ジルオールが名作すぎるから、インフィニットプラスをやろう!その01「自由な旅を!」(PSP)

いつの間にか、初代PSのジルオールの発売から20年も経っとるな。久しぶりに自由な旅をします。

画像出典 : KOEI ジルオール インフィニットプラス
いつの間にか、ジルオールが発売から20周年を迎えていたようですね。


あの伝説の名作の発売から、もう20年が経っていたとは・・!!


このジルオールというゲーム。

私が10代の頃に、非常にお気に入りの作品でした!!



PSの初代無印ジルオールの発売は、1999年の最後の最後。



この時期って・・。

まだ一本道のルートのRPGが多かった時代だったんだよね。



(;´Д`) 何もかも、みな懐かしい。



そんな中で、いろいろとシナリオが分岐していく面白さ!


ダルいサブイベントや、お遣いイベントともまた違う、ギルドの依頼。

それぞれの街のギルドで探索や退治の依頼を受けて、それがやってもやらなくても良くて。



「ギルドで仕事が無限に湧いてくる」ってのが妙に面白かった。

当時、こういうクエストが大量にあるゲームは貴重だったんよ。



「シナリオの大筋や、結論としてのラスボスは用意している」

「だから、好き勝手に遊べや!」



って、ゲームはね。



ロマサガとかとも、また少し雰囲気が違うんだなあ。

だからいまだに「ジルオールみたいなゲームない?」って言われるとかなんとか。



世界観はオーソドックスなファンタジー世界。

人間がいて、エルフがいて、ドワーフがいて。

その他、ゲーム特有の固有の少数種族が存在してと。



末弥純さんのキャラデザによる、たくさんの種族のイケメンとカワイイキャラの連発。

(アイリーンとシェスターは、無印のグラの方が実は好き)



そして、そいつらが死にまくる。

放っておけば、登場人物たちが情け容赦なく死んでいく!




「コイツは後で仲間になりそうだな!」

→

「あれ?死んだ・・」




「仲間になったぞ。コイツは後でまた鍛えよう!」

→

「あれ、死んだ・・」




攻略情報なしだと。

こーいう展開が、とにかく繰り返される。



特に、私がプレイした際、アンギルダンは95%は死んでる。

最後まで生き残ってたことは、たぶん2回くらいしかない!!



しかも、「仲間になるんか?エンディングあるんか??」

って思わせるのに、助けられないキャラもいた。


火の巫女フレアなんか、PSの初代ジルオールでは確実に死ぬ。


・・と、ここまで書いてきたので。




無性にジルオールがやりたくなってきた。

そこで。


PSPのジルオール、インフィニットプラスを久しぶりにやることにする。

「闇に閉ざされた塔」スタートで、どう進むかは気分でww
画像出典 : KOEI ジルオール インフィニットプラス
目覚めた主人公くん・男。


さて。

彼にはどんな徒労運命が待ち受けているのでしょうか!?


(;´Д`) つづく・・!!


伝説の名作!!ジルオールをやろうぜ!!!!!