バーンへの「お前を倒して、この地上を去る」言うほど悲壮かな?【ダイの大冒険】

「勇者が大魔王に勝っても、いずれ人間達から疎んじられるだろう!」
やたら重い話だけど、救いは多分あるんだよね。


今日は、ダイの大冒険ネタです。



(;´Д`) ダイがバーンに対して放った、伝説の名セリフについての語り。



物語の最終盤、

主人公の勇者ダイと大魔王バーンの最終決戦において。




バーンは、ドラクエの魔王らしく、勇者を勧誘してきましたね。



「その強さは惜しい」


「余の部下にならんか」



・・と。




「人間は最低だぞ、ダイ」


「賭けてもいい、余に勝って帰っても、お前は必ず迫害される」


「奴らが泣いてすがるのは、自分が苦しい時だけだ」


「人間どもは、純粋な人間でない者に頂点に立って欲しいとは思わないのだ」


「そして、お前は英雄の座をすぐに追われるだろう」


「レオナ姫よ、そなたは「そんなことはない」とは言うが、それはダイに対して個人的好意を抱いているからに過ぎん」


「それでは、バランがソアラを失った時と変わりはしないんだ」




思えば、このバーンの言葉は、

作中の登場人物にも深いかかわりがあったと思う。




人間たちの為に命をかけて冥竜王ヴェルザーと戦い、世界を救ったにもかかわらず、

迫害されて妻を殺され、子供と生き別れになったバランは言うに及ばずだが。




実際のところ、


事態はバーン様の認識を超えて、遥かに悪いんだよね。





純粋の人間であるマトリフ師匠ですら、

アバンと共に魔王ハドラーを倒した後は、パプニカの人々から疎まれ、洞窟住まいをすることになってしまっていた。




同じ人間同士ですら、


頂点に立つことは許されて無いオチである。




(;´・ω・) ソアラ様が言っていた「みんな臆病なだけなんだ」が真理なんだろうな。



(;´Д`) マトリフがダイに親身になってたのって、この辺の理由もあるんだろうな・・。



そして、バーンは自身の「力がすべて」の信条を説き、ダイを勧誘するけど・・。




(;´・ω・ `) ダイの返事は、当然ながら 「いいえ」 だった。




でも、ダイはバーンの言葉を、ある程度は肯定していたんだよね。




「人間が・・そういうひどい事をするなんて、百も承知だ」


「お前の言う事も、ウソじゃないと思う」




ダイは穏やかに暮らしてるモンスター達がニセ勇者たちに傷つけられているのを見てきたし、先述のマトリフのエピソードも聞いている。


ベンガーナで街の人たちに恐れられて、

キルバーンに「キミが人間じゃないからだ」と言われたのもショックだったんだろうな。



それに、母ソアラが死んだ時のことを、

双竜紋によって何となくわかっているフシもあるんだよね。




(;´Д`) 父が人間に疎まれ、それを助けようとして母が死んだことは、理解している気がする。





「それでも、おれはみんなが・・。人間たちが好きだ」


「おれを育ててくれた、この地上の生き物すべてが好きなんだ」


「もし、お前の言う通りなら」


「地上の人々すべてがそれを望むなら・・。おれは・・」


「お前を倒して・・! この地上を去る・・!!!」





(´;ω;`) この覚悟は・・。




世界には、どうしようもない人間もいるけど。


それをひっくるめて、この地上の全ての生き物を愛している。


地上の破壊などさせない、守ってみせる。


そして、争いの火種とならないように、自分がこの地上を去っても構わない。




(;´Д`) ホントに13歳か、あんたは!?




しかし、これの真の泣きポイントは、

このセリフの後にレオナが泣いてるところだな。



「勝って、ダイ君」


「他の誰でもない」


「キミ自身のために・・!!」



(´;ω;`) 「いなくなるなんて言わないで、キミ自身の幸せを一緒に見つけよう」みたいな意味だよね?




ポップも、バーンとの再戦の前に


「ダイ、おれたちはずっと誰かのために戦ってきたよな」


「でも、これからは自分自身のために、この戦いを投げちゃいけないんだ」


って言っていた。




結局、最後にダイは


「大好きな人をかばって命をかけることが、おれの使命なんだ」


という結論になったわけだけど・・。




ダイがいくら

「迫害されるとしたら、地上を去るよ」

と言ったとしても。


「ふざけんなよ。私たちと、オレたちと一緒にいろよ!」

って言ってくれる仲間はたくさんいるんだもんね。





ポップも、レオナも、マァムも、ヒュンケルも、

仲間のみんなも、世界を旅してきた中で知り合った人々もいる。


彼らは、ラストで行方不明になったダイを一生懸命に探しているからね。




ダイが先の結論に至ったのって、やっぱり仲間たち、

特にポップの影響が強かったと思うんだよなあ。



「お前が竜の騎士だろうが、勇者だろうが、関係ないよ」


「お前がダイだから信じてるんだ」



(;´Д`) 大切にされた思い出があるから、「守り抜いて、去ってもいい」って結論になったんだよね。




でも、ダイが「さよなら」って言っても、

みんなは最終回のように一生懸命に探すんだよね、きっと。




ダイは去る覚悟すら決めてるんだが、

彼は予想以上に愛されてるので、

「去ります」にブチ切れて止めにくる奴はたくさんいるし、

いなくなったら絶対に探されることになる。





残念だけど、ダイ君。


君は一人で去る覚悟を決めてるのかもしれないけど、

そうは問屋が卸さない。


いなくなったら、みんな必死こいて君を探すんだよ。




・・そんな雰囲気。




(;´Д`) それが、「お前を倒して、この地上を去る」の一番泣けるところだったんじゃないかと思うんだよなあ。

☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆