こんなものが正義であってたまるか!これが最強の漫画名言だよね【ダイの大冒険】

泣きながら戦う竜魔人ダイと、力の信奉者・大魔王バーンの殴り合い。
これがダイの大冒険のクライマックスシーンだよなあ。


今日は、ダイの大冒険ネタです。



(;´Д`) 作中で、最高に盛り上がったシーンって何?って感想。



ドラクエ題材の名作漫画・ダイの大冒険において。



一番に盛り上がったシーンというか、

作中のストーリー上の「頂点」みたいな場面って、どこだっただろうか・・。



印象的なシーンなら、いっぱいあるけど。


ポップのメガンテとか、アバン先生の復活。

妻ソアラを殺されたバランの涙、超魔生物ハドラーの最期。

そして、閃光のように・・。



色々あるが、やはりこの漫画の最高のシーンって、



ラストバトルで竜魔人と化したダイが真・大魔王バーンに向けて放った言葉。


「こんなものが正義であってたまるか」


コレだったと思うんだよね。

ダイは、どうして涙を流していたのか。
そして、バーンはなぜ「力が正義」の考え方に凝り固まってしまったのか??

大魔王バーンは、ダイ達の前に初めて姿を現した時から、

「力が正義」を唱えていた。



バーン様
「鍛え上げて身に付けた強大な力で、弱者を思うようにあしらう時」

「気持ち良くはないのか? 優越感を感じないのか!」

「力ほど純粋で単純で美しい法律は無い!」

「人間だけが、気取った理屈をつけてそこに目を背けておる!!」




バーン様の基本理念はコレ。


「力こそが、全てを司る真理だ!!!」


だったけど。




一回目の戦いでダイの剣が折られた時点でも、ダイはこれを否定していた。


というか、この初戦時のやり取りがあったから、


最後の「こんなものが~」の会話になったんだろうけど。



ダイ
「おまえは力が正義だって言ったけど、それは違う」

「違うんだ。おれが今まで教わってきた正義と・・!!」



アバン
「修業で得た力というのは、他人のために使うものだと、私は思います」



ブラスじいちゃん
「勇者さまは、我々のようなモンスターにも平和をくださった英雄なのじゃよ」



バラン
「私は真の竜の騎士ではない。力も魔力もあったが、心が無かった。お前にはそれがある・・」



ダイ
「バーン、お前は、絶対に間違ってる・・!!」




この感じだと、


ダイ的には

「力とは、他人のために、弱い者を守るために使うものだ」

こういうイメージだったんだろうね。



アバン先生に教えられ、

ブラスがそれを肯定し、

バランも真の竜の騎士≒勇者には心が必要だ、って認めた。

そんな感じかな?



「閃光のように」の前に絶望した時も、


バーン
「お前は余を殺すために、この闘いを始めたのか?」


ダイ
「違う、おれがこの闘いを始めたのは、地上のみんなの平和を守・・」


バーン
「その守るべきものは、もう消える・・!!」



これでダイは一度は戦意を喪失し、戦えなくなってしまったからね。



(;´・ω・ `) 大切なものを守りたい、それがダイの闘う動機だったと思う。



そして、最後の最後。

地上破滅は食い止められたが、戦力的にバーンに勝つことができない。

ダイが、自分の意識がどうなるかもわからない、最後の力を開放しなければ勝ち目はない。



幼い頃からの友達だったゴメちゃんが潰され、

ポップやレオナ、仲間たちはバーンパレスの奥深くに落とされ、生存は絶望的となった(この時点では)。



バーン
「残念だったなあ、勇姿(バケモノ予想)を見てもらえなくてww」


「そんな力があるなら、これで(誰もいなくなったから)出しやすくなっただろう?ww」



(;´・ω・ `) その時、ダイの中で何かが切れた・・。



ダイ
「だったら・・。だったら見ろよ!!」



ここで、ダイは意識的に双竜紋のパワーを全開にして、竜魔人になったんだよね。


地味に、直後の



バーン
「バ・・バケモノめ・・!!」


ダイ
「その通りだバーン。お前以上のなっ・・!!」



これもカッコいいんだよなあ。



(;´Д`) ダイがバケモノ扱いを否定しなかったのがね・・。



そして、竜魔人ダイと真・大魔王バーンの殴り合いが始まるのだが。


バーン様はカラミティエンドをあっさりと止められ、

同じ手刀でツノを折られた挙句、ボコボコにされてしまう。


(^ω^) そして、名セリフが炸裂する!!




「力が正義。常にそう言っていたな・・バーン!!」


「これが、これがっ、これが正義か!?」


「自分より強い力でぶちのめされれば、お前は満足なのか!?」


「こんなものが・・」


「こんなものが正義であってたまるかああっ!!!」




(´;ω;`) ダイが泣いてるのが、可哀想なんだよなあ・・。




一度目のバーン戦後に、ポップに漏らしていたように、

「昔のおれは、勇者はカッコイイって憧れてただけだったんだ」

最初は、そういう気持ちだった。



だが、ダイは、旅を続けるうちに色々なものを見てきた。

たくさんの仲間ができて、みんなを助けたい、地上を守りたいという気持ちは確固たるものとなったけど。


人間の中にも、ひどい者がいることを知った。



ブラスやクロコダイン、チウ、ロン・ベルク達から、魔物や魔族が悪とは言い切れないことを教わった。


母ソアラが、人間に殺されたことも知った。


それでも、自分は地上の生きとし生けるもの全てを愛している。


だから「お前を倒して、この地上を去る」それでもいいという結論になった。


その末に魔獣になることを覚悟し、竜魔人化したけど、双竜魔人(?)のパワーは、大魔王バーンを完全に上回っていた。




ダイは、どうしてバーンを殴りながら泣いていたのだろうか?


「元の姿に戻れるかわからない、じきに制御が効かなくなるかもしれない、もう仲間とは会えないかもしれない!」


「結局は力で力を潰すことになってしまったので、それが悲しかった」


「バーンの信じる『力が正義』の闘いに巻き込まれて死んでいった者達を、父を、ゴメちゃんを思い出して泣いていた」


「バーンの力を上回り、一方的に殴れるようになったけど、バーンが言うように全然『面白いね』って気分にならないし、『お前はそれでいいのかよ、大魔王!!』って気持ちになって泣いていた」




そんな感じだったんだろうか・・?



(´;ω;`) 色んな感情が、ダイの中で錯綜していたのかね・・。



対するバーン様は、どうだろう。


良く見たら、ダイの言葉になんか、まったく耳を貸していないような気がする。



「これが正義か!?」の問いには答えず、



「今のダイは、完全無欠ッ・・!?」

「負けぬ・・!!」

「負けるわけにはいかぬ・・!!」

「余は大魔王バーンなり!!!!」



こうやって、己のプライドを賭けて、殴り合いに臨んでいくけど。



ダイの剣を折った1戦目だと、余裕綽々で

「人間は気取ってる」

「魂などでは余は殺せん」

みたいに反論してたんだよなあ。



このVS竜魔人ダイ時は、もうそんな余裕は無かったから、言葉は交わさなかったのか?



(;´Д`) それとも、ダイの言葉に惑わされんように、意図的にスルーしたのかな?



「力が正義・・」


「そうだとも、余が負けるわけにはいかない!」


「余は、大魔王バーンなんだよおおおお!!!!」



(;´・ω・ `) 殴り合いに応じることが、バーン様の返事だったのかもしれないね。




なぜ、バーン様はこんな「力が正義」思想に至ってしまったんだろうか・・。



やはり、ヴェルザー共々

「神々が憎い」

コレが原因だったんだろうな。



「神々が憎い!!」

「我らを冷遇し、地上の人間どもにのみ平穏を与えたやつらの愚挙が許せぬ!!」



「お前たちは知らぬのだ! 平和とやらも、力に支えられている。神々の力によってだ!!」

「神々は人間に地上を与え、魔族と竜を魔界に押し込めたのだ!!!」



(;´・ω・ `) 老バーン様が一番感情をムキ出しにしてたのって、コレをマァムに語ってた時だよね。




バーン様的には


「人間の平和だって、神が力で魔族と竜を冷遇することで保たれているじゃないか」


「それなら、魔族の力で地上を消すことの何が悪いの?」


「ヴェルザーが地上を欲しがってるけど、とりあえず共闘するわ、賭けは成功した方の勝ちね」


こんな感じから始まって、世界の力の頂点・神々にとって代わる、これが最終目標になったんだろうな。



そして、力が正義=天地魔界で最強の余が正しい、みたいな考えに凝り固まっていった、と。



歴史的には、

人間、魔族、竜が戦争してばかりだから、

神々はタフな魔族と竜を魔界に落として三界のバランスを取り、

その前後に竜の騎士も生まれた、ってことらしいけど。



(;´・ω・ `) 神々は、ヒドイのかな?



ダイ世界の善人と悪人の比率って、

人間も魔族も竜も、実はそんなに変わらなかったと思う。



人間は説明不要だが。


魔族もロン・ベルクとか、人間と愛し合ったラーハルトの親父とか、良い人もいるわけだし。


ロン・ベルクいわく、「ダラダラ過ごす奴が多い」というニートっぽいのが多いようだ。



(;´Д`) 魔族は、好戦的じゃないヤツの比率の方が、多い可能性がある。



竜も、欲深い奴は珍しいらしい。


ピロロこと真キルバーンが

「ヴェルザーは竜らしくない、人間みたいだ」

と語っていたからね。



つまり、闘争を好むドラゴンばかりかといえば、違ったりしないのかな?



(;´・ω・ `) 超意外な可能性として、人間が一番の地雷種族だった、ってことはないのだろうか?




数千年前に、神々が魔族と竜を魔界に落とした時、何があったのかはわからない。



だが、作中の魔族や竜の説明を見ると、

彼らにも善人や人畜無害な者はいたんだが、

神々は戦争を避けるため、やむなく種族単位で隔離した・・。


そんなイメージはあるんだよね。



(;´Д`) バーンとヴェルザーは神々を恨んでいたが、魔界への隔離には、何か悲しいストーリーがあったのではないだろうか?



バーンも、ヴェルザーも、ミストあたりも、

境遇がまともなら更生の余地はあったんじゃないか、とも思えるんだよなあ。


ミストは魔界のドス黒い怨念の中で生まれて、更生の余地なしみたいな感じだったけど。


義理人情には溢れていて、


「お前にハドラーを侮辱する資格は無い!」

「ハドラーに、何とか勝って生き延びてもらいたい!」


こうやって認めた相手は庇おうとする面も見せていたし。


もし極悪人のバーンではなく、クロコダインや超魔ハドラーみたいな武人キャラと人生の初期に会えていれば、まともな性格になっていたと思うんだよね。



バーン様やヴェルザー様も、

自称「戦神の末裔」だから闘争を欲する性格に生まれついてるのかもしれないが、


「魔族はダラダラ生きるヤツが多い」

「欲深い者はドラゴンらしくない」


こういう種族の性質が良い方に出てれば、

マシな心根になってた可能性もあると思う。



そもそも、

神々に対し「どうして我らを冷遇したんだ」って怒ってるってことは、

もっと大事にしてほしかった、愛してほしかった、みたいな心理が根底にあるんじゃないだろうか?



つまり、人間に嫉妬してたとか。


(;´Д`) バーン&ヴェルザー「神よ、何故なんだああ!!」→「地上が手に入らないなら、力づくで!!」的な。




魔界に魔族と竜を隔離したのは、神々の力の限界もあったんだろう。



「地上は、人と魔と竜の戦争ばかりだ」

「もはや、竜の騎士をもってしてもキリがない」

「我らにもこれ以上はどうにもできない、手段は一つしかない」

「地底世界を作って隔離しよう」

「肉体的に脆弱な人間は魔界に耐えられない、残り2種族、竜と魔族を魔界へ落とす」



これで、ひとまず戦争は終わった。


だが、魔界に封じられた者たちは再び争い、神への怨念は募るばかりで、マザードラゴンいわく


「もう、バーンは神々よりも強くなってしまった」


そして、地上破滅計画が始まった。



ダイ世界の全体的な歴史の流れって、次みたいな感じだったんじゃないかな。



神々
「3種族が戦争しないように、力で隔離させる」

「もう、それしかできない、魔族と竜には悪いけど」

(救われない者を出した)


→


バーン様
「じゃあ、余も力ですべてを手に入れるよ。それが正義だし、真理だ」

「神々も、その力で魔族と竜を冷遇し、人間だけを守ることで、それを肯定しているだろうが!!」

(救われない者を増やす結果になる)


→


ダイ
「力は他人の為に使うんだ」

「アバン先生から教わったし、じいちゃんも父さんもそう思ってた」

「お前は、自分より強い力でぶちのめされれば満足なのか?」

「こんなものが正義であってたまるか!!」





神々にも限界はあった。

自分達が生み出した人間と魔族と竜を、分け隔てなく愛していたんだろうけど、全てを救うことはできなかった。

3種族が滅びないように、体力に優れた2種族を過酷な環境へと隔離するのが精一杯だった。



大魔王は、魔族を魔界に落とした神を憎み、

神に地上を与えられた人間を「最低」と罵り、

力こそが真理と信じて地上を破壊しようとした。



勇者は、自分の力を誰かのために使いたかった。

だが、大魔王の力によって人々が、父が、親友が命を奪われ、

天地魔界において最強の力を得るも「力が強い。それは正義じゃないんだよ」と泣いた。




(;´・ω・ `) この流れは、割と切ない気がする。




バーン様の「力が正義」にも、その思想に至るまでの経緯ってのは、なんとなく描写されているわけで。



「力が正義」の大元は、数千年間で、人間と魔族と竜が背負ってきた「業」みたいなもんじゃないか、とも思えるんだよね。




(;´・ω・ `) 竜魔人ダイと真バーンの殴り合いには、歴史の重みを感じる。




神々の力によって魔界に落とされた戦神の末裔にして、憎悪のあまりに力に狂った大魔王。


何千年も戦いを続けて、涙を流し続けてきたであろう竜・魔・人の3種族、その特徴を併せ持った竜の騎士の血を継ぎ、泣きながら力を振るった竜魔人の勇者。




(;´Д`) あの殴り合いをしてる2人が、史上最も可哀想だった、って線は無いだろうか?

まあ、でも、


「自分より強い力で殴られれば満足なのか!!」


「こんなものが正義であってたまるかあぁっ!!」


これが胸を打つのは、我々の現実にとっても、身近に感じる部分もあるからっぽい気もする。



人間だれしも、

いじめ、パワハラ、暴力・・。

それ以外にも、色々な「力(価値観)」による抑圧を目撃したり、味わったことがあるよね。



真バーン
「弱者をあしらう時、気持ち良くは無いのか? 力こそが正義、真理だ!」


竜魔人ダイ
「とりあえず一方的に殴ってやるけど、自分より強い力でぶちのめされれば、お前は満足なのか?」


真バーン
「」



これって、以下みたいな現実のケースと、あんまり変わらんと思うんだが。



いじめっ子
「あいつは俺より弱いから、イジメてやろう、あいつになら何をやっても良いww」


いじめられっ子
「お前より強くなったよ、今度はオレがお前に仕返しするけど、構わないよな?ww」


いじめっ子
「」




上司
「あの部下が使えねえ、辞めてくれないかなwww」


部下
「デキリーマンになったお。老害の上司さんは時代遅れで使えない人になったから、辞めて消えてくれるんだよね?www」


上司
「」




勝ち組リーマン
「おれ年収1000万突破したし、200万の非正規とかゴミだと思うわwww」


ガチ金持ち
「まったくだ、年収5000万で金融資産30億の俺と比べたら、お前はゴミクズだよなwww」


勝ち組リーマン
「」




イケメン
「ブサイクはキモいし、死んだ方が良いよね♪」


超イケメン
「じゃあ俺より顔面偏差値低いお前は今すぐ死ねよ。性格もブサイクだし誰も悲しまねえだろwww」


イケメン
「」




(;´Д`) バーン様の「力」もそうだけど、他人との優劣の比較が前提の価値観は、最後は不幸になる気がする。




美しくないし、まわりが誰も嬉しくないんだよね。


「お前より、オレの方が強いんだ!!!」


そういう価値観は・・。




(;´-ω- `) 現代人は、老若男女問わず、日常的にそういう抑圧に揉まれて、疲れてるんじゃないのかな・・。




「優れたヤツは偉い、強い、何をしてもいい!!」

そんな価値観のラスボスに、

「んなわけねえだろ」

って鉄拳をブチかました主人公に共感するのは、

そういう日常との類似点も大元にあるのかもしれない。




だが、力が無いと生きていけないのも事実ではある。


バーンの

「生物はみんな、弱肉強食だろう」

「人間も、魔族も、竜も、みんなそうだ!!」

これは否定できないし、

アバン先生ですら「力無き正義もまた、無力なんだ」と言っていた。



バーン様は冷徹な極悪人だったが、同情票が無いかと言ったら、

おそらくそんなことは無いよね。


「魔界は過酷だ。力づくでも太陽が欲しい!」


この願いも、切実ではあるしね・・。



(;´・ω・ `) バーン様は強すぎて、人から傷つけられる痛みを知らなかった、それは可哀想だったと思う。




あなたは、気持ち良くはないかな?




自分をいじめた奴に損害を与えてやった時。


あいつよりも頭の良さを証明し、良い学校を卒業できた時。


自分よりも運動音痴な奴が、スポーツで失敗したのを見た時。


あなたが女なら、他の女より、イケメンと付き合っている時。


あなたが男なら、他の男より、若い女を嫁にした時。


生意気な同僚よりも、仕事で成果を上げて認められた時。


地位を使って、目下の者を好きなように使う時。


自分の方が、ムカつく奴よりも年収が上だと知った時。





嬉しくはないのか。

「あいつより、私の方が優れているwww」

そう思ったりはしないだろうか?



(´;ω;`) 私は、人間ができてないから、そう思うことがある。



バーン様の


「面白いね」


「優越感を感じないのか?」


コレを、100%否定することができるだろうか?



(;´-ω- `) 慈愛の天使マァムさんですら、「うっ・・」と戸惑っていた。



だが。

あなたは、大魔王の言葉を完全には否定できなくても、

同時に、泣いてはいないだろうか?



「他人より優れた能力があれば、偉いわけじゃない、何をしても良いわけじゃない」


「そんなものが正しいわけがない」


「いつまで、こんなことを繰り返すのか」


「私は、本当は競争なんてしたくないんだ」


って。




竜魔人ダイの涙と、

私たちが人生で流す涙は、

もしかしたら似ているのかもしれない。




(;´Д`) 前に読んだ時は、そんなことを思ったんだよなー。 

☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆

ドラクエ漫画の金字塔!!
『ダイの大冒険』を読み直そう!!