大きさ145m!鬼岩城はダイの剣でアッサリやられたけど、劇中でベスト10くらいの強さはあったと思う!【ダイの大冒険】

何気に鬼岩城も強敵だったよね。
ダイも大地斬でかなりエネルギーを使ったようだったし・・。

今日は、ダイの大冒険ネタです。



(;´・ω・) 隠れた中盤の強敵、鬼岩城さんについての語り。



この鬼岩城は、最初はギルドメイン山脈の中にある魔王軍の本拠地として登場した。


キルバーンの初登場と共に「バーンの鍵」で動き出し、死の大地まで移動。


その後は、ミストバーンがパプニカのサミットを潰すために使ったが・・。



(;´Д`) 「ダイの剣」を手に入れたダイの手により、真っ二つにされるオチとなった。



それ以降は当然出てこないし、バーンパレス(大魔宮)が飛び立ってしまったので。


「魔王軍の本拠地」のイメージは、バーンパレスに奪われてしまった感があるね。


最後の鬼眼バーンの話で出てこなければ、鬼岩城は読者から忘れられてたかもしれない。


で、そのラスボス・鬼眼バーンによると。



鬼岩城は


「大魔王バーンが鬼眼の力を開放し、最強となった姿の想像図」


だった。



「鬼岩城は、余が最強となった姿をイメージして建造したものだ」


「おそらく、こういう姿になるであろうことはわかっていた」


「だが、魔力の源たる自分自身が行えば、二度とは元に戻れない」


「鬼岩城は余の果たせぬ夢を具現化した巨大なる玩具・・のはずであった」




(;´・ω・) 鬼岩城は、大魔王バーン様が「オレの最強状態」を描いた玩具だったのです。




この「大好きなオモチャ」設定、パプニカのサミットあたりから既にあったのかもしれないなあ。


ミストバーンは、鬼岩城がダイに壊された時、激怒して闇の衣を脱ごうとまでしていたし。


キルバーンも「鬼岩城は、バーン様のお気に入りの玩具」と言っていたからね。




と、いうことは・・。


バーン様が地上破滅計画をするにあたって、鬼岩城を使い捨てたとも思えないんだよね。


(;´Д`) お気に入りを、黒のコアで地上ごと消し去った気がしない。



案外、バーンパレスには鬼岩城を格納するドックみたいなのがあったんじゃないかな?



(;´・ω・) 鬼岩城は145mだが、バーンパレスは3.15kmもあるからね。


(;´Д`) 中央の城の下部あたりに、格納庫があった気がしないでもない。


(´;ω;`) だが、ダイによって鬼岩城は破壊されてしまった・・。





鬼岩城は「ダイの剣」のカマセになったけど。


こいつに勝てるキャラって、そうはいないと思うんだよなあ。



(;´・ω・) 鬼岩城に勝てそうなキャラを、挙げてみようか?

鬼岩城は、作中でもベスト10前後の強さはあったと思う。
バランやハドラーでもそれなりに疲れる相手のハズ!!

鬼岩城が強豪である理由。


ミストバーンが当時のヒュンケルに「お前の技ごときではビクともせん」と言っていた。


(;´Д`) フルパワーグランドクルスでも、無理なのかもしれない。



そして、ダイにあっさりやられた感があるけど。


マァム様いわく



「ダイは鬼岩城を倒すのにかなりのエネルギーを使ってしまった」


「だから、無意識のうちにセーブしてトべルーラではなく、走って戻ってきた」




(;´・ω・) ダイの体調がマシなら、ミストバーン激怒に間に合ってたんだよね。


(;´Д`) つまり、死の大地へ向かおうとするポップを止められたかもしれない。




当時のダイに、かなりのエネルギーを使わせる、ということは・・。


当時の彼と互角以上のレベルである2人。


竜の騎士バラン、超魔生物ハドラーにとっても、なかなか骨が折れる相手、ということである。




(;´Д`) ハドラー親衛騎団や、アバンと互角だったキルバーンでは勝てないのでは?


(;´・ω・) 超魔ゾンビやマキシマムも、踏みつぶされて終わりじゃないの?



ヒュンケルは、最後の光の闘気が最強になったあたりなら、グランドクルスで勝てそうだけど。


クロコダインのおっさんやマァムは、最終時になっても無理な気がする。


ポップにはメドローアがあるが、鬼岩城はデカすぎるので、的確に重要部を撃ち抜かないと厳しい。


ラーハルトも、あまり範囲の広い攻撃もってないし、微妙な気がする。



(;´Д`) 内側から破壊していいなら、誰でもイケるのかもしれないが。



そうすると、鬼岩城とまともに戦って勝てそうなのって・・。



ダイ。


バラン。


超魔生物ハドラー。


闇の衣を脱いだ真・ミストバーン。


バーン様。


巨体枠で、冥竜王ヴェルザー様。


グランドクルスが強烈な最終ヒュンケル。


上と同じ理由で、昇格ヒム。


星皇十字剣で自爆覚悟のロン・ベルク。




(;´・ω・) この9人くらいしかいない気がするんだけど。


(;´Д`) 他にいる・・??



そんなわけで、鬼岩城は劇中でもベスト10前後の強さは有った・・。


って感じですな。



(;´・ω・) アッサリぶっ壊された感があるけど、意外と強かったっぽい??

鬼岩城をデザインしたのはバーン様である。
彼はロボットアニメも好きだったのかもしれないという想像。

あとは、アレだね。


大魔王バーン様って、ネットのコラのせいで、アニメファンのイメージが付いてしまったからなwww



(;´Д`) 「ねえ、ハドラー」のアレね(笑)



だからなんか、鬼岩城をデザイン・設計してる時も、アニオタ全開だったイメージがあるんだが。




バーン様
「ねえミストバーン、悪の組織の基地としてはさ、雑魚敵をたくさん作る工場が欲しいよね」


「暗黒闘気を使って、何かできないの? そんで、その場所は立ち入り禁止だとカッコイイと思うんだけど」



ミストバーン
「・・・」


シャドー
「”肺の間”ってのを作るらしい。暗黒闘気を吹き込んで鎧兵士を量産する場所だ」



数日後



バーン様
「ねえミストバーン、このロボットアニメかっこいいよねぇ」

「そうだ、余の鬼岩城にも、操縦席って作れないかな?」

「レバーとかボタンとかじゃなくてさ、もっとこう」

「魔力で動きをイメージ操作するような、スタイリッシュなやつがいいなぁ」



ミストバーン
「・・・」



シャドー
「”玉座の間”に操縦席を作るらしい。一応、操縦方法を覚えておいてくれだって」




どうも、設計時にこんなやり取りがあった、って想像をしてしまうんだが・・。


バーン様のワガママを聞いて苦労して作ったからこそ、壊された時にミストバーンはブチ切れてしまった、みたいな・・。



・・いかん!!


(;´Д`) バーン様のアニメコラに、毒され過ぎたようだな・・!!

☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆

ドラクエ漫画の金字塔!!
『ダイの大冒険』を読み直そう!!