テラン王は、バランの前の竜の騎士がマザードラゴンに連れていかれるところを見たのかな?【ダイの大冒険】

フォルケン様「一人の竜の騎士が生涯を終えようとしているのだ・・」
=なんでそんなこと知ってんの?


今日は、ダイの大冒険ネタです。



(;´Д`) テラン王国の王、フォルケン様の言動について考えてみる!



2020年版の新アニメがバーンパレス浮上まで進み、

マザードラゴンが出てくるところまで来て、思ったことがある。



「テラン王は、数十年前に、ある現象を目撃しているのでは?」


・・と。



バーンとの最初の戦いに負けたダイは、

マザードラゴンに回収されてテランまで運ばれたわけだけど。


そこで、テラン王が現状を解説してくれるんだよね。



「マザードラゴン・・!!」


「竜の神をたたえる国・テランにおいて・・」


「今、一人の竜の騎士が生涯を終えようとしているのだ・・」



(;´Д`) おじいちゃん、なんでそんなに詳しいの??




実際、マザードラゴンがなんでここに来たのかはよくわからないんだが。


(;´・ω・) 湖の中の神殿と、何か関係があるのかな?



竜の騎士が死んだ時に、毎回マザードラゴンがテランに来るのなら・・。


バランの年齢は30代半ばだっただろうから、

35~40年前にも、マザードラゴンはテランに飛来してたのかもしれないな。


(;´Д`) ・・バランの前の騎士が死んだ時にね。




すると・・。

フォルケン様は80歳なので、40代くらいの時に同じ現象を見たんじゃないかな?



そして「マザードラゴンはなぜここに?」って思って古文書を調べてたら


「50~100年に一度くらいの頻度で目撃例がある」

「竜の騎士が死んだら、テランに運ばれるのではないか」


そういう情報を知った・・とか。




いや、まあ。

だからなんだ、と言われたらそれまでなんだけど。



「テラン王は40代の時に、バランの先代の騎士が死んでマザードラゴンによって天界に連れていかれるところを見たのでは?」



ってことですな。



(;´・ω・ `) バランの前の騎士は、どんな悪党と戦った後に死んだんだろう・・?

☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆

ドラクエ漫画の金字塔!!
『ダイの大冒険』を読み直そう!!