2020年の挑戦!ケムール人のいる未来の時代に到達しました!!(ウルトラQ)

ケムール人は、今年=2020年のケムール星から、1960年代の地球に飛んでいくわけだな。

地球では、西暦2020年になりましたね。

今年、あの宇宙人が故郷から1960年代を目指してタイムトラベルをする予定です。



そう、ウルトラシリーズのトラウマ宇宙人、ケムール人が・・!!

彼は、2020年のケムール星から、1960年の地球にやってきた・・。



・・という設定でしたからね!
今頃、ケムール人は地球人の肉体を狙う準備を整えて旅立つ寸前か、もう旅立った後でしょう、たぶん。


しかし、今ウルトラQを鑑賞してみると・・。

ケムール人って意外と友好的な種族だったんじゃないかな、と思うんだが。


これから、それをちょっと考えてみます。

実は、ケムール人は友好的な種族?地球に来た人が悪党だっただけ!?

ケムール人は地球人の肉体を狙う「誘拐怪人」でしたが。

種族全体でそうか、と言われれば、どうも違うらしい。


むしろ、イイ人が多いんじゃないだろうか?




だって、劇中で神田博士はXチャンネル光波で情報を受信し、「2020年の挑戦」という本を書いている。

その本には、ケムール人が肉体的に衰えていることなど、彼らの素性だけでなく、劇中で起こっている事件のことが書かれていたようだ。



1960年の事件は、2020年に記録されてた・・。ということか?



そして、その情報は他ならぬケムール星からもたらされたものだ!

ケムール人撃破の決め手となったKミニオードだって、その情報で作られたんだよな?




つまり。

ケムール星のケムール人は、地球で暴れてるケムール人の打倒に協力してくれた・・。

ということなんでは??





地球の遊園地で暴れたケムール人は、いわば臓器の密売人のようなもの。
異星人の若い肉体を自分で使ったり、周りに売りさばく。

ケムール星でも犯罪者扱いの、極悪人だったんじゃないでしょうか!?




地球で暴れたケムール人

「フォッフォッフォ、高齢化社会は儲かる」

「地球人の肉体を手に入れまくって、ケムール星で売りさばいて大儲け!!」

「昔の地球に行けば、バレないだろう!」




ケムール星のみなさん

「なんか、犯罪者が50年前の過去の地球に行こうとしてるぜ!!」

「マジかよ、他の星に迷惑かけんなや!」

「お、地球にはXチャンネル光波を受信できる天才がいるみたいだな」

「よし、彼に何とかしてもらおう」




神田博士

「未来の宇宙からのメールを受信したぞ。地球の危機みたいだな!」

「情報を整理して、本にして広めて対策しよう」


→『2020年の挑戦』発行後

「基地外扱いされたしwww Kミニオードだけは作っとくwww」




東京タワーさん

「Kミニオードを装備した。発射準備完了!!」

「死ね、犯罪者め!!」




地球で暴れたケムール人

「うわあああ~!!」

「どうして、東京タワーからXチャンネル光波が・・!?」




ストーリー的には、こんな流れだったんじゃないの??

(;´・ω・) そうだよね?




だから、たぶん、大多数のケムール人はイイ人なんだと思う。

超高齢化社会を迎えて、それ絡みの犯罪者もいるということでね!



そういえば。

この「種族全体が悪人なわけではない」ってのは、ウルトラセブンに出てきたキュラソ星人にも言えますね!




キュラソ星人も、地球に来たヤツだけが極悪な犯罪者。

キュラソ星の人たちは、基本的に友好的な種族でした!


ケムール人も、そのパターンだったんじゃないでしょうか!?




ちなみに、キュラソ星人のスーツは、ケムール人二代目のスーツやマスクの改造でした。

あと、初代のゼットン星人は、ケムール人と同じ顔だったwww




もしかしたら・・。

ケムール人、キュラソ星人、ゼットン星人は元々おなじ種族だったのかもしれませんね!!


二代目ケムール人、ゼットン星人、ゼットンは同じ機械音を身体から出してるしね!

ケムール人はトラウマ!怖い!
二代目の素性も考察する!!

出たり消えたり、謎の液体を使って人間を誘拐。



不気味な笑い声を発しながら、パトカーを振り切って走る・・。

これらの奇怪な行動により、お茶の間に恐怖を提供したケムール人!!



ウルトラQの次回作である、「ウルトラマン」においても、ケムール人は登場した!

バルタン星人三代目、ザラブ星人二代目と共に、メフィラス星人の部下としてケムール人二代目が登場!!




身長は、初代ケムールが30mで、二代目ケムールが55メートルでした。

(;´・ω・) 2倍ちかく違うじゃん・・。




もっとも、ビル街で突っ立ってただけなので。

他の2人同様、メフィラス星人の作った幻影説もあるのだが。

二代目が実在したとしたら、どんな素性だったのだろうか。



書籍の裏設定では、「メフィラス星人からキュラソ星人のボディをもらったが、騙されてたのかも」

みたいなのがあるらしい。



実際「初代と二代目は身長が2倍近く違う」という事実があるので。

「首から下は他の異星人のボディ」という話も、妙に説得力があるな。



(;´・ω・) 元のキュラソ星人は、殺されて肉体を奪われたのか??



これは、前述したキュラソ星人とケムール人のスーツは同じ、というネタから来たものだろう。

すると、ケムール人二代目は、やはり老いて別の肉体を欲しがっていた、ということか?



ケムール人二代目
「カラダが動かなくなってきた・・。要介護まったなし・・」


メフィラス星人
「私の下で働けば、お前に合う肉体を与えてやろう!!」


ケムール人二代目
「マジですか! 死にたくないんで、付いていきます、親分!」



こんな流れで、メフィラス星人にホイホイついていった・・。

みたいな感じなのかな?



でも、騙されて変なボディをつかまされたと。



そうすると、たぶんメフィラス星人に対する忠誠心はないと思うwww

弱みを握られたか何かで、仕方なく働いてる感じなのかな~。
で。

二代目ケムール人は、もしかしたら初代ケムール人より若いのかもしれないね。



ウルトラQで来たケムール人は2020年から来た。

でも、ケムール人の全部が全部、2020年から来てるわけじゃあるまい。



二代目は、ウルトラマンの時代に普通に生きてる個体かもしれない。

フツーに1960年代の人なんじゃないかな、ということ。



ジャミラ回では、ウルトラマンは1996年の出来事、と言われてるけどね。

そうするとウルトラマン80とかの方が、初代ウルトラマンより先輩になるのか??



(;´Д`) 時代設定が、よくわからない!?

ケムール人の断末魔の言葉!!
聞き取れたヤツはいるか!?

初代ケムール人は巨大化後、観覧車を破壊したりして暴れたが。

激怒した東京タワーさんに殺されてしまった!!

そこで倒れるわけだが・・。



苦しみながら死んでいく時、実は日本語をしゃべっているような気がする。



「もう少しだったのに。もう少しだったのに・・」

って、呟いてないか??



よーく耳を澄ますと聞こえるような・・。

DVDを持ってる人は、聞いて確かめてくれ。


私は耳が悪いのだ・・。



(;´・ω・) 若い地球人の耳を奪いにいきたい・・。

☆↓他のウルトラシリーズネタ!↓☆