スラムダンクのアニメOPED主題歌名曲ランキング1位は「世界が終わるまでは」か「煌めく瞬間に捕らわれて」かな?

「君が好きだと叫びたい」とかも名曲だったよね。
でも、作品に一番合っていて泣けるのは「煌めく瞬間に捕われて」だったと思う。


今日は、スラムダンクネタです。



(;´・ω・ `) アニメ版のスラムダンクの主題歌の中で、一番の名曲って何かな?って話。



思えば、スラムダンクのアニメのオープニングとエンディングは名曲ぞろいだったが。


あなたは、どの曲が一番好きだっただろうか?




オープニングが次の2曲。


「君が好きだと叫びたい」

「ぜったいに 誰も」



エンディングテーマが、次の4つ。


「あなただけ見つめてる」

「世界が終るまでは…」

「煌めく瞬間に捕われて」

「マイ フレンド」



(;´・ω・ `) この6つですな。



良曲ばかりだし、

テーマソング集のサントラを買って良く聞いていたものだが。



私が学生時代にスラムダンクの話をしている時は、



同級生
「『世界が終わるまでは』って名曲だよなー」



みたいな話になることが度々あった。


世間一般では、WANDSのアレが一番人気があった気がする。




(;´Д`) あなたは、ドレが一番お気に入りでしたかな?




私は、意外にも「煌めく時に捕らわれて」だな。




実は、この曲は30話近くエンディングを務めたので、


もっとも放送回数が多いエンディングである。



そして、6曲の中で、唯一ミリオン達成できなかった曲でもある。



なぜ、この曲がスラムダンクのベストソングと思うかというと・・。




(;´Д`) 作品にもっとも似合っていたのは、この曲だったと思うからです。




「煌めく瞬間に捕らわれて」は、

アニメの海南戦~陵南戦の途中までのエンディングに使われていた。



ご存じの通り、


海南戦は、湘北が神奈川県ナンバーワンの高校に敗ける話。


いわゆる「負けバトル」の展開だったけど。



これに、「煌めく瞬間に捕らわれて」の歌詞が異常にマッチしてた気がするんだよね。




赤木
「海南に勝って全国へ行くことを夢見ていた」


「一年の時から、ずっとだ」


「試合後に動けなくなってもかまわん!!」


「やっと掴んだチャンスなんだ・・!!」




安西先生
「精神が肉体を超え始めたか・・!?」


「なんとか、勝たせてあげたい・・。なんとか・・」




桜木
「打倒、海南!!!」


「ゴリは必ず戻ってくるぜ! ゴリの穴はオレが埋める!」


「オレに今できることをやるよ! ・・やってやる!!」


「ウホホホホーッ!! ゴール下のキングコング・弟!!」





普段は赤木とケンカばかりしてたけど、


3年間がんばってきた赤木の試合にかける思いを知り、


ケガをした赤木のために闘う桜木の姿は泣けるし。




試合終了した後、痛恨のパスミスで号泣した桜木に対して、


海南に負けて一番泣きたかったであろう赤木が




「決勝リーグはまだ続く、始まったばかりだ」


「これで終わったわけじゃねえ・・」


「泣くな」

この赤木と桜木が、何とも言えず泣けるんだよね。


(´;ω;`) この時の桜木って、赤木を勝たせたかったんだよなあ。




後日、坊主頭になる直前の桜木と流川が体育館で



流川
「負けたのはオレのせいだ」

「オレのスタミナが残ってさえいれば、昨日は勝っていたはずだ・・!」


桜木
「オレのせいだ!!」


流川
「イヤ、オレだ」



こう言い合って殴り合うのも、なんか好きだった。


体力を失って交代を余儀なくされた流川も、本当に悔しかったんだよね。



この時の流川が桜木に

「主将も監督も、お前には、これっぽっちくらいしか期待してなかったんだぞ」

みたいに言ってたのは、八つ当たり、桜木への甘えみたいな側面もあったと思う。




(;´・ω・ `) 期待してない、だと・・?



(;´Д`) 海南戦のラストでベンチから桜木に「ぶちかませぇっ!!」って絶叫したのは、どこの誰でしたっけ?ww




この体育館のシーンの流川は、


「お前の実力は、"まだ"そんなもんだ!」


とも言っていたし。



意外と


「どあほう、お前はまだまだ伸びるよな?」


って思いはあった気がするんだよね。




(;´・ω・ `) 実は仲良しだろ、コイツら・・。




で、その頃のエンディングテーマである


「煌めく瞬間に捕らわれて」の歌詞は・・。




後悔する、素敵じゃない。

独りじゃないし。



溢れだす涙が美しければ、

人はまだ、終わらぬ旅に、時を費やせるから・・。





(;´Д`) これ以上にスラムダンクの内容にマッチしてた歌詞って、他の5曲には無かったと思う。





桜木とはいつもケンカばかりだけど、

バスケットが大好きで一生懸命に頑張ってきた赤木。



ケガをした赤木のために必死で戦い、

負けて流した桜木の涙は、

とても美しいものだった。




「世界が終わるまでは」とかも名曲なんだが、

冷静に考えたら、バスケット題材のスポーツ漫画では世界は終わらないし、

普通に「名曲だな」で終わりなのである。



(;´・ω・ `) なぜか、「世界が終わるまでは」って三井のイメージがあるな・・。





まあ、そんなわけで。


スラムダンクの主題歌ランキングMyベストは・・。




その男には、夢があった。


後輩がその夢のために必死で戦ってくれたけど、一歩及ばず、夢破れた。



そして、一番泣きたかったはずの男は、

涙を流している後輩に対し「まだ終わりじゃないから、泣くな」と言った。



やがて、2人とそのチームメイト達は、

悔しさをバネに新たな戦いへと身を投じていく。



まだ、インターハイ出場のチャンスは残ってる。


全国制覇は目指せる・・!!






この作品の流れに、

歌詞が異常にマッチしていた名曲エンディングテーマ。



「煌めく瞬間に捕らわれて」



コレがスラムダンクのベストソングだった、と思うんだよね。





後悔する? 素敵じゃないか。


独りじゃないから。




赤木率いる湘北のメンバー。


彼らを応援していた仲間たち。


それぞれの想いを抱いていたライバル達。



そして、登場人物たちだけでなく、

桜木達に心を動かされた私やあなたも・・。





溢れだす涙が美しければ、

まだ、終わらない旅に、時を費やせるから。



そう思わせてくれた名曲なんだよなあ。





(´;ω;`) あの時の桜木花道の瞳から溢れだす涙は、本当に美しかったと思う。


☆スラムダンク語り!!☆