ガルダンディーとボラホーンって、生き返ってたらダイ達に味方してたのかな?(ダイの大冒険)

クロコダインより弱いボラホーンと、クズのガルダンディー・・。
この2人は、バランの竜の血で復活してたら、ラーハルトみたいに 仲間になっていたのか?

今日は、ダイの大冒険ネタです!



竜騎将バラン様の直属の配下、竜騎衆!!


ラーハルト以外の2人、ボラホーンとガルダンディーについての素朴な疑問であります!!



そう・・。


もし、この2人が生き返れていたら、


ダイ達の仲間になっていたのか?


・・って話。



ガルダンディーとボラホーンの2人は、ラーハルトと同じく、バラン編で死んでしまった。


その後、復活したラーハルトと同様、バランの竜の血(ザオリク効果?)を与えられていたわけだが。



(´;ω;`) ラーハルトとは違い、生き返れなかった・・。



ラーハルトの説明では、


「竜の血を与えれば必ず生き返るというわけではない」


「死の淵から這い上がれるのは、強靭な精神力を持った者のみ」


・・ということらしい。



(;´・ω・) ポップも、精神力が強かったからメガンテでの死から復活できたようだ。


(;´Д`) ボラホーンとガルダンディーは、精神力が弱かったから生き返れず。




バランも、ガルダンディーとボラホーンの復活には期待していなかったみたいだね。


「全員に処置を施したが、ラーハルト以外は助からないだろう」


って、置手紙に書いてましたからね。



じゃあ・・。


仮にバランの想像を超越し、ガルダンディーとボラホーンが蘇っていたとしたら・・。



バランの遺言を読んで、ダイ達に加勢してくれたのだろうか??


(;´Д`) どうなってたと思う?



・・

・・


(´;ω;`) 私は、ボラホーンもガルダンディーも、生き返ってすぐにラーハルトに殺されたと思う・・。

兄弟分のルードを殺されたガルダンディーは仲間にならない!
ボラホーンはラーハルトに挑んで殺される!!!

バランは、ガルダンディーとボラホーンの棺桶の中にも遺言を残していたのだろうか?


「ダイの力になってやってくれ」


って感じで。



でも、そうだったとしても、たぶんこの2人は従わないと思う。



ラーハルトはミストバーンに

「我々はバラン様の為のみに戦ってきた!」

と言ってはいたけど。



ガルダンディーはダイ一行に、ボラホーンはヒュンケルやラーハルトに対して恨みがありすぎるハズ。



まず、イオごときで死んだガルダンディーさんは・・。


大好きな兄弟分、スカイドラゴンのルードが死んだまんまである。


バランが「ダイには人間を変えていく力がある」といくら言ったところで・・。



ガルダンディー的には


「はあ!? ドブくせえ人間のせいで、ルードが死んだんだぞ!!」


となりそうである。



(;´・ω・) 自業自得だがな。




ボラホーンはラーハルトに殺されてるから、


棺桶から出てきた瞬間に一触即発になるだろう。




まあ、バランさんは竜騎衆VSポップ+ヒュンケルの戦いの経緯を知らないしな・・。


仲間割れがあったなんて、まったく想像だにしてなかったんだろうね・・。



つーか、どうやってあの棺桶にボラホーンの巨体を突っ込んだんだろうか?


3人の棺桶、ぜんぶ同じ大きさにしか見えんが・・。



バランが

「ボラホーンの死体はデカいッ! うまく入らんッ!?」

って四苦八苦してるとこを想像したら噴くんだけど。



(;´Д`) クロコダイン用のビッグ棺桶はあったな、ああいうのを用意してたのか?


(;´・ω・) バランはどこでそんなものを仕入れたのか??




・・ということで。


ラーハルト以外の2人が生き返ったとしても・・。



ガルダンディーはキレてそのまま去るか、復讐のために魔王軍入り。


ボラホーンも、ラーハルトに襲い掛かるオチにしかならないと思う。



ガルダンディーはディーノ様のために戦ってくれているヒュンケルとポップが憎くてたまらない。


ボラホーンも卑怯な手を使うことが露呈したし、そのまま魔王軍入りしかねない。




そうなってくると・・。


ガルダンディーもボラホーンも、ラーハルトにとっては障害でしかない。


つまり、以下のような展開になると思う。



ラーハルト
「バラン様の遺言を守ろう・・。ディーノ様の元へ行き、お助けするのだ!!」


ガルダンディー
「冗談じゃねえ・・。ルードを殺した魔法使いとあの剣士を、必ずぶっ殺してやる!!」


ラーハルト
「待て。あの2人は、バラン様とディーノ様のために戦っているはずだ」


ガルダンディー
「ぶつぶつ・・。ルード・・。なぜルードを生き返らせてくれなかった・・!!」 


ボラホーン
「グフフ・・。ラーハルト、よくもワシを殺してくれたな!!」


ラーハルト
「お前が卑怯な手を使うからだ! それでも誇り高き竜騎衆の一員か!?」


ボラホーン
「バカめ、戦場で誇りも何もあるものか! 貴様だけは許しておかんぞ!!」



ボラホーンが、いきなりコールドブレスを吐き出す!



ボラホーン
「鎧の魔槍が無い今、ワシのコールドブレスは防げまい!」

「凍ったところを、ボラホーンパンチで粉々にしてやるわ!!」


ガルダンディー
「ぶつぶつ・・。あいつらを殺すのを邪魔するんだったら、たとえバラン様の息子でも・・!!」


ラーハルト
(駄目だこいつら・・はやくなんとかしないと・・)

(もはや、ディーノ様にとっては災いでしかない。仕方あるまい・・)



ラーハルトは超スピードでコールドブレスから脱出!


そこらへんの木の枝とかを槍がわりに使って、ガルダンディーとボラホーンを始末・・!!




(;´Д`) こうなっちゃうんじゃないかな・・。




・・なんかなあ。


バランの脳内では、最後までガルダンディーとボラホーンは良い部下だったんだろうか・・?



(;´・ω・) 何故こんな連中をスカウトしたのか。冷静に考えると意味不明かもしれん。

☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆

ドラクエ漫画の金字塔!!
『ダイの大冒険』を読み直そう!!