キルバーンが大魔王バーンを殺せそうだったシーンって、実はあったよね?(ダイの大冒険)

「バーンを殺せ!」
ヴェルザー様の部下・キルバーンが正体を現し、バーン様を殺すチャンスはあったのか??

今日も、ダイの大冒険ネタです。


(;´Д`) キルバーンネタ、その2。


(^ω^) プククッ・・。




ご存じの通り、キルバーンは最初はバーン様の部下として登場したが・・。


その正体はピロロの方であり、真の主は冥竜王ヴェルザー様であった。




ピロロ=キルバーンは、ヴェルザーから「地上が欲しいから、地上を消滅させようとするバーンを殺害しろ」と命令されていた。


その切り札となるのは、「キルバーン人形に隠された黒のコア」である。




ようは、

「バーンに隙があれば、黒のコアを使ってバーンを殺せ!」

という運用だったんだけど。




なんとかして、その任務を成功させる方法は無かったのだろうか?



(;´・ω・) イケそうなシーンがあったよね? というおはなしです。

バランが死んだ直後の超魔生物ハドラーVS老バーンに参加してれば、普通にバーンを倒せたんでは・・??

ダイたち勇者パーティーが死の大地に突入した時の、最初の大魔王バーンとの戦い。



(´;ω;`) バランが死んだ時ね。



ダイはバーン様にベホマを使わせる等の健闘はするが・・。


光魔の杖を出されると、ダイの剣を折られて負けてしまった!!



ヒュンケルとクロコダインのおっさんはカラミティウォールで岩にぶつけられ、ダイもふっとばされる。


迫るカラミティウォールの前に、ポップとマァムも危ない・・!!


・・というところで、超魔生物となったハドラー様が現れましたね。



バーン様は、ポップ達が逃げる手助けをしたハドラー様に激怒!!


そのまま、大魔王バーン VS 超魔生物ハドラーの勝負が開始される!!



ミストバーン+キルバーンは、ハドラー親衛騎団とにらみ合い状態。



援軍がないままのバーン対ハドラーは・・。


光魔の杖でMPがスッカラカンになりつつある、バーン様が劣勢となった!!



ハドラー様いわく「パワーの激突なら、オレの方に分がある」とのことでしたな。


ダイ達相手にあれだけ余裕だったのに、ハドラー相手に汗を掻きまくり、押されてしまうバーン様!!




(;´Д`) 知らなかったのか?大魔王からは逃げられない。


(;´・ω・) 知らなかったです。大魔王がMP切れを起こすとは。



しかし、そこでド外道1号のザボエラ様が出現し、ハドラー様を怪しい魔力で妨害。


バーン様に勝機が訪れる・・という流れだった。



つまり・・。


妖魔司教ザボエラが助けてくれなければ、

大魔王バーン様は、下剋上ハドラーに殺されていたのだ!!




ここでハドラーに加勢していれば・・。


キルバーンはヴェルザーの命令通り、バーン様を殺せたのではないだろうか!?




~以下、キルバーンが真面目に任務に取り組んだIF~




ザボエラ
「い、いまでぇ~す☆ 大魔王様!!」


ヒム
「あのダニが~っ!!」


バーン様
「よくやったぞ、ザボエラ・・。そのまま放すでない!」



絶体絶命のハドラー様!!



キルバーン
(チッ・・ザボエラか。せっかく、ハドラー君がバーンを殺せそうだというのに・・)

(だが、これが最大のチャンスだ、この機を逃せば、もうバーンを殺すことはできまい!)

「・・行け、クイーン! ハドラー君を助けてやりたまえ!!」


アルビナス
「し、死神さん・・!?」


キルバーン
「何をしている! 急ぐんだ!!」


ザボエラ
「キィ~ヒッヒッヒ・・ヒッ!?」


アルビナスが突っ込んできて、ニードルサウザンドでザボエラ蒸発!!


大魔王バーン
「な、なに・・!?」


アルビナス
「危ないところでした。ですが、なぜ死神は我々を助けたのでしょうか・・?」


ミストバーン
「キル・・! どういうつもりだ・・!?」



キルバーン
「ボクはバーン様を見損なったのさ(大嘘)」

「部下の身体に爆弾を埋め込むなんて、ひどい真似をしたもんだ(むしろ称賛)」

「挙句の果てに、妖魔司教クンなんかに頼るとはねぇ・・大魔王が聞いて呆れるよ!」



大魔王バーン
「キルバーンよ・・。まさか、お前はっ・・!!」


キルバーン
「さ、ハドラー君。情けは無用さ。はやく大魔王を倒して、勇者との再戦の準備をしようじゃないか」


ハドラー
「死神・・! 貴様も熱い魂を持っていたのだな・・!!」


ミストバーン
「キル・・!!」


キルバーン
「親衛騎団のみんな、そのままミストを抑えておくんだよ」

(10秒もあれば、闇の衣を脱がれる前に、バーンの本体を殺せる!)


シグマ
「死神殿が、卑劣なザボエラを看過できないほどの武人だったとは・・!!(勘違い)」


ヒム
「恩に着るぜ、キルバーンさんよ!(勘違い)」


キルバーン
「ウククッ・・。黒のコアのカウントダウン開始。ピッ・・ピッ・・」


10秒前


ミストバーン
「バ、バーン様・・!! こうなったら、闇の衣を脱ぎ払うしか・・」


9秒前
 

シグマ
「滅砕陣を解くとは! 加勢など、させませぬぞ!!」


8秒前


ブロック
「ブローム」


7秒前


ミストバーン
「おのれ・・。邪魔な人形ふぜい共が・・!!」


6秒前


アルビナス
「ハドラー様! 今度こそ、大魔王を!!」


5秒前


ハドラー
「とどめだ! 大魔王バーン!!」


4秒前


バーン様
「うおおっ・・!! おのれッ・・!!!」



・・3・・2・・1・・


ゼロ。


キルバーン人形の黒のコアが大爆発!!!



洋上のポップ
「な、なんだ!? バーンパレスが・・!!」


洋上のマァム
「大爆発したわ・・!?」




・・

・・



これなら、割とガチでキルバーンはバーン抹殺に成功してたと思うんだけど。


・・どうだろう??



(;´Д`) 勇者パーティーの立つ瀬が無い。


(;´・ω・) アレ? これだと、ダイはマザードラゴンに連れてかれるかもしれん・・。


(´;ω;`) ヒュンケルとクロコダインも、爆発に巻き込まれて・・。




でも、キルバーンって本気でバーンを殺す気があったのか、よくわからないんだよな・・。




当然、失敗したらバーンに殺される。


数百年間も、バーン様の隙を見つけることはできなかったが、ヴェルザー様からはおとがめなし。


そんで、最近のヴェルザー様は、石になっているので、キルバーンは主に見限られて殺される心配も無い。



これなら、何もしないでバーンの下でキルトラップで遊んでたほうがマシだったのかもなあ・・。



それとも、バーン様が見てるところでは義理を通すけど。

そうでないときは他がバーン様を倒してくれるように動いてた、とか??



バラン編でハドラーをからかい、竜の騎士が2人ともバーン配下になるように動く

=

地上が消滅するところまで行ったら、バランとダイがバーンに挑んで倒すかもという期待



死の大地にわざわざポップをおびき寄せる

=

「殺せればOKだが、逃げられたら魔王軍の本拠地はここだからバーンを殺しに来い作戦」




うーむ・・。


(;´Д`) ナニ考えてたのかよくわからんな、キルさんは。


(;´・ω・) 途中で、真の主の設定が変わったって話もあるしね・・。

☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆

ドラクエ漫画の金字塔!!
『ダイの大冒険』を読み直そう!!