ、死ぬ道を選んだのだが・・。



(;´・ω・) ソアラ死亡!


(;´Д`) アルキード王国はこの世から消えた・・!!!



けっきょく、ダイのじいさんのアルキード王は、家臣に乗せられて勘違いしたまま死んだんだな。


「バランは魔王の手下」ってのは、家臣の捏造だったんだが。


「人間ではない」ってことは事実だったし、バランはそのこと自体は否定しなかった。




捏造部分と正しい部分の区別が曖昧で、


それが悲劇の原因になったようにも思えるね。




ところで・・。

ソアラは、バランの強さを全く知らなかったと思う。


冥竜王ヴェルザーを倒した、世界最強の戦士であることは知っていそうなのだが。


アルキードにハドラー魔王軍の残党が現れた、みたいなことがない限り、バランの実力なんて誰もわからんだろう。


アルキードでバランが大活躍するようなことがあったのなら、その強さを知ってるはずの王や家臣たちは、あのヘボ呪文で倒せるなんて思わないだろうし、捕らえる際も最前面に出たりはしなかったはず。



(;´Д`) バランさん、戦いの話とかもしなさそう。



つまり、ソアラはあの


「竜闘気がなければ死ねる程度の呪文」。


あれでバランがガチで死ぬと思ってたんだろうな。




自分が死んだあと、旦那がブチ切れて暴走することも全く想像していなかった。


(;´Д`) そんな展開になることを、想定しろって言う方が無理だが・・。

まとめ。バランとソアラが、どんなカップルだったのかとか想像した結果。

『ダイの大冒険』本編から13年くらい前。


アバン先生がハドラーを倒してから、数年後の話。



バランとソアラは、竜の騎士が疲れを癒す「竜の泉」で出会った。


で、バランが城に招き入れられたのは、2人が仲良くなってからだったようだ。


つまり、しばらくバランは竜の泉の近くで療養しながら暮らしていた。


そこにソアラが通い、仲良くなった、ということなんだろう。




ラーハルトいわく「バランはソアラの中に太陽を見て、愛がめばえた」ということだが。


ソアラは駆け落ち寸前頃には、バランが竜の騎士であることは知っていたようだ。


たぶん、森で逢引きしてる段階でバランは自身の正体を語り、それでも受け入れてくれたソアラに「太陽を見た」んだと思う。


ソアラも身分を明かし、バランを城へと招き入れる。



アルキード王は、最初はバランに好意的だったが、家臣の進言で豹変。


王に好意的に考えるなら・・。


この人も、劇中で語られてないところで、魔物に何かひどい目に遭わされて偏見を持ったのかもしれない。



そして、家臣が何でバランが人間じゃないことを知ってたか、というと・・。


バランとソアラが、何かそういう類の会話をしていた時に、ウッカリ聞かれてしまったのだと思う。




バランは追い出されることになるが、ソアラは妊娠を明かしついてきた。


100%魔物の子認定されるであろう赤ん坊のダイの為には、駆け落ちがベスト選択になってしまった。




・・


考えてみれば、バランは「自分が我慢すればいい」みたいな男だったな。


ダイに「成長するにつれて迫害され、地獄の苦しみを味わうのはお前なのだぞ!!」って言ってたけど。


バラン自身も少年時代に何かあって、色々と諦めたような性格だったのかもしれないね。




「誰も知らなくても、命がけで冥竜王ヴェルザーと戦った」

=

報われなくてもいい、自分が我慢すればいい。



「さよなら。君と過ごした日々は楽しかった」

=

愛したり、愛されるのは諦めよう。自分が我慢すればいい。



「自分1人が死ねばいい。ソアラ、ディーノ。幸せに暮らせよ・・」

=

妻子が幸せなら良い、魔物と勘違いされてる自分が我慢すればいい。




ソアラは、バランのそういうところがほっとけなくて。


愛しかったんじゃないかな?・・と思う。




そして、2人の息子。


ダイの魂の力は「純粋(?)」ということだったけど。




レオナ様いわく


「誰とでも平等に、自然体で接することができる」


「そこが彼の一番の魅力でしょ!?」


「だから、あたしたちもみんな友達になれた!」


「ヒュンケルやクロコダインも仲間になれた・・!!」


「あたしたちが今ここに集まっているのは、ダイ君の魂の力のおかげなのよ・・!!」



(;´・ω・) ヒュンケルも、そうだそうだと言っていました。





ダイのこういう性格は、ソアラに似たんだろうけど。 


これこそが、バランやアルキードのみなさんに欠けてたものだったよな・・。


アルキードのみなさんは、(恐怖心から来ている)偏見を持っていた。


バランは「私は人間じゃない」ということで苦しんで、若干アキラメ気味になっていた。




ソアラだけは違ったんだが、バーン様が言うように


「1人の感情じゃどうしようもなかった」のは事実。




バランとソアラの悲劇を


「みんながこういう気持ちを持ってれば、防げたかもしれないのに」


って思わせるもの。




そういう気持ちこそが、2人の息子の魂の力だった・・。




・・っていうのは、わりと泣かせるのかもしれない。

☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆

ドラクエ漫画の金字塔!!
『ダイの大冒険』を読み直そう!!