ゴメちゃんの正体「神の涙」は竜の騎士と戦ったことがあるかもしれない【ダイの大冒険】

かわいいゴメちゃんにも泣ける過去がありそう。
大魔王バーン様いわく
「神の涙!これによって、何度も天地魔界のバランスは崩された!!」
=その度に竜の騎士が出動してたんじゃないのか??


今日は、ダイの大冒険ネタです。



(;´Д`) ダイ(が受け継いだ紋章)と、ゴメちゃん(の正体)は、数千年前に会ったことがあるのでは?って想像をしてみます。



ダイの幼少期からの友達だった、

ゴールデンメタルスライムの「ゴメちゃん」。



彼は、かわいいマスコットキャラと思いきや、

ダイとポップの旅立ちに付いてきて、幾度となく不思議な力を発揮してダイ達を救ってくれた。



そして、大魔王バーンとの最後の戦いで、ついにその正体が語られる・・!!




「これはスライムではない。神々が造った、生きたアイテム」


「魔界では、神の涙と呼ばれている」


「神々の力を内に秘め、手にした者の願いを叶え、奇跡を起こす・・!」


「これによって、天地魔界のバランスは幾度となく崩されたという!!」


「力なき者がこれを手にすることによって、突如大きな力を持つこともできるからだ!!」




そして、バーンによって握りつぶされてしまったが、

最後にダイの願いを叶え、地上のすべての人々の心を一つにしてくれた。



地上に残ったみんなも、戦況を知って黒のコアの凍結に奔走し、

マトリフ師匠や偽勇者一行の活躍もあって、地上は守られた。



(;´Д`) ゴメちゃんがいなかったら、バーンの目論見通り、地上は粉々にふっとんでいたのです。



ゴメちゃんが昇天し、黄金色に染まる空をみて、


ポップが

「やっぱり、おめえはおれたちの守り神だったんだな・・」

「あばよ・・ゴメ!!」



マァムたちも涙を流し、ダイも


「さよならは言わない。だから・・またね・・!!」


それが、ダイ達とゴメちゃんの別れとなった・・。




(;´・ω・) ここまでが、劇中で語られていたことであります。





じゃあ・・。


過去の神の涙って、どんな感じだったんだろう???




ゴメちゃんがいうところ、


「地上の力なき生物たちの苦しみを嘆いた神々が、地上に落としたひと粒の涙」


それが、願いを叶えてくれる神の涙だったわけだけど。



(;´・ω・) つまり、以前にも願いをかなえてもらっていた者はいるわけだ。



ゴメちゃんは


「神の涙に心があるのは、悪しき願いを叶えないようにするためなんだ」


と言っていた。



だが、バーン様は


「コイツによって、何度も天地魔界のバランスが崩されたという!」


「力の無い者が、とつぜん強い力を持ったんだ!!」


と語ってくれましたな。




この両者を両立させると、


「ゴメちゃんは良かれと思って手を貸したけど、力を貸した者はいい奴だったのに、狂って世界のバランスを崩してしまった」


そんな感じだったと思うんだが。




(;´Д`) いいやつにしか力を貸さないけど、そいつは世界のバランスを崩した、ってことだもんね。




つまり



神の涙は、世界を憂う誰かに「こいつは信頼できる、いい人だ」と思って手を貸す

→


その誰かはいいやつだったのに、過ぎた力を持ってしまったせいで狂い、天地魔界のバランスを崩してしまう



そういう話が、何度かあったっぽいんだよね。




すると・・。

世界を席巻した者がどうなるか、と言われたら・・。



「世界の調停者、竜の騎士に殺される」



この未来しかないんだが・・。




それなら、


竜の騎士以外で、平和のために頑張る誰かがいた

→

神の涙が、そいつに手を貸すけど、増長して頭がおかしくなる

→

天地魔界のバランスが崩れる

→

竜の騎士と戦い、敗れ去る


・・こんなエピソードがあったんじゃないだろうか?




(;´・ω・ `) 神の涙が天地魔界のバランスを崩したなら、それを正したのは誰だったの?って話になるんだよね。




勇者
「魔王(ハドラーみたいなの)が世界を脅かしている。みんなを救いたい」



神の涙
「力を貸すよ、一緒にがんばろう!!」



元勇者
「神の涙の協力もあって、魔王は倒した。でも、争いは消えない、私が世界を統治するんだ、フハハハ」



神の涙
「いいやつだったのに、魔王を倒した後は、魔王よりタチが悪くなってしまった」



竜の騎士
「(^ω^) 悪党を倒しに来ましたお♪」



元勇者
「竜の騎士か! お前が無能だから、いつまで経っても戦争がなくならないんだッ!!」



神の涙
「もうやめてくれえ!! 優しいお前に戻ってくれよお!!」



竜の騎士の仲間の女の子
「竜の騎士をかばって、私は死ぬ。元勇者を倒してくれ・・ぐふっ」


※バーン様やバランいわく、竜の騎士を慕って悲劇に見舞われた女性が歴史上たくさんいるらしい



神の涙が最後に叶えた願いは、元勇者ではなく、竜の騎士の仲間の願いだった・・。

回復した竜の騎士が竜魔人になり、元勇者を倒す。



神の涙(力を使い果たして消える)
「竜の騎士よ・・。こいつも、元々はいいやつだったんだ・・」



竜の騎士
「・・」



※ゴメちゃんいわく、神の涙は生まれ変わる時に記憶を引き継げないので、同じようなことを繰り返し、何度も天地魔界のバランスを崩してしまう




~数千年が経過~



バーン様(現在)
「神の涙によって、幾度も天地魔界のバランスが崩されたという!!」

「余も詳しくは知らん、上記は余が生まれる前の話なんやで、数千年以上も昔のことだ」




(;´Д`) こんな展開が、何度かはあったんじゃないだろうか?




そうすると、実は・・。



神の涙は前世(?)の記憶がなくなるけど、

ゴメちゃんは、バーン様が生まれる前レベルの太古に、竜の騎士と縁があったのかもしれない。



それなら、ダイの中の竜の騎士の「闘いの遺伝子」は、

神の涙が発揮した力を、おそらく覚えているんじゃないだろうか・・。



(;´Д`) 以上、ダイの先祖(?)とゴメちゃんの前世は、なんかしら因縁があるんじゃないか説、でした・・。





前述したように、

神の涙は、悪しき願いを叶えぬよう、良い心を持っているけど、力を使い果たして再生する時、記憶を引き継ぐことはできない。


そして、幾度となく天地魔界のバランスを崩してきた。




(´;ω;`) ゴメちゃんは、「力無き者たちのために、良いことをしよう」として、何度も失敗して悲しい思いをしてきたのではないだろうか・・。


☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆

ドラクエ漫画の金字塔!!
『ダイの大冒険』を読み直そう!!