アークザラッドの新作が出てたなんてね。(アークザラッド)

子どもの頃にハマった名作ゲームの続編が出るのは、素直にうれしいのです。

ヒマだから「久しぶりにゲームでもやるか!」と思った。



面白そうなタイトルがないと調べていたら・・。

なんとアークザラッドシリーズの新作が出ているではないか!!



その名は「アークザラッドR」。

アークザラッド2のエンディングから10年後が舞台である。
上のシーンでのトッシュいわく、大崩壊では被害が甚大だった。


スメリア大陸は半分が海に水没し、75%の住民が死亡した。


なんでも屋のペペとか、宝探しをしてたメガネの爺さん。

この辺りのキャラはどうなったのだろうか?


・・というか、そんなキャラを覚えてる自分に驚く。 

(;´・ω・)



それにしても懐かしいアーク。

私が中学に上がるくらいにアーク2が発売した。

それから5週はやったんじゃないかと思う。



ちまたでは、アーク2はウツ展開で有名なレトロゲーのようだ。


「幼馴染が全身をモンスターに改造されて襲ってくる」

「主人公の初恋の相手が、身体に爆弾を埋め込まれて爆死」

「仲間メンバーの親しい人が死にまくる」

「前作主人公と前作ヒロインがラストで死亡」


こんな感じでヒドい。 



アーク2は100万本くらい売れたようだが。

悲劇性のあるシナリオが少年少女の共感を呼んだのだろうか。

アークザラッドシリーズで一番良いところは、現実に近い世界観だと思う。

個人的には、このシリーズに一番ひかれた点は・・。

秀逸な世界観だったんだと思う。 



現実に似た世界というか。

ゲーム内の国家が現実世界のそれと似ているからね。



スメリアは日本、アルディアはアメリカ、グレイシーヌが中国、ミルマーナがフィリピン辺りか。

東欧や中東、南米っぽい雰囲気の国も出てくる。


アルディアの街は歩いてるだけで、普通にそこら辺を散歩しているような雰囲気だった。
アーク2の敵対勢力は「3000年前の邪悪な人類」。


彼らが科学技術を悪用して世界を支配しようとする。


巨大な飛行戦や戦闘機。

人体改造されてモンスター化した人間。

勇者たちを模して作ったクローン兵器。


・・etc。

SFチックな要素が満載だった。



対するは、世界を守ろうとする精霊の導きを受けた勇者たち。

魔法を使いこなし、剣、槍、刀などのコテコテのRPG武器を使って古の人間たちから世界を救おうとする。 

「リアルに近い世界観」+「精霊の魔法を使う勇者たち」。




つまり「現実世界っぽさ」+「ファンタジー世界の王道」。

これが見事に融合していたんだね。





当時のRPGでこういう世界観は無かった気がする。
(あったらゴメンナサイ)

そういうアークの世界は、ドラクエやFF、よくて聖剣伝説ロマサガくらいしか知らなかったライトゲーマーの私には斬新で新鮮だったのだ。




・・まあ、なんだろう。

とりとめもない話になってしまったが。



今の10代のコたちが、熱中してる何かのゲーム。

その続編が20年も経って出て、ファンがうれしいと思える日。



それが2040年くらいに来るんだろうな~。

・・とか思う、2019年某日でした。

(*'ω'*)

☆↓他のアークザラッドネタ!!↓☆