ジルオールが名作すぎるから、インフィニットプラスをやろう!その02「仲間を増やす郵便屋」(PSP)

闇に閉ざされし塔でスタート!ベルゼーヴァに助けられて、イーシャが仲間になりました!!

画像出典 : KOEI ジルオール インフィニットプラス
前回は、ジルオールの面白さについて語ったりした。


そして、無性に最初からやりたくなってきたので。

PSPでニューゲーム、という流れになってしまいました!!



開始地点は、「闇に閉ざされし塔」!!



(;´・ω・) このオープニング、PS2までは無かったんだっけ。



・・

無限のソウルを持つ主人公は、なぜか魔道の塔で目覚めた・・。

しかし、いきなり野犬3匹に食われそうになる!



ここで登場したのが玉葱宰相こと、ベルゼーヴァ!!

彼と一緒に野犬三人衆を撃退した。



そして、主人公は記憶を失っていることが明らかになった。


ベルゼーヴァの髪型に対して何の反応も無いのは、自身の状況のことで頭がいっぱいだからだろうか?


ベルゼーヴァはダンジョンの外まで連れて行ってくれて・・。

別れ際に顔を背けながら言う。



「ギルドで依頼を受けてメシを食え。じゃあまたな」

要するに「働け!」と言って去っていったのである。



ニート扱いされ、実際に無職な主人公は、ハロワ冒険者ギルドに向かった。

そこでドスケベなミニスカートの女冒険者・イーシャと出会ってパーティを組み、初めての依頼を受けて賢者の森へ。



猫屋敷ではネモに「おまえ、臭ぇ!」と罵倒された。

オルファウスからは「自由な旅を!」と激励される。



ここまでの流れ。


主人公
「僕は誰なんだろう。何も思い出せないよ・・」


ベルゼーヴァ
「無職発見! ギルドで働くんだ!!」


イーシャ
「私と組もう。依頼はコレ、貴様に断る権利は無い」


ネモ
「ニートの体臭ひどすぎクソワラタwww」



(;´Д`) この主人公は、すごく可哀想なヤツかもしれない。



そして、ギルド所属の郵便屋さんと化す。

ソウルポイント稼ぎ、大陸を巡るお決まりの序盤ルートに入っていくのだった・・。



(;´・ω・) 配達してるだけで超有名になる。



まあ、2週目だからソウルポイントは200以上あったんだけどね。

いきなり、ネガヴァニティアです。


1週目は、普通はルナシャドウ目指すんだよね。

複数回行動と、エンシャントの宝箱開けのためにな!



・・だが。

たしか、依頼はちゃんとこなして名声を上げていかないと、色々なイベントが起きないんだよな。



特にセラとティラの娘の関連なんかは注意が必要だ。

名声が上がらないと、いつまで経っても起きなかったし。



2週目だからって「郵便配達をサボってはいけない」という話でした!

郵便屋になった主人公。困った人は放ってはおけないタイプだったようです。

大陸中を巡りながら、ソウルを鍛えつつ、知り合いを増やしていく無限のソウル!!


しかし、まあ。

通常プレイじゃ、つまらんという部分もある。


だからナッジ、レムオン、エステルなんかの選択肢は冷たく行こうか?

・・とも思ったが。



でも、他のキャラのイベントやエンディングに影響するかもしれない。

困ってそうな人は、助けてあげるタイプの主人公になっていく始末。



(;´Д`) 八方美人化。



つーか、デルガドが強ぇんだけど。

こんなに初心者救済用のキャラだっけ?


そんで。

いつまでもフェティが出ないと思ったら、デルガドがいるからだったwww


「ドワーフとエルフは仲が悪い」


っていう、指輪物語とかの設定を参考にしたのか?

芸が細かすぎるんだけどww



そして、今度は「アンタを一生コキつかってやる!!」と言われるし。


主人公くんの「自由?な旅」は次回に続く・・。


伝説の名作!!ジルオールをやろう!!!!!