サーフィンで怪我した!フィンが足の甲にぶつかって骨折してんのかコレは??

ワイ中年、10歳の男の子にサーフボードぶつけられてシバかれるの図wwww

右足をやられた! ぶつけられて、腫れあがっちまったwwww
2020年、夏の某日。

サーフィンに行ったら、怪我をしちまったぜ。



湘南の初心者ポイント、鵠沼海岸はクソ込んでたからな。




(;´Д`) 安定の150人超え。




こういう人だらけの日はヤバいと思ったんだが。


銅像前で遊んでたら、横へ流れるカレント(離岸流)で引地川の河口へと流されていく!



戻りたかったので、ツレに「流されてるぞ。いっかい岸まで戻ろうぜ!」


「お、そうだな。銅像前まで歩いて戻るか!」




ツレ同士で、ただ直進で岸に戻るだけなので前乗りもクソもなく。


適当な波でテイクオフして、脚の付くとこまで戻ってきたんだが。



・・ここで怪我をしました。 

ボードから降りて、膝くらいの深さのところから歩いてたら。



次の波でスープライドしてきた10歳くらいのボーイに、後ろから突っ込まれて激突されたwww




ボーイはテイクオフができず、制御不能のまま腹ばいで滑ってきてたんだが。



(;´・ω・) ツレと会話してて、視界に入ってなかった。



接近に気が付いた時は、時すでにお寿司。


膝以下の深さだったから、完全に油断してたwwwww




ボーイのサーフボードが足のどこか(記憶が飛んでる)にぶつかるwwww


しかも、フィンが足の甲に刺さった(めり込んだだけだが)www




激痛と共に、駆け巡る思考。



「オレwwこの深さでww波打ち際で、怪我してんのwww?」


「10歳の子供に、イジメられてんじゃんwwww」



やけに自虐的なことを考えていたwww




「だっ 大丈夫ですか!?」


転んだボーイが、涙目になって近づいてくる。




基本的に、前乗りとか常軌を逸したルール違反のライディングじゃない限りは、乗ってない方が避けるのがマナーだと思うし。


心の底から悪気が無いボーイを責めることはできなかった。




「おう! 大丈夫だぜ! 元気だなあ!!」




にこやかに挨拶し、ボーイに背を向けた瞬間・・。


痛みで引きつる顔面wwww




「お前、本当に大丈夫なのか?」


ツレが心配している。




足を見ると、切り傷ができていたものの、それなりには歩けるし、ヒドイとは思えなかった。


アホなことに。


私は痛くなったり血を見ると、無意味にアドレナリンが出るタイプであった。




意味不明にも、やる気に火が付く結果になった。


「平気だよ。波がなくなってくるから、もう少しやって帰ろうぜ!」



それから1時間くらい、サーフィンを続けたわけだが・・。


普通にボードの上に乗れたし、アウトから乗って楽しんでいた。




(;´Д`) まだ、この段階ではそれほどひどくなかったのだ。




そして、満足して帰ろうと海から上がったら・・。


足の甲が腫れあがっていたwwwww




私
「なんじゃこりゃーーー!!」


ツレ
「うわっ、ヒデェ!!」




帰宅してから、痛みが増してくるしwwww


足の甲がムチムチに太って、おいしそうなソーセージみたいになってしまったwwwww




(;´・ω・) 怪我したら、病院に行きましょう。


(;´Д`) 応急処置についても語る!

応急処置として、たまたま持ってた打撲用のメンタームを塗りまくって帰宅した!

湿布と薬を塗ってグルグル巻きにして、回復を待つしかない・・。
足をやられた後、着替えた後に少しだけ応急処置をした。


海遊び用のカバンの中に、近江兄弟社メンタームが入っていたので、効能を見てみる。




「打撲傷」と書いてあったので、足の甲を中心として全体的に塗りまくった。


このメンタームが、意外と良かったかもしれない。


ひんやりして、痛みが軽減されたのだ。




そもそも、打撲の初期段階では、冷やし、テーピングで圧迫するといいらしい。


テーピングはなかったから、効果は怪しいけどタオルでグルグル巻きにしておいた。


そして、血流の関係で、心臓より高い位置に患部を持ってくるのが理想らしいので。


助手席でインパネの上に足を乗せて、効果があることを祈った。



(;´・ω・) クソ行儀悪い。




家に帰ったら、冷感シップを張り、冷却に努めたのだが・・。


次の朝になったら、内出血だらけになった上に、さらに腫れてるしwwww




(;´Д`) 靴が履けないくらいに、足が巨大化したwwww





まあ、応急処置をやらないよりは良かった、とは思いたいが。




数日は冷感湿布を張り、足の指にはメンターム。


腫れが引いてきたら、温感湿布に切り替えて血流を良くすることに努める予定。





一応は歩けるし、我慢できない痛みじゃないから、病院にはまだ行かないけど。


同じような怪我したら・・




行けるんなら、さっさと病院に行った方が良いと思う。


(;´・ω・) 骨に異常があったら、大変だからな。


(;´Д`) 骨が変なくっつき方したら、後遺症になるぞ!




そんで。


サーフィンは自分が気を付けてても、制御不能になった誰かやボードが突っ込んでくることがあるので。


気を付けるとともに、


車の中に、応急処置用の医療用品は用意しといたほうがよさそうですね・・。





フィンで切られた時のため、傷用の消毒液。


傷口を洗うために、新品の水だけ入ったペットボトル1本。


打撲・打ち身用のメンターム。


冷感湿布、テーピング、包帯、清潔なタオル。


etc・・。





(;´・ω・) 備えあれば憂いなし。


(;´Д`) 来週はサーフィンいけねえな。


(´;ω;`) どんくらいで治るかなー・・??


久々に御宿海岸でサーフィンしたわ。夜は星が綺麗だった・・。

月の砂漠が綺麗だから、御宿は好きよ。

8月の終わりに、御宿海岸へサーフィンしに行った。




写真は9時頃で、まだ波はあんまり無かったんだが。


10~11時になると、それなりに遊べるようになったので。




2時間くらいサーフィンして、昼前に帰った。





御宿は岩和田の方、月の砂漠が気持ちイイんだよな。


海岸は綺麗だし、青空快晴ならもっと気分がよくなるし。


海が綺麗なら、波待ちしてる時に魚影もみれる。




(;´・ω・) 魚を踏んだこともある。


(;´Д`) アカエイとか、いないだろうな・・。




海底の砂もきれい。


そんなわけで、ヒジョーにリラックスできるので。




一夏に3,4回は


「快晴青空+波がソコソコある時の御宿」


に行かないと落ち着かない!!!




(^ω^) という、お話です。

御宿で車中泊したんだが。深夜に天の川が見えた・・かもしれない。

サーフィンは、午前中にやって帰ったわけだが。


前の日の深夜から車中泊して、昼前に帰る予定だったからね。



(=_=) 横浜から、深夜の下道で2時間強程度です。



で、御宿に着いた後。


サーフィンの前に数時間仮眠することになった。




寝る前の夜中の2~3時くらい?


海岸で、夜空を見てたんだが。


横浜や東京のいつもの夜空ではありえないくらい、星がいっぱいあった。




(;´・ω・) 普通に、すばる7つ見えたしな。




夏にオリオン座が見えるとは、知らなかったよ。


「真夏に、冬の大三角形が見えるのかな?」


と思ったが・・。


シリウスだけは地平線の向こうに隠れてしまっていた。




つーか、プロキオンが馬鹿でかすぎ。


(;´Д`) こんな明るかったっけ?




北東の方向に見えるプロキオン。
スマホじゃ、こんな写真しか撮れなかったがwwww




そして、目が慣れてくると・・。



天頂にあるMの字のカシオペア座から、


ベテルギウスとプロキオンの間に向かって、

うっすらと白いもやが・・。




・・

・・


(;゚Д゚) もしかして、天の川か?




目の錯覚か?


千葉でも、天の川は見えるのかな???




夜に星空を楽しんだあと寝て・・。


快晴の青空の下、綺麗な月の砂漠の海で、そこそこの波でサーフィンをして昼に帰る。



(*´Д`) こんな贅沢はないねー。