猫の縄張り争いを初めて見た・・。(どうぶつ)

夜中に響き渡る奇声と戦闘音!猫同士のケンカ地獄!!

猫の縄張り争いを初めて見た・・。


深夜に外でうなり声がする。

窓を開けると、二匹の猫がこちらを見上げていた。



猫たちは「に、人間だあ~!!」とでも思ったのだろうか。

目をまんまるに見開いている。


(静かにしてくれよ。何時だと思ってんだよ)


そう思いつつ眠い目をこすり、再び目を開けると・・。



二匹の姿は消滅していた。


(あら? アイツらどこ行った?)


ほどなく、10メートルほど離れたあたりからうなり声がする。

丁度、木の陰に隠れて私の位置からは見えないあたりだ。



猫A「フッ、とんだ邪魔が入ったようだなッ!」

猫B「あっちでやろうぜ。愚かな人間が来ると面倒だからな!」 

猫A「いいだろうッ! そこがお前の死に場所だッ!!」

猫B「ほざけ! それはこっちのセリフだぜ!!」



人には聞こえないこんな会話があったのかどうかは知らない。 



(はぁ。人目に着かないところでケリを付けようというわけね)

そう思った瞬間。


「ブギャァ~~ッ!」

ものすごい叫び声がした。


戦闘が始まったようだ!!


「ニ゛ャア゛ア゛ア゛ア゛~ッ!!」

ドーン!! ドゴーン!!!


道路の向かい側にあるスチール製(?)の板塀に、猫が激突している音がする!!

しかし、こちらからは詳細が見えない!


どうやって吹っ飛んでるのか見当もつかず、不気味の一言!


(すげぇ・・。怖え・・!)

「ムギャァアアアア!!!」

まだケンカは続いているようだ。



(やべえな。どっちか死んじまうんじゃねえか・・)



そう思った瞬間、ピタリと声が止んだ。

激しい戦闘音も聞こえなくなった。



辺り一帯が、再び元の静寂に包まれていく・・。




(は? 終わったの?)

どうやら、勝敗決したようだ。


だが、二匹とも姿を見せなかった。

人間のいる方向には戻らない、ということだろうか。



ともかく、どちらかが勝ち、どちらかが負けた。

勝った方は近所をナワバリにし、負けた方は出ていくのか・・。 



翌朝、現場を見てみたが、別に猫の血痕も死体もなかった。

たいしたケガが無ければいいのだが・・。



ノラちゃんたちの世界も大変らしいね・・。