キルバーンの正体がピロロっていつ気付いた?www【ダイの大冒険】

ヴェルザー「バーンを殺せ!」
思えば、最終回の前の段階でも、本体がピロロだっていう伏線はいくつかあったよね?


今日は、ダイの大冒険ネタです。



(;´Д`) キルバーンの正体が何だったのか、いつ気付いた?って話。



死神キルバーンは、

フレイザードが死んだあと、バラン編に差し掛かるあたりで初登場したけど。


彼はいつも仮面を被っており、最終回になって、ようやく正体が判明した。




ネタバレになるが、


あの死神キルバーンは実は人形で、操っている者が他にいた。



そう、いつも傍にいる一つ目ピエロ。


ピロロの方が、本当のキルバーンでしたね。




ピロロ=キルバーンは、実は冥竜王ヴェルザーの部下だった。


ヴェルザーは地上も征服したかったので、


地上を消滅させるというバーンの目的が達成されると困る。




そこで、以前にバーンとヴェルザーが結んだ停戦協定にのっとり、


「表向きは協力者」


だが、


「本当は隙を見つけて殺すための暗殺者」


こういう流れで、バーンの部下として送り込まれたんでしたな。



だが、キルバーンは最初の自己紹介から「バーンを殺せ」の暗号名を名乗っているし。



ヴェルザーも



「どうせ、こっちが何を考えてるのかはすぐバレるだろ」


「なら、酔狂なバーンが傍に置きたがるような面白キャラでいけよ」


「そうだな、最初から【お前を殺してやる】ネーミング、キルバーンって名乗るのはどう?ww」



こういうことは、ピロロと話し合ってはいたんだろうね。




ピロロ
「待ってください、キルバーンとか名乗ったら、その場で殺されたりしませんか!?」



ヴェルザー様
「大丈夫だって言ってんだろーが! 逆らうなら『しゃくねつほのお』で今すぐ燃やすぞ!!」



ピロロ
「わ、わかりました・・!!」



数百年後



ヴェルザー様(石像)
「バランにやられて石にされますた。キルバーンのヤツはまだバーンを倒せないのかなあ?」



ピロロ
「ヴェルザーは石になったらしいな。任務に失敗したらバーンに殺されそうだし、しばらく仕事休むかwww」




(;´Д`) こんな流れだったわけじゃないだろうな・・?



あるいは、ピロロが機転を利かせて、独断でそういうキャラづくりをしたのかもしれませんな。




このバーンとキルバーンの出会いの時に、


バーン様は「まさか、あやつの・・」と言っていた。




この段階では、ボツになった魔界編の構想が生きていたから、


ヴェルザーの名前が出なかったのかもしれない。




(;´Д`) あやつ=三条先生が密かに温めていたキャラ「魔界編の第三勢力のボス」だった説もありそうだ。




本当は、魔界には大魔王バーン、冥竜王ヴェルザー、


そしてもう1人、強いのがいる設定だったらしいからね。



(;´・ω・) ダイの大冒険の完結が決まったからこそ、キルバーンの主はヴェルザーになった・・と。




魔界編が続く予定なら、


ピロロは最終回で無事に逃走し、魔界編でキルバーン2号を操って出て来たりしたかも・・?



(;´Д`) その場合、こだわっていた魔法使いクン=ポップとの決着になったかな・・?

「ダメだ・・もう直らないっ・・!!」
これで気付いた人はソコソコいそう。
早い人なら、キルバーンがバランに胴切りされた時に気付いたかもしれない。

しかし・・。



キルバーンの正体はピロロだったけど。


早い人は、どこでそれに気が付いたのだろうか?




「小さい方が本体」という黄金パターンが当時あったのかどうかは知らないけど。


バランが真魔剛竜剣でキルバーン人形を真っ二つにした時、気付いた人はいそうだな。



ピロロが

「わっ! 大変だっ!!」



ってキルバーン人形に時の砂っぽいのをかけていたけど。


それでいきなりピクピク動き出して、身体を強引にくっつけるのって、非生物っぽいし。


「キルバーンはロボットか何かで、ピロロが操縦したりメンテしているのでは?」


って思った人もいると思う。



あとは、キルバーンの


「ボクの体内には、魔界のマグマと同じ成分が流れている」


ってセリフ。



(;´Д`) これを「それって、燃料なんじゃ・・?」って考えた人もいそうだね。




私が最初に違和感を感じたのは、

ピロロが双竜紋ダイVS老・大魔王バーンの戦いを覗きながら、

汗を掻いているところだったな。



(;´Д`) もう、ストーリー上では最終局面だったけど。




アバン先生がキルバーンと決闘中、


「どういう手段かは知らんが、外界の情報が手に入るようだな」


「今のお前は、明らかに勝負を焦っている」


ってセリフを言っていた。




ここでピロロが何もセリフを発しておらず、


汗を掻きながらも冷静にダイVSバーンの戦況を見守っている感があったので。



「ピロロって、実はただのピエロじゃない、意外と大物なのでは?」


みたいなことは感じていた。





この時は、実はキルバーン=ピロロって、


「バーンがダイに勝ったらマズい」


って思ってたんじゃないだろうか?




(;´Д`) 任務上、ダイが勝ってくれた方が嬉しいだろうし。




キルバーンをさっさと現実世界に戻して待機。


そして、ダイがバーンに勝てば良し。


だが、逆にバーンが勝って、


なおかつダメージを受けていたら、


キルバーンの仮面の下の黒のコアでバーンを殺そう。




そう考えていたんじゃないだろうか??


だから、アバン君が粘っているのを嫌がって「勝負を焦っている」感じになっていたとか。




(;´Д`) ここが、「バーンを殺せ!」のラストチャンスだっただろうしね。




その後、キルバーン人形はアバン先生にやられて、

ファントムレイザーを逆用されて首チョンパの刑となる。




ピロロは時の砂(?)を使うが、


「ダメだ・・。もう直らない・・っ」


との悲観的コメントを残してくれた。




「治る」じゃなくて「直る」だったのがミソですね。




(;´Д`) カンの良い読者は、ここで「ピロロが本体」と気付いたんだろうね。



(;´・ω・) こういうセリフを用意したってことは、原作の三条先生も「気付く読者はいるかな?」って楽しみにしていたんじゃないだろうか?




そして、最終回でキルバーンは正体を現し、


ピロロこそが真のキルバーンであることが発覚。


マァムさんの手で殺られてしまったのでした・・。





しかし、なんでキルバーンはみんなの前に姿を現したのだろうか・・。


どっか、1km先くらいで黒のコアを爆発させてれば、そこで大勝利だったのに。


(漫画の都合、ということは置いといて・・だ)




(;´・ω・ `) 人形キルバーンの性格がピロロの地なら、アバンに復讐の勝利宣言をしたかったのかもしれんね。



自己顕示欲のせいで死亡した・・とか? 




(^ω^) 人間みたいだよね・・ウククッ・・。

☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆

ドラクエ漫画の金字塔!!
『ダイの大冒険』を読み直そう!!