大魔王バーンと竜の騎士バラン。この2人の関係って、設定が変わっていったっぽいよね?【ダイの大冒険】

最初は、バランはバーンに忠誠を誓ってる感じだったが。
後に対等な相手に修正された気がする。

今日は、ダイの大冒険ネタです。



(;´Д`) バランとバーンの関係の変遷についての考察。



魔王軍のトップは、言わずと知れた大魔王バーン様。


彼は、普通に大悪党である。



バランは悪を制裁する竜の騎士であるから、いずれバーン様とも戦ってもおかしくなかった気がするんだが。


人間に妻のソアラを殺され、息子のダイも行方不明になってしまった。



そこで、バーンから

「まずは人間を滅ぼすべき」

と言われ、魔王軍に入ったのでしたね。



バーンがどうやってバランを説得したのか、というと・・。


バランを暗殺しに来て、逆にやられたキルバーンに対してのバランの説明が、以下である。




「私を殺すだと・・? それは大魔王バーンの意志なのか?」


「かつて、彼(バーン)は私に約束した」


「人間はこの地上を汚す生物だ。人間を滅ぼし、この地上に理想郷を築いてみせると」


「それまでは自分に敵対するのを止め、協力してほしいとな・・!!」


「だからこそ、あえて私はハドラーの部下となり、前線に赴いたのだ」


「・・あの約束は、嘘だったのか・・?」




(;´・ω・) この雰囲気だと、2人は対等な感じがする。



でも、最初の頃のバランさんは、



「これでしばらくは、魔軍司令どのの地位も安泰か」


「バーン様は世界の平和の為に人間を滅ぼそうとしている。悪いのは人間だ!」


「ディーノを超竜軍団に引き入れれば、魔王軍での覇権も確固たるものとなろう!」



このように、魔王軍内での出世を狙ってたり、バーンに様付けして忠誠を誓ってる感もあったんだよね。




(;´・ω・) だんだん、バランの設定も変わっていったらしいな。


(;´Д`) 何度か連載延長されてるらしいから、その影響か?



しかし、別に異常に矛盾してたり、ってわけでもないんだよね。


バランが魔王軍での出世を望んだのは、単に動きやすくしたい、ってことかもしれないし。


バーンを一時は「様」付けしてたのは、彼の語る「理想郷」に割と共感して敬意を示してたのかもしれんし。




(;´Д`) 地上を吹っ飛ばす気だったから、「理想郷」は真っ赤な嘘だったんだけどね。


(;´・ω・) あれ? キルバーンがバーンの目的をゲロったのは、バランとバーンを戦わせるためか??




そんで、バーンが「敵対するのは止めてくれ」って言ったってことは・・。


バランって、実はヴェルザーの後はバーンを倒そうとしていたのかもしれないな。




バラン
「ソアラは死に、ディーノもおそらく・・」


「もう何もやる気ない。けど使命は果たそう、次の悪を滅ぼすとするか」


「大魔王バーン? ああ、ヴェルザーのライバルね。竜魔人になればなんとかなるかな」




バーン
(戦いの遺伝子があるから、万が一があるし。なんとかコイツ味方にできんかな)


「ねえ、バラン。人間ってクソだよね。滅ぼして理想郷を作るから、協力してくれない?」




バラン
「そうだな、あんたの言う通り。人間はクズどもだな」


(あれ? この大魔王バーンって、意外と話わかるヤツなのかな?)


「協力してやるけど、あんたの言う理想郷がクソだったら、次はテメーをぶっ潰すから」




バーン
「おk、同盟成立だな、歓迎するよ」


(理想郷ってのは、力が正義の世界よww 地上をブッ飛ばすまで騙せればおkww)




・・こんな感じだったとか?


つまり、手を組んだ当初のバランとバーンは、お互いが利用し合う雰囲気だったんだろうな。



まあ、そんなわけで。


バーンはバランに「敵対するのをやめてほしい」と頼んだことから。




もし、アルキードの人々が良い人達ばかりで、


ソアラが死んでおらず、ダイも行方不明になってなかったら・・。


いずれバランは2人をアルキード城に残して、大魔王バーン打倒の旅に出たんだろうね。




でも、バランは竜魔人になってもバーン様には勝てなさそうだから・・。



(;´・ω・) どっちみち、ダイが後を引き継ぐ形で、バーンと戦うことになったんだろうな。



アバンやポップと違う出会い方をして、一緒に魔王軍に挑むディーノ王子。



(;´Д`) ・・意外と面白いストーリーになったかもなあ。

☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆

ドラクエ漫画の金字塔!!
『ダイの大冒険』を読み直そう!!