アバン先生はなぜ生きてるの?復活して再登場した時どう思った?ww【ダイの大冒険】

アバンはメガンテを使っても生きていた。
当時の読者は、大勇者復活に何を思ったか振り返ってみよう!


今日は、ダイの大冒険ネタです。



(;´・ω・ `) 30年前の連載当時、アバン先生が復活した時の状況を思い出してみよう!!




アバン先生は、連載の序盤も序盤、


デルムリン島でダイに数日間の修業を付けた後。


アバンを倒すために襲来した魔王ハドラーにメガンテを仕掛け、命を落としてしまった・・。



・・

・・

と、思われていた。




だが、実際はカールの女王フローラ様からもらっていた「命の石」的なアイテム。


「カールのまもり」のおかげで、一命をとりとめていたのでしたね。



(;´・ω・) カールのまもりは、メガンテの身代わりになって砕け散ってくれたようだ。



だが、自爆呪文のダメージは吸収しきれず、アバン先生は傷ついて空に舞い上がり、

気が付いたらデルムリン島の近くの海に浮いていた。




(;´Д`) 本当は、アバン先生はダイとポップの旅立ちを見ていたのだ!




だが、そのまま名乗り出て一緒に行けば、

無限の可能性がある2人の成長の足を逆に引っ張る・・。


それに、かつて倒したハドラーに敗北した自分の無力さが、許せなかった。




そう思ったアバン先生は、ダイ達に声をかけず、


カールにある破邪の洞窟で修業をして、最終決戦のバーンパレスで合流。



ポップを救い、卑劣なキルバーンとの戦いを経て、


真・大魔王バーンにもアバンストラッシュを撃つ活躍を見せてくれた!



(;´Д`) コレが、アバン先生の復活の経緯でしたね!

だが・・。


コミックスで考えると、

アバン先生が離脱したのは、2巻だったよね。


そして、再登場したのが28巻。




(;´Д`) 連載期間の半分以上、「死んだことになっていた」わけですな。




ジャンプコミックスの28巻の三条センセのコメントによると、



「1994年の年末、ジャンプの最終号でアバン先生が復活した」



「夢か幻か、ザボエラが変身したのかetc、ファンは悶々としていたらしい」



そんな状態だったようだ。




(;´Д`) 集団幻覚説とか、ザボエラのモシャス説があったようだなあ。




たしかに、年末年始にジャンプが読めず、

続きがわからないなら、熱心なファンは




「あれは誰?」


「ガチでアバン先生なの?」


「偽物じゃないの??」



って気になりながら、1995年を迎えたのかもしれない。




(;´・ω・) そんな人も、いたんだろうね。




ちなみに、私の場合

当時どう思ったか、というと・・。




以前も書いたことがあるのだが。


「死神キルバーンの正体が、アバン先生」


だと思っていたwww





(;´・ω・ `) 小学生の時に、同級生に騙されたんだよ。



(;´Д`) 彼いわく「声優が同じ田中秀幸さんだから同一人物のはず」ということらしかったwww




ようは、デルムリン島でアバン先生はメガンテを仕掛けて生死をさまよっていたが、

大魔王バーンに回収されて操られてしまった。


正体バレしないために仮面をつけているが、

旧アニメの声優さんが同じ田中秀幸さんだから同一人物のハズ・・的な妄想である。




(;´・ω・) 私の小学校だけかと思ったら、ネットを見渡すと同じようなこと考えてた人もいたみたいだな。




だが、ストーリーが進んでも、いっこうにキルバーンの正体が判明しない。



アバンが正体を隠しているなら、


さすがに、ポップに対して


「ア・ン・サ・ツ だよ・・!!」


とか


「サヨナラの時だよ、ボウヤ・・!!」


とは言わないだろうし。



洗脳されているとした場合も、上記のようなセリフを言われると悲しいものがあるし・・。





連載中盤以降は、


もう同級生の言っていた

「キルバーン=アバン説」は半信半疑になってはいたのだが・・。




あのバーンパレスでのアバン復活劇。


ダイヤの9に破邪の秘法を放ち、颯爽と再登場した時。


アバン先生は、ポップのピンチに記憶を取り戻し、


バーンを裏切り(?)、キルバーンの衣装を捨てて参上したのでは・・!?





コレが、


アバンがポップとハドラーを助けて再登場した見開きページを見た時のアバン復活の推理と感想だったんだよねww




(;´Д`) 1994年の年末は、そういう謎の推理をブチかましていたのです!!


(´;ω;`) センスが無い、ひどすぎる!!!




でも、アバンが復活して見開きページで1コマだけ登場が描かれた

「ポップ・炎に死す・・!!!」

の回が終わった後。




次の話「復活!!!大勇者」で、



いきなり


キルバーンの驚愕した表情が入り、


ダイヤのナインのトラップカードが燃えて消えたwwww




(^ω^) ここで、キルバーン=アバン説が終了しましたwwww




酒のグラスを落として驚愕するキルバーンに対して・・。



「ああ、お前はアバン先生じゃなかったのねwww」


「うすうす解ってはいたが、やっぱそうだよなあwww」



と、まあ。


こんな風に。





あのアバン先生が復活したシーンでは、


生き返った理由や是非がどうのこうのよりも、



「アバンはキルバーンじゃなかったんだ」



って思った記憶があるんだよね。




(;´・ω・ `) 同じこと思った人は・・いるのか??




そもそも、

原作の三条先生はキルバーンが登場した時にアバンの復活を思いついたようだ。



「卑劣なキャラに対抗できるのは、アバンしかいない」



的なイメージで。




(´;ω;`) ハドラー君が必死でアバンを倒したのに、キルバーンが蘇生させたようなもんだな。




キルバーン
「師匠の方がムカつき加減は上だ。いたぶり殺してやるっ!!」



アバン
「お前のせいで、私が生きていることになったんですがねwww」



キルバーン
「・・・」




・・まあ、何もかも、みな懐かしいってことですな。



(;´Д`) 30年前だぜ、30年前!! 

☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆

ドラクエ漫画の金字塔!!
『ダイの大冒険』を読み直そう!!