ドリストーンは矛盾があるようだけど、ホントにラヴォスの欠片なのか?【クロノトリガー・クロス考察】

「赤い石 めずらしい石」!!
ドリストーンはラヴォスが降ってくる前からあったんだが、ラヴォスの一部という矛盾があるんだよね・・。

今日は、クロノトリガー+クロスネタです。



(;´Д`) クロノシリーズの設定への、しょうもないツッコミ話。



クロノトリガーの原始時代に、「ドリストーン」ってあったじゃない?


グランドリオン、魔神器、サラのペンダント。


そして、多分原始の武器、ドリストンガンやドリストンボウの素材になっていましたな。



(;´・ω・) 基本的には、かなり珍しい石ということでしたな。



しかし、このドリストーン。



クロノトリガーでは、原始時代からあったんだが。


クロノクロスからは

「凍てついた炎と同種の物質で、ラヴォスの一部だった」


という設定になった。

とーぜん、意味不明な話となる。




(;´Д`) ラヴォスが降ってくる前からエイラが持ってたのに、ラヴォスの一部って一体??・・と。




クロノクロスの設定を踏襲するなら



「ラヴォスは宇宙空間に撒きまくったとか、宇宙空間からゲートみたいなのを操って星に移動させたかの手段で、自身が星に降ってくる原始時代よりさらに前に、自らの一部ドリストーンをクロノたちの星にバラまいていた」


「人間がドリストーンで進化したのはDNA収集マニア(?)なラヴォスのシナリオ通りだが、想像を超えており、最終的には人間はラヴォスを倒すほどの力を身に付けた」


(ラヴォスのかけらから作られたグランドリオンは、人間の意志によってラヴォスの力を削るまでになる)


「結果、進化させてくれた親(?)を超える=悪意を持っている神を殺す物語、みたいなストーリーになった」



って感じの想像をするんだが。



クロノトリガー単品なら


「人間を進化させた石であることは古代で語られてはいるが、ラヴォス由来の設定は無かった」


「つまり、ドリストーンは、もともと星にあった物質」


「ドリ=ドリームの略=夢の石=星の夢に関係してる?」


「ドリストーンは、星の夢(クロノたちの旅の目的)を叶えるための手段だった」


って雰囲気だと思う。



(;´・ω・) どっちが正しいのだろうか?


(;´Д`) どうして、矛盾してしまったのか??



クロス踏襲の、ラヴォスは実は人間の母とも言えた・・的なストーリーも捨てがたい。


だが、トリガー単体の

「星由来の力を持って、各時代のみんなで夢を見て、外宇宙からの侵略者と戦った」


みたいな話も、普通にキレイだと思われるのだよね。




(;´・ω・) なんとか、両者を両立させる手段は無いものか?


どうせ矛盾してて、ワケワカランし。



(^ω^) 良いトコどりをしてしまいましょう、ゲヘヘ。



・・

・・


(;´・ω・) クロノたちの星と、ラヴォスの起源は一緒なのでは? という説を提示してみます。

クロノたちの星とラヴォスは起源が同じで、実は数十億~百億年前から因縁がある説を出してみるよ。

俗にいう「妄想」の類になるんだが。



星の夢の結晶「ドリストーン」。


ラヴォスの欠片である「紅き石、凍てついた炎」。



これを「同種のもの」としても・・。


「両方とも、起源がラヴォス」って考えなくてもいい気がするんだよね。



(;´Д`) 先述したが、ラヴォスが来る前から存在するから矛盾してるし。




つまり・・。



①
以前から星に存在したドリストーン
(エイラのコレクションetc)


②
ラヴォス落下後から登場したドリストーン
(魔神器の材料etc)




(;´・ω・) この2種があると考えれば、いいんじゃないの?




もしかしたら、だけど・・。



星由来のドリストーンと、ラヴォス由来のドリストーンって・・。


「同じものだったんだけど、もっと昔に別れた」


のでは・・?




・・


クロノたちの星と、ラヴォスって。


6500万年前よりもっと、はるかな昔から因縁があるんじゃないのかな?




(;´Д`) つまり、現実世界の恒星系の進化論に基づき、以下みたいに考えてるんだけど。




・B.C 100億年


宇宙のどこかで、恒星系(太陽系っぽいの)が生まれる。


その中の惑星(地球に似てる)で、生命誕生。


それはやがて、ラヴォスの先祖に進化していった。




・B.C 50億年


ラヴォスの先祖は、宇宙に旅立っていった。


ラヴォスの先祖が生まれた恒星系は誕生から数十億年経ち、超新星爆発とか類似の現象を起こしてアボソ。


ラヴォス族の身体の成分には、彼らが生まれた星の鉱物であるドリストーンが含まれていた。


そいつらが生まれた恒星系がブッ飛んだ残骸にも、ドリストーンになりうる成分がたくさん含まれていた。




・B.C 45億年


ラヴォスを産んだ恒星系の残骸から、新たな恒星系(クロノたちの星が含まれる太陽系)が生まれる。


(現実世界の宇宙では、太陽などの恒星は、やはり死んだ恒星の残骸から生まれるらしい)


そこには、前の恒星から受け継いだドリストーンになりうる物質がいっぱいあった。


そういう物質が凝縮されながら、新たな恒星の周囲に現実世界の地球みたいな星が生まれていく。





・B.C. 5~35億年


新しい恒星系の一つの星(クロノたちの星)に生命が生まれて、増え始める。


その星にも、やはりドリストーンがあった。




・B.C. 6500万年


クロノたちの星に、ラヴォスが来る。

=

ラヴォスは、たまたま先祖が生まれた故郷の近くに戻ってきた。

=

実は、クロノ星とラヴォスの起源は同じ、だから両方にドリストーンがある。



・・こういう流れだったんじゃないか、って想像をしてたわけですな。




星由来のドリストーン。

(ラヴォス落下前からある、エイラのコレクションとか)

(もともと星にあり、星の夢を叶える助けになった)




ラヴォス由来のドリストーン。

(凍てついた炎とか)

(ラヴォス落下後に現れ、原始~古代の人々を異常進化させた)




この同種の2つの鉱物がある理由。


それはもしかしたら。




6500万年とかそういう次元ではなく、


数十億~百億年くらい前のずっと遠い昔に。




クロノたちの星(の元になった物質)と


ラヴォス(の先祖)は、同じ場所で生まれていたんでは・・。



(;´・ω・) だから、両者から組成が同じ物質が生まれた。


って考えてたな。


(;´Д`) 天文学には、詳しくないけどね。





まあ、そういうわけです。



クロス込みの

「ラヴォスこそが人類の母、神殺し、和解するべき」

シナリオも捨てがたいし。



トリガー単品の

「星の夢を実現するための石=ドリームストーン」

みたいなカラッと明るいストーリーも大歓迎。




(^ω^) どっちも肯定するよ! 




これらを両立させたいし、ラヴォスが来る前にドリストーンが既に原始にある矛盾も解消したいので。


星由来のドリストーンと、ラヴォス由来のドリストーンを分けて考えたい派ですな。



じゃあ、なんで2つは同じ性質を持ってるの?


って考えると・・。




劇中よりもさらに遥かな昔において。


クロノたちの星とラヴォスは、起源に共通点があるのでは・・?




もしかしたら、


まだまだ隠された謎があるのでは・・!?




そんな想像を、しているわけですな!!!




(;´・ω・) いじょう、ドリストーンの矛盾についての色々な想像でした。




・・

・・


(;´Д`) クロノシリーズの続編があるなら、ラヴォスの起源とか描いてほしいなあ。

☆↓他のクロノトリガーネタ!!↓☆