ウルトラセブンのビームランプが最終回で点滅していないのはなんでなの?

エネルギー切れになったら、ビームランプが鳴るハズなのに。
なんで最終回前編と後編では鳴ってないの?ww


今日は、ウルトラセブンネタです。



(;´Д`) 感動の最終回、「史上最大の侵略」についての小ネタ。



ウルトラセブンことモロボシダンは、

地球を守るために数々の死闘を乗り越え、最終回では病気になっていた。



そして、満身創痍の状態で改造パンドンを倒し、

M78星雲こと光の国に帰っていったのだが・・。



ラストバトルについて、少し疑問に思ったことがある。

そう・・。




(;´・ω・) なんで、ビームランプが点滅してないのか?




セブンは、中盤におけるガンダーとポール星人の凍結攻撃によって、

エネルギーの絶対量を大幅に減らし、それ以降は闘いの最中にビームランプが点滅するようになっていた。



(;´Д`) 序盤のナース戦では、意識が薄れた時に一時消えたりもしていたが・・。



つまり、物語の中盤以降は、

セブンも初代マンやジャック達のカラータイマーが鳴るのと同じように、ビームランプが点滅するはずなんだが。




(;´・ω・) 死にかけていた最終回前編+後編では、ビームランプは1回も鳴らなかった。




なぜだろう?


セブン上司が


「これ以上、エネルギーを消費してはいかん!!」


ってキツく言ってたから、セブンのエネルギーは切れかかっていたと思うんだが。




もしかして、エネルギー量的にはギリギリ大丈夫だったけど、身体が付いてこなかっただけ、とか?



「前編のパンドン戦では、エネルギーは何とかあったけど、エメリウム光線を出す機能が壊れていた」



「後編の改造パンドン戦でも、敵がクソ弱かったので、身体はろくに動かなかったけどエネルギーは減ってなかった」



(;´・ω・) そういう事情があるなら、パンドンが弱いということになってしまうが・・。




あるいは・・。



セブンが不調になっている時、

ビームランプを鳴らす機能も、

すでにバグっていたとか?



本当は激しく点滅しているはずだったのに、何かが壊れていて、

「正常」表示のままだったとか。




(;´Д`) これだと、メチャクチャ怖い気がする。




「本当なら、危険な状態なので鳴っているはずだった」


「だが、何らかの理由で、正常表示のままだった」




エースとかタロウで例えたら、


「カラータイマーが青なのに、その表示は信頼できず、いきなり倒れて死亡しかねない」


そんな恐ろしい状態だったのかもしれない。




(;´・ω・ `) 最終回セブンのビームランプは、バグってたの? 怖ぇな。




個人的には、改造パンドン戦では点滅していてほしかったんだよなあ。


それも、アマギを救出した直後。




「改造パンドンに飛び掛かった戦闘開始時点から、もう既に激しく点滅している」



「アイスラッガーで倒した後、飛び立つ前に名残惜しそうに大地を見渡した時、やはり激しく点滅している」




ベタだが、こういう演出だったらメチャクチャかっこよかったのでは、と思っていた。




(;´Д`) 賛同してくれる人、いないかなー?

☆↓ウルトラセブン語りです!

☆↓他のウルトラシリーズネタ!