ロン・ベルクが星皇剣を完成させるにはオリハルコンが必要なのかな?【ダイの大冒険】

ありえないけど、仮にオリハルコン製の「ダイの剣」「真魔剛竜剣」「覇者の剣」
これらで「星皇十字剣」を使った場合、ロンは全力を出しても腕が壊れないのかな?

今日は、ダイの大冒険ネタです。



(;´Д`) ロンベルクが理想の武器を作るには、一体どうしたらいいんだろ?って話。



魔界一の名工と呼ばれた、ロン・ベルクさん。


彼が鍛冶の道を志した理由は、

実は自分が全力を出せる武器を生み出すため・・でしたな。




(;´・ω・) ロンは魔界最強の剣技を極めていたが、威力に武器が付いて来られず、腕が破壊されて全治70年になったことがあるらしい。



そこで、傷が治った後は鍛冶の道に入り、最強の剣を作ろうと努力を始めた。



ダイの剣に入れあげたのも、

パワーに耐えられる武器が無かった過去の自分とダブらせていたから・・

ってことみたいですな。



ロンは試作品として、ザボエラの超魔ゾンビを倒した時の

「星皇剣」を造ってはいたけど。



これも未完成だったので、結局は再び全治70年の腕のケガを負うことになってしまった・・。




(;´Д`) 結局、劇中では完成品の「星皇剣」は出てこなかった。



(;´・ω・) 数十年後に、ノヴァが完成させてくれたのかな?





ちなみに・・。



この星皇剣って、


別に材料がオリハルコンじゃなくても良かったと思うんだよね。





ロンが超魔ゾンビを倒した後、


「こんなことなら、完成させときゃ良かった」


とは言っていたからね。





鎧の魔剣や鎧の魔槍に使われている金属でも、

丹念に仕上げれば、ロンのフルパワーに耐えられる武器が作れたのかもしれませんな。





ただ、劇中の最終回後なら、

オリハルコンを手に入れる手段もあるかもしれない。




(;´・ω・ `) ヒムに協力してもらえば・・。




ヒムはハドラー親衛騎団の魂によって命を手に入れ、

メタルスライムやはぐれメタル、メタルキングと同じ体質になっていた。



それ以前のオリハルコンの戦士たちは、身体の一部が切断されるとジジジ・・ドオンッ って爆発してたけど。



昇格後の銀髪ヒムの腕は、千切れても爆発せず、

ラーハルトが振り回して真ミストバーンにぶつけたりしていた。




さらに、回復呪文(ポップのベホマ)で腕が生えてくるなど、

他のキャラではグロくなりそうな演出もこなしてくれた。




(;´Д`) ということは・・。




最終回の後は、ヒムの腕を千切って使えば、


オリハルコンを量産できるのでは!?





クロコダイン
「おお、ロン・ベルクどの。デルムリン島に何の用ですかな?」



ロン・ベルク
「ヒム、お前の腕が一本欲しい」

「オレの最強剣のために・・!!」



ヒム
「消えろ」




(;´Д`) まあ、こうなるとは思うが・・。





魔界編が実現していれば、


ヒムに協力してもらってノヴァがオリハルコンの武器を作る展開・・



(;´・ω・) ・・には、ならなかっただろうな・・。

☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆

ドラクエ漫画の金字塔!!
『ダイの大冒険』を読み直そう!!