「お前を倒してこの地上をいただく」ってひどいなw【ダイの大冒険】

「お前を倒してこの地上を去る」のコラネタだけど。
ダイがもっとひどい目に遭ってたら、そうなってたかもしれない。


今日は、ダイの大冒険ネタです。



(;´Д`) 名セリフのコラも、なかなか考えさせてくれるんじゃないか、という話。



ダイの大冒険のネタコラでは、

やっぱりバーン様がらみがメジャー(?)だろうけど。



ダイの名言「お前を倒して、この地上を去る・・!!」が


「お前を倒して、この地上も頂く・・!!」


この改変ネタは、見た瞬間に吹いてしまったね。




(;´・ω・ `) ダイがそんなこと言うはずがないけどさ。




ただ、過ぎた力を持った勇者が魔王を倒した後、

迫害されるってのはバランがそうだし、人間でもマトリフの例とかがあるからね。


彼らの話をよく知っていて、実際にベンガーナで民衆に恐れられたダイは、

「自分が争いの火種になるなら、地上を去るよ」

って考えたんだろうけど。



(;´・ω・ `) これだと、魔王が出る→勇者(竜の騎士、人間問わず)が倒す→迫害されるの無限ループである。



もし、ダイに限らず、勇者が


「自分は一生懸命やったのに、どうしてこんな目に遭わないといけないんだ!?」


そう考えてしまった時。



(;´Д`) 「お前を倒して、この地上もいただく」みたいな展開になってしまうかもしれない。




ダイ
「人間がひどいことをするのなんて、百も承知だ」

「バーン。お前が言うことも、嘘じゃないと思う」

「それでも、おれはこの地上のみんなが好きだ」

「おれは・・。おれはっ・・」



「お前を倒して、この地上をいただく!!」



バーン
「!?」


レオナ
「なっ、何を言ってるの!? ダイ君!!」



ダイ
「だって、レオナやみんなと別れるのはイヤだもん」

「でも、バーンの言うように、おれを受け入れてくれない人間もたくさんいると思う」


「地上を去ることも考えたけど、それだと父さんやマトリフさんの時と何も変わらないじゃないか」


「それに、このままだと、いつか次の時代の勇者が、また哀しい思いをすることになるよね」

「どこかで、人間たちの意識を変えなきゃいけない。今やってみるべきだと思うんだ」


「人間を変えるのに、多少の強引さが必要だというなら・・」

「まず、地上をおれのものにしてやる!!」




バーン
「はっはっは。お前は、人間の王になって、人間を変えようと言うんだな、面白い奴よ!!」



ダイ
「うん、父さんもラーハルトに言っていたらしいよ。『あの子には、人間を変えていく力がある』ってね!!」



バラン
「たしかに遺言にそう書いたけど、なんか違う気がするんだが・・」



レオナ
「(´;ω;`) もう、わけが解らないわ。あたし、どうしたらいいの!?」




・・

・・


(;´Д`) ダイが変な方向に思い詰めていってたら、こんな感じになってたりして。




実際、ダイ世界のその後って、どうなるんだろうな・・。



人間は、変わらないままなのか?


ゴメちゃんが、神の涙が世界中の人々の心を一つにしてくれたけど、世代が変わったら、その思いは忘れ去られるオチになるような気もする。



バーンの言う通り


「賭けてもいい、余に勝って帰っても、お前は必ず迫害される!」



ダイではなく、遠い未来で悪と戦う正義の戦士が、

こういう目に遭ってしまう可能性はありそうである。




でも、ポップも、マァムも、ヒュンケルも、アバンも、

そんな脆い人間の中から生まれてきたんだしなあ・・。



(;´・ω・ `) ダイの「人間が好き」には、思った以上に深い意味がある気がする。



「その瞬間、世界が輝いた」を体験してる世代は、

誰かを迫害したりする者は、かなり少ない感じになると思うけど。



彼らの次世代には、

その記憶もある程度は受け継がれていくんだろう。


「勇者ダイ率いる地上軍と、魔界の神バーンの魔王軍の戦争」

この前後では、人間の質ってずいぶん変わってるのかもなあ。



最終回その後の人間は、

色々と積み重ねていって、少しずつ進歩していったのかな・・。




何百年か後の未来では、

魔界に落とされた魔族と竜も、

(まともな性格なら)地上に住んでいいみたいな流れになる気がする。



(;´Д`) 彼らにも救済がないと、第二第三のヴェルザーやバーンが出るだろうからね。



ヴェルザー絡みのエピソードを見るに、竜は知性的に衰退し続けているようだし・・。



やがては、人間と魔族が何とかして手を取り合い、

地上と魔界を含めた全世界で争いが無いように努力していく、みたいな歴史になるのかもしれない。




すると、ラーハルトみたいな混血児が、割と増えていきそうな気がするんだけど。


ダイやバランが苦しんだ「あいつは、私たちとは違う」みたいな迫害を歴史上で最後に受けるのは、


徐々に増えていくであろう、ラーハルトのような人間と魔族のハーフなのかもなあ・・。




(;´・ω・ `) ダイが提起した問題は、遠い未来の人間と魔族のハーフと、それに係る人々で結論が出されそう・・かな?

☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆