竜の騎士バランのカッコイイところと、泣ける名シーンを挙げてみよう!【ダイの大冒険】

竜騎将バラン!!
勇者ダイの父親の、最強に泣けるところとかっこいい点を考える!!!

今日も、ダイの大冒険ネタです。


(;´・ω・) ダイのお父さん、バランの話その2。



先日は、バランの年齢や境遇。


ソアラが死んだ後の11年間に何をしてたのか・・。


・・とかを考えてみたんだが。




ここでは、バランの最高にカッコ良かった点と、


泣けるポイントのベストシーンを勝手に挙げてみることにします!!



(^ω^) バランファンの私の話を聞いてくれ!!

バランの一番かっこいいシーンは、超魔生物ハドラー戦のラリホーマの直後のアレだと思う!!

まずは、バランの登場シーンからおさらいしてみましょう。




バランは、最初は魔王軍の超竜軍団長、つまり敵サイドのキャラでしたね。


そして、ダイがヒュンケルやフレイザードと戦った後、ついにバランは11年ぶりにダイと再会する。



(;´・ω・) だが、親子の戦いになってしまった。



バランは妻=ダイの母親のソアラを、人間に殺されていた。


当然、人間を強く憎むことになり、ヴェルザーを倒した後に滅ぼすべき対象を人間として、魔王軍入りしてしまう。



しかし。


クロコダインの人間を信じる態度。


「人間の心でダイに接してやってくれ!」というヒュンケルの説得。


メガンテで倒れながらも、生死を超えて戦ったポップの姿・・。



そして、彼らに支えられて記憶を取り戻し、


自分に打ち勝ったダイによって、改心することになったのでしたね。





最後の力でポップを蘇らせ、去っていくバランを見て、ヒュンケルいわく。



「バランは、人間の心を取り戻したのだ・・」


「だからこそ、自分の罪を清算するため、息子に討たれることを望んでいる!」



これが、テラン編後のバランの基本的な考えだったようだ。




それ以前のバランは、ソアラを殺した人間憎しで、リンガイアやカールなどの王国を滅ぼしていた。


彼の配下のドラゴンや竜騎衆も、ベンガーナを襲っていた。




正直なところ、カール出身のアバン先生やフローラ様。


リンガイア出身のノヴァ、バウスン将軍、へろへろ(実は出身がリンガイア)。


この辺りのキャラクターは、バランを許してくれるかどうかは怪しいと思う。




みんな優しいと思うから、バランの事情を知れば理解は示してくれるとは思うが・・。


バランに殺されたホルキンスとかは、フローラと仲良しだっただろうし、アバン先生も顔見知りだったかもしれない。


ノヴァにだって、仲が良かった人たちはいっぱいいたはずである。


そういう人々が、超竜軍団によって、たくさん死んでいる。



やはり、バランに同情して許してくれたとしても、複雑な思いを抱いたままになるだろう。




バラン自身も、息子と再会して改心した後


「私は多くの罪を犯した。もう、息子に討たれる以外に道は無い」


と思っていた。




だが、大魔王バーンからキルバーンを刺客として送り込まれ、考えが変わる。


今度は


「息子のために、大魔王バーンを倒す!」


「倒せなくても、後に続くダイが楽になる」


「そして、もし自分が大魔王に勝ったら・・」


「やっぱり、ダイに討たれて死にたい・・」



そういう考えになった。




何が言いたいかというと。



バランって、テランでダイ達と戦った後は、ずっと


「私は、死んだほうがいい」


って思ってたんだよね。




(;´Д`) ヒュンケルだけが、それを敏感に感じ取っていた。


(;´・ω・) ヒュンケルも一度は悪に走ったから、バランの罪悪感に気付いたんだろうね。




人間を強く愛したが故に、裏切られて深く傷つき、取り返しの付かない罪を犯した。


そして、大魔王に挑んで死ぬか、勇者である息子に討たれることを望んだのだが・・。




ヒュンケルがそれを邪魔した。


無刀陣からの流れで、バランはヒュンケルやラーハルトの
「バランに死んでほしくない」という思いに応えるため・・。


「捨て石になって大魔王と戦う」ことは止め、ダイと一緒に戦うことになった。



でも、やっぱりバランは死を覚悟していた。


「息子のためなら、死ねる」


そう思っていた。




「この身がどうなろうとも、ハドラーだけは私が始末してみせる」


「その後のバーンとの戦いは・・お前に任せよう!」


「必ず勝て・・! お前と、お前を信じる者のために・・!!」



この辺りのセリフからも、それが感じられるし。



ラリホーマの後の



「子供がどう願っても、親とは常にこうしてしまうものなのだ」


「お前も、大人になればいつかきっと判る・・」



ここで、命と引き換えに黒のコアを何とかしよう、

ダイをこれ以上絶対に傷つけない、という決意を固めたことだろう。




まあ、なんというか・・。




バランの最強にカッコイイ点って、




「人間の美しさと醜さの間で苦しみ、許されない罪を犯し、多くの人々を死なせてしまった」


「だが、最後は人の心を取り戻し、息子を守るために命を賭けて戦い、力尽きた・・」




そういう、やりきれない、切ないトコロだったと思うので。





「相変わらず、寝かしつけるのが下手だな・・」


ダイを休ませて優しい目をした、この直後。




超魔生物ハドラーに「ザン」って向き直る瞬間。


これが、バランの劇中で一番カッコイイシーンだったと思うんだけど、どうだろうか?



(;´・ω・) ギガブレイクよりもドルオーラよりも、あの「ザン」が一番かっこいいと思う。





ちなみに、その直後に竜魔人化して



「死ね! ハドラー・・!!」


「私も地獄まで付き合ってやる・・!!!」




って言ってたから、黒のコアの処理は命と引き換えにしかできないと思うんだけど。


ハドラーの身体をぶち抜いて、竜闘気で爆発を抑え込んだ後・・。


どうするつもりだったんだろうか?


仮にミストバーンが来て正体を現さなかったら、バランはどうしてたのか?



・・

これは、最終話のダイみたいに、空高く飛んで行って爆発させたのかもしれないな。




(;´・ω・) なんとなく、そう思う。


(;´Д`) 親子だから、同じことをしそうで・・。

バランのもっとも泣けるシーンは、やっぱり息子ダイに死を看取られる時の、最後のあの場面だと思う。

バランの一番かっこいいシーンの次は、もっとも泣けるシーンを考えてみる。



バランの泣けるシーンといえば、まず思いつくのは・・。


やはり、ソアラが死んでアルキード王国が消滅した時だろうね。



大泣きしながら


「人間が・・人間がこんなクズどもだと知っておれば・・!!」


「守ってやったりはしなかった・・!!!!」




今まで、命をかけて冥竜王ヴェルザーと戦ってきた。


戦いだけの人生だと思っていた。


「血塗られた戦鬼のような竜の騎士」と自覚していた。


でも、愛する人を見つけて、子供もできて、幸せになれると思った。



そして・・。


何がなんだかわからないうちに、全てを失ってしまった。



(;´・ω・) 妻を失い、子供とも生き別れになった。




・・このバランの過去にも泣けたんだが。


バランの一番に泣けるシーンは、やはり彼が死ぬところだったと思う。




瀕死のバランの手を取って、ダイが泣いているところ。



「おまえを育てたモンスター(ブラスじいちゃん)というのは・・」


「私などよりずっと正しい・・人の心を持っていたのだろうな・・」


「私の死などで泣くことはない・・」


「お前にとっては、その方が父だ・・」




・・

このセリフって、よーく考えるとさ。



「ダイを正しく成長させてくれた方こそ、ダイの父と呼ばれて当然」


「私には、ダイの父親を名乗る資格なんかないんだ」


そういう自虐的な意味合いがあったんだと思うんだけど。




あの状況でわざわざ


「お前の父親は、私じゃないんだ」

=

「誰がダイの父親なのか?」


みたいな話を始めたってことは・・。


裏を返すと。





やっぱり、バランは心の底からダイに


「お父さん!」って言ってほしかったんだろうな。


・・って思うんだよね。




「私はソアラを守れなかったし、行方不明になったダイも見つけてやれなかった」


「挙句の果てに、人間を憎んで多くの罪を犯した。人の心なんて無かったんだ・・」


「大魔王と戦って討ち死にするか、ダイに討たれて死ぬべき男だった。この結果は当然なんだ」


「そう・・。ダイを正しく育てた鬼面道士殿の方が、私なんかよりずっと立派だ・・」


「ダイの父親は、その方だ。私じゃない・・」


「でも・・。本当は・・私がお前の父親なんだよ!」


「『父さん』って呼んでくれよーー!!!」




(;´・ω・) この時のバランの心理状態って、実はこんな感じだったんじゃないのか?




横にいた人情味あふれる武人・クロコダインのおっさんも、その辺を察してくれたのだろう。


だからこそ、ダイに


「これが最後だ・・」


「大きな声で、父さんと呼んでやれ・・!!」


って言ってくれたんじゃないのかな?




だから・・。


バランというキャラクターで、一番泣けるのって。




死に際に


「泣くことはない。ブラスさんがお前の父親だよ」


って口では言いつつ・・。





たぶん、本音は違う。


「私だって、私が、お前の父さんなんだよ・・!!」


これが本音だった気がする、ってところだと思うんだけど。




(;´・ω・) どう思う?





・・まあ。


バランは「私には人の心が無かった」って言ってたけど。



ウ ソ つ け wwww


って感じだよね。




弱い人間たちの世界を守るために、冥竜王ヴェルザーと戦ってくれたし。


奥さんが殺されて、子供が行方不明になったら、泣いて怒り狂うのも当たり前だし。



(;´Д`) これが人の心でなきゃ、なんなのかな?



ヒュンケルいわく


「バランは、人間のもっとも美しい部分と醜い部分を同時に見てしまった」


「矛盾に耐え切れなかった。だから、人間すべてを目の前から消してしまいたかったんだ」


ということらしいが。




よくよく考えると、ダイの大冒険という作品の中で、


もっとも悩んで苦しんだキャラって、バランだったような気もする。



・・


(´;ω;`) 実はバランは、誰よりも人間臭い男だったのかもしれない。

☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆

ドラクエ漫画の金字塔!!
『ダイの大冒険』を読み直そう!!