バランはなぜ黒のコアについて詳しかったのか考えてみようか。【ダイの大冒険】

バランは冥竜王ヴェルザーに黒の核晶を使われたけど。
材質とかにやたら詳しかったが、誰が教えてくれたんだろうな?


今日は、ダイの大冒険ネタです。



(;´Д`) 13年前の魔界における死闘の話。



本編の現在、ダイ達の時代だと・・。


「黒のコア」の出番は次の3つでしたな。




①
バーンによってハドラーの体内に埋め込まれており、爆発してバランの命を奪う結果となった。



②
ヴェルザーからの刺客、キルバーン(人形)の顔面に装着され、最終回でダイが行方不明になる原因になった。



③
大魔王バーン様が、地上破滅計画の為にデカいコアを6つ用意していたが、未遂に終わった。




しかし、回想シーンではもう一つ出てくるんだよね。



ダイが生まれる前。


「13年前のバランVS冥竜王ヴェルザーの戦いで使われた」


という話がある。




そのせいか何なのか知らんが、バランは黒のコアについて詳しいみたいだった。


誰が黒のコアの特性を教えてくれたのか、それとも他の理由で知ったのか?



なんか、当時の状況を想像すると面白そうである。



(;´Д`) バランVSヴェルザーの直前について、色々と考えてみることにしましょうか。

13年前の「バラン編」では、バランに仲間がいたり、ヴェルザー配下の魔物がコアの詳細を語ってくれたのかも?

まず、ヴェルザーは魔界のとある大陸で、バランを倒すために黒のコアを使ったらしい。



その結果が、バランいわく



「大陸ごと、すべて吹っ飛んだ!!」


「私を倒そうとするあまり、ヤツの勢力圏すら失ってしまった・・!!」



ってことなんだが。




それなら、ヴェルザー様ってその場所にはいなかったっぽいよね。


(;´Д`) だまし討ちするなら、自分は安全地帯に隠れるに決まってる。



「私に倒されるまで、ヴェルザーは二度とコアを使わなかった」



ということは、バランVSヴェルザーの決着が付いたのは、しばらく後だったっぽいし。




バランVSヴェルザーの大筋は、


次みたいな流れだったんじゃないのかな??




①
竜の騎士バランは、冥竜王ヴェルザーを倒すために魔界へと向かう。



②
バランがヴェルザーの勢力圏に突入し、ヴェルザー軍団の幹部を倒す。


(幹部がドラゴン族だったとしたら、ヴェルザー一家の誰かだと思う)


(知恵がある竜はヴェルザーが最後らしいから、他のドラゴン系だと統治とか多分できない)



③
別種族の幹部or身内が何人か倒された後、ヴェルザー様はバランがヤバ過ぎると認識。


(もしかしたら、バランとヴェルザーは何度か戦っているのかもしれない)


やがて「黒のコア」を使って倒そうと決意するが、

勢力圏の大陸を失ったのに、爆殺失敗。



④
やや時を置き、ついに竜の騎士バランと冥竜王ヴェルザーの最後の対決。


ラーハルトが語る通り、バランはヴェルザーの一族を死闘の末に全滅させる。


だが、瀕死の重傷を負ってしまい、ソアラと出会って助けられた。




(;´・ω・) ・・こんな流れか??




③の時に、


ヴェルザーはだまし討ちか何かでバランに黒のコアを使ったんだと思うが。


自分は安全な別の大陸にいて、一族の誰かとか適当な幹部を捨て駒に使い、


バランがノコノコ現れてソイツと戦っている最中、黒のコアを爆発させた・・。


って感じだったんじゃないだろうか??




(;´Д`) そして、その時の悪役みたいなのが、詳しくコアのことを解説してくれたのかもしれないな。





ヴェルザーの部下
「これは黒のコアという。黒魔晶が材料で云々(解説)、竜の騎士よ、私と一緒にふっとべぇ!!」


ドオオオオオオン


バラン
「何とか生き残ったが、黒のコアか・・恐るべき爆弾だ!!」





・・みたいな流れか??



この時の黒のコアの威力って、どのくらいだったのかな?


魔界の大陸ごと吹っ飛んだんだから、

死の大地を消滅させたハドラーのコア(バランが抑えてもあの被害)と前後するレベルだったと思う。



じゃあ、なんでバランはそれを耐えられたのだろうか・・?


回想シーンによると、バランの前方20メートルくらいで爆発したような気がするけど。



(;´Д`) 竜魔人ではなく、通常状態のバランをも倒せなかった??



何とか耐えて大ダメージを負った、ってのが普通の考えだけど。


その後ヴェルザー退治の旅を続行できるレベルのダメージだったなら、あそこまでハドラーの体内のコアに怯えるのは、あり得ないんじゃないだろうか?



「バランへのダメージを軽減させた何か」があったのでは?



もしかしたら、当時のバランにも、協力者みたいな仲間がいたとか?



バランがダイを守って命を落としたように、


誰かが前方に割り込んで闘気を使って軽減させ、


大陸は吹っ飛んだものの、バランのいる方向にだけは衝撃が少なかった・・みたいな。



(;´・ω・) だからこそ、死の大地で竜闘気を使って抑え込む作戦をすぐ思いついた・・的な。





うーむ・・。


13年前のバラン編って、けっこう読んでみたい気がするんだけどなあ。



こうやって考えていくと、バランとヴェルザーは何度か戦っているっぽいし、


ヴェルザーの部下でも面白いキャラがいたような気がする。


バランが黒のコアの詳細を知ってたのって、敵からの情報だった可能性もあるしね。


もしかしたら、バランにも竜騎衆みたいな仲間がいて、死んでしまっているのかもしれんし。


ヴェルザーを石にして封印した天界の精霊たちも、どういう形で協力してくれていたのかが気になるが・・。



・・

・・


あれ?


バランさんが消し飛ばしたアルキード王国のあった半島も、けっこう大きかったよね。



黒のコアなんかなくても、

バランさんがやる気出したら、大陸ごと吹っ飛びそうなんですけど・・。




(;´Д`) 黒のコアより、バランの方が怖いってのは禁句ですか?

☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆

ドラクエ漫画の金字塔!!
『ダイの大冒険』を読み直そう!!