ザボエラは年齢が890歳なのに、なんでダイが竜の騎士って見抜けなかったの?(ダイの大冒険)

バランとの会話からすると、ザボエラは竜の騎士についてろくに知らないし、ヴェルザーのことも知らない?

今日は、ダイの大冒険ネタです。


(;´Д`) 妖魔司教ザボエラ様の知識について語ろう。



フレイザード編が終わり、バラン編に移行する間の時期。


バランがカール王国を滅ぼし、ダイたちがベンガーナのデパートに行ってヒドラたちと戦ってた辺りの話。



バランがザボエラに「ダイってのは、どんなやつなの?」的な話をしていたが。


ザボエラは「額に紋章のようなものがでると、やたら強くなって・・」みたいなことを言う。


ここで、バランはダイが息子ディーノであることに気付き、ハドラー様の立場が危うくなるんでしたね。



・・だが、ここで疑問が出る。



ザボエラ様はバーン様の魔王軍に幹部待遇で迎えられるくらいの強者。


しかも、かなりの博識設定で、さらに年齢は890歳である。


(;´・ω・) どうして、ダイが竜の騎士だと見抜けなかったのか・・? と。



(;´Д`) 少しだけ、考えてみようか。

ザボエラの若い頃とかに竜の騎士が活躍してたことはあったけど、ザボエラは戦禍を逃れて隠れてたから詳細を知らない、って線が自然かな?

ザボエラは、キルバーンが出た後に


「竜の騎士とは・・!? まさか、あの・・!?」


って言ってはいたから、存在自体は知ってると思うんだけど。



ダイが紋章を拳に移動した直後のバランの話だと・・。


竜の騎士の歴史は、数千年に及ぶという。




すると、ザボエラ様は竜の騎士の歴史の間の1/3~1/5くらいの期間は生きてるはずだが。


竜の騎士の特徴は知らなかった、ということになる。




900年近く生きてて、知識も豊富、魔族の中でも地位はかなり高い。


それならザボエラ様は、竜の騎士が平和を脅かす者を粛正した時代に、何度も立ち会っていた・・


・・そう考えるのが、自然だと思うんだが。



実際のところ、ザボエラは

「ハドラー様が別格扱いされるバランとは一体・・」

ってコメントを出し、バランが竜の騎士であることや、冥竜王ヴェルザーを倒したことを知らない様子であった。



ハドラーは竜の騎士や紋章のことを知っていたが、それはバランがヴェルザーを倒したことを知ってたからかもしれない。


あるいは、魔王時代に「竜の騎士がオレを倒しに来るかもしれん」と警戒してたとか??



(;´Д`) ラーハルトの話からも、ヴェルザーがいなければ、ハドラーはバランに殺されてたっぽいな。



ザボエラ様の今までの900年近い人生において、竜の騎士が悪の粛正を行った時代が、何回かはあったのだろう。


でも、怖くて隠れてたので、紋章の謎についてはイマイチ知識が無かったとか??



ヴェルザーVSバラン時も、黒のコアとか使われてて怖いから、魔界の奥地に隠れてた?


だから、竜の騎士の実物を見たことが無くて、バランやダイの正体を見抜けなかったのかもしれない。



(;´・ω・) ザボエラ様、そういう時は陰でコソコソしてそうだしね。




しかし、竜の騎士ってどのくらいの頻度で現れてたんだろうな・・。




「100年に1回程度の割合で出現」なら、


もう少し具体的に伝説が伝わってそうな気もするんだよね・・。



100年に一度くらい出るとしたら、マトリフやブロキーナくらいの年齢なら、「じいちゃん、ばあちゃんから聞いたことがある・・」って語りだしそうなイメージである。



すると、イマイチ後世にうまく伝わってない、古文書などの文献に記録が残るのみ、という雰囲気だとすると・・。



「ドラゴンの騎士は、200~300年に一度あらわれる」


みたいな感じだったのだろうか??



竜の騎士が死んだら、マザードラゴンが紋章を回収して、いずれかの地に騎士を産み落とすらしいけど。


それなら、「常に世界のどこかにいる」ってことになるんだろうか??


そんで、魔王ハドラーや冥竜王ヴェルザーみたいなのが出てくると、どこからか現れて倒しに来るとか?



(;´Д`) 悪役からしたら、かなり怖いなコレ。



もしかしたら、「竜の騎士を子どもの内に殺せ!」みたいなこともあったかもしれないな。


(;´・ω・) ドラクエ4の勇者と、デスピサロ様みたいに。

☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆

ドラクエ漫画の金字塔!!
『ダイの大冒険』を読み直そう!!