セブンスドラゴン2020-II「戦場-7の脅威」(ゲーム音楽語り)

どこかで聞いたシリーズ。
2020-IIの帝竜戦の曲です。

また、ゲーム音楽語りネタ。



セブンスドラゴン2020-IIから

「戦場-7の脅威」 です。



2020-IIでは、

ジゴワットやスリーピーホロウなどの再生帝竜たちは

Iの帝竜戦の曲なんだが。



新登場の帝竜たちは、この「7の脅威」を音楽にして闘うことになる。




例のトラウマ・酸性雨のイメージが強烈なせいで・・。


六本木のオケアヌスさんが、この曲で思い出す帝竜の2番手ですね。




でも、幕間2の国会議事堂襲撃イベントが、このゲーム最大のヤマ場だと思ってるんで。


この曲には、ドラグサタナー戦のイメージがありますな。






ダイゴ、ショー兄、サスガ隊員、そしてエメル・・。


このイベントで、次々と仲間が力尽きていくのがショック過ぎた。




(;´Д`) あとでゴニョゴニョする人もいるけど。




ここでは、ラスボスのフォーマルハウトさんがワザワザ来てくれるのだが。


これは、前作のラスボス・真竜ニアラがポッと出だ、と言われ過ぎたからか?


フォーマルハウトは最初から出てはいるけど、ムラクモ13班との絡みは少なかったからね。




フォーマルハウト

「ポッと出ラスボスとか言われたくないし、姿を晒して13班とお話したいなモジモジ・・」




(*´Д`) かわいいわね。




しかし、フォーマルハウトは「もっと美味しくなってから食べる」的なことを言って帰ってしまう。


「いきなり現れるラスボス」を回避はしたが、代わりに「詰めの甘いヤツ」評価をもらってる気もする。





その後に色々あって、議事堂前広場に居座ってる帝竜ドラグサタナーと闘う流れに。


ミイナたんに「ぶちかましたれ!!」と言われて、13班は議事堂に避難している人々を救うため、仲間が死んだ怒りを爆発させる、と。





と、いうわけで。


「戦場-7の脅威」は・・。


やっぱりドラグサタナー戦のイメージが強いですね。





まあ、でも・・。


正直なところ、ドラグサタナーはたいして強くなかった・・。





ドラグサタナーの直前に出てくる、数々のシンボルドラゴンたち。


ショー兄が命と引き換えに大ダメージを与えた手負いのブラッドワイバーンとか、


右の方にいる体力MAXのレッドワイバーンとか、


リトルドラグの乱入地獄の方がよっぽど手ごわかった、と言ってはいけない。




(;´Д`) ボス帝竜より、シンボルドラゴンの方が強かったイメージがあるな。


(;´・ω・) 乱入祭り→逃げられない→死亡、のコンボは地獄だった!


(´;ω;`) 思い出したくねー!

☆↓セブンスドラゴンネタ↓☆