大魔王バーン様の年齢は何歳?正体というか魔族としての素性と生まれはどんな感じだったんだろう?【ダイの大冒険】

魔界の神バーンは数千年は生きている。
ミストバーンやヴェルザーの話から考えると、4000歳前後かな?


今日は、ダイの大冒険ネタです。



(;´Д`) バーン様の生い立ちについて想像してみます。




ダイの大冒険のラスボスである、大魔王バーン様。




彼の目的は地上の征服ではなく、完全破壊だった。


地上を黒のコアで消し飛ばして、太陽の光で魔界を照らしたかった。



さらに


「力こそがすべて、世の中を司る真理。弱者は虐げられて当然」


こういう世界を作るべく、行動していたんでしたね。



・・


まあ、それはみんな知ってるとして。




(;´・ω・ `) このバーン様の年齢って、何歳ぐらいだったんだろうか?




なにしろ「魔界の神」と言われるほどの存在だし。


相当に長生きしていると思われるのだが・・。




私はたぶん、


バーン様の年齢は「4000歳くらい」


だったと思うんだよなあ。




(;´Д`) そう思った理由を、これから書いてみます・・。

ミストバーンやヴェルザーの「数千年」という単語は、1000年や2000年では足りない響きがある。
だが5000年以上なら「5000年以上も」って言いそう。つまり・・?

ラストバトルの直前、ミストバーンが



「私は幾千年も一人だった」


「一人でバーン様を守り抜いてきたのだ!」



と言っていた。



冥竜王ヴェルザー様も、ミストバーンの正体の肉体を返してもらった真バーン様に対して


「地上の破壊は、貴様にとっては数千年に及ぶ大事業だからな!」



っておっしゃってましたな。


つまり、


「バーン様の年齢は、少なく見ても数千歳」


「1000~2000歳なら、『数千年』とは言わなさそうだから、おそらく最低でも3000歳以上」


って感じなのだと思う。




そして、人(?)の心理として、5000歳以上だったなら・・。


キリの良い数字である「5000」を出してきそうな気がする。




ミストバーン
「5000年以上もバーン様を守り抜いてきたのだ!」


ヴェルザー様
「5000年にも及ぶ大事業なのだからな!」




・・5000年以上も地上消滅計画を練っていたなら、こういう言い方になりそうな気がしませんか?



数千年=1000~2000年よりも上っぽいので3000年以上。


5000年超えてるなら「5000以上」って数字を出しそうだから、5000歳未満のイメージ、って感じですね。




(;´Д`) それなら、やはり、4000歳くらいだったんじゃないかな??




ご存じの通り、バーン様は「凍れる時の秘法」を用いて延命をしていたわけだが。


それは「老化で死にたくないから、全盛期の肉体を封印し続ける」ことだったので、


やはり天寿というものは存在するはずである。




魔族の寿命って、大雑把に考えると「人間の10倍くらい」だったんじゃないかな、と思う。





ザボエラが890歳でヨボヨボ、80~90歳。


ハドラーが357歳で中間管理職(?)、脂の乗った35歳の働き盛りみたいな感じ。


ロン・ベルクは275歳で、天才肌で独特の価値観を持つ30歳前の男性。



(;´Д`) 当たらずとも遠からず、だとは思うが・・。



しかし、バーン様にはこれらの

「人間の10倍くらいが当てはまるのでは」

法則が通用しないと思う。



なぜなら、真・大魔王バーンになった後、ダイとレオナに


「余の不老の時を数百年分も奪ったのだ、楽しませてもらわないとな」


と言っていた。



仮に魔族の天寿が大体1000歳くらいだったとして。


数百年分と言ったら、さっきのハドラーで例えるとザボエラほどではないが、35歳→定年間近の60歳くらいの老化ということになる。



バーン様もそうだったとしたら、どうなるだろうか。



若い真バーンの肉体を20~25歳とするなら、

これが最低でも40~50歳になるまで、再び凍れる時間の秘法は使えない、ということになるんじゃないか?



それなら、「数百年分も奪ったからな」みたいな簡単な言い草にはならないのではないだろうか??




(;´Д`) 仮に我々が20~25歳くらいの肉体で時間を止められるとして、「次は40~50歳になるまで使えないよんww」と言われたら・・もっと怒る気がする。




つまり、バーン様の家系(?)の寿命は、普通の魔族の天寿1000歳くらいではなく、その3~5倍。


もともと3000~5000歳くらいまで生きる感じ。



バーン様の「数百年分も奪った」は、我々人間から考えると精々5年程度みたいな話だったとか?




つまり


「双竜紋ダイを倒すためには20~25歳の全盛期の肉体を使うしかないが、次は30歳までは時間を止められない」


「だが、背に腹は代えられないので、5歳かそこら老ける程度なら、妥協するしかない」


・・そんな状況だったんじゃないだろうか?




(;´Д`) もし真バーンになった後にダイ達に勝てていたら、バーン様は一生懸命にアンチエイジングに取り組んだのか?




まあ、そんなわけで。


ヴェルザーとミストバーンが「5000年以上」ではなく「数千年」と言っていることから。



バーン様は1000~2000歳程度ではなく、5000歳以上でもない。


そうすると、たぶんバーン様は3000~4000歳。




そして、


もともとバーン様があの若々しい20~25歳くらいの肉体を使っていた時間。


ミストバーンと出会った時点の500~1000歳くらいの年齢をプラスするかもしれないので・・。



やはり、3000~5000歳として、その中でも上の方に寄るのではないか・・って感じですな。



(;´Д`) やっぱ、バーン様って4000歳くらいだった気がするんだよなあ。

竜の騎士の歴史も数千年なんだよね。
バーン様は、竜と魔族が魔界に落とされた時にはもう生まれてたのかな?

しかし、ダイ世界の年表もよくわからないな。



先ほどにバーン様を「4000歳よりやや上」と仮定したのが正しいとして、


他にも「数千年」の歴史を持つものは存在するんだよね。




バランが


「竜の騎士の歴史は数千年に及ぶ」


と言っていたからね。





(;´Д`) 竜の騎士も、3000年以上の歴史を誇る由緒正しい邪悪撲滅システムなのだろう。


(;´・ω・) バーン様と、どっちが早く誕生したのだろうか?




それ以前に


「竜の騎士の誕生」と「竜と魔族が魔界に落とされた年代」


これも、どっちが先だったのかがわからないんだよなあ。



人間の神と、魔族の神と、竜の神は、争いばかりしている3種族を調停するために「竜の騎士」をつくったわけだが。


竜と魔族を魔界に落とした後、竜の騎士を生んだのかな??




竜の騎士を作った後に「争いを止めないから」って理由で魔族を魔界に落としたなら、


「竜の騎士は、実は調停ができなかった無能」


みたいな感じになる気もするけど。




でも


「神々が世界を作ったばかりの頃、3種族が争いばかりしていてウザくなったので、竜の騎士が作られた」


ということを竜水晶に代わってバランが教えてくれましたな。



それなら、竜の騎士の誕生は、ダイワールドができてから割とすぐの出来事だった気もする。



しかし、先述したがバランいわく「竜の騎士の歴史は数千年」らしい。




(;´Д`) それなら、ダイワールドって出来てから数千年しか経ってないのか??




そうやって考えていくと、




①
世界が出来たばかりの頃、人間と魔族と竜の調停者が必要だった。

そこで竜の騎士が生み出される。

これが5000年近く前で、バランいわく「数千年の歴史を持つ」。




②
竜の騎士を使ってもキリがない。

3種族は殴り合いしてばっかりだから、魔族と竜を魔界に落とす。

これが、4500年以上前の昔。




③
4000年前くらいにバーン様が誕生。

「魔族と竜を魔界に落としたのは、神々の愚行」

=

それを目撃したわけではなかったっぽい言い草なので、②の頃にはまだ生まれてない気がする。




・・

・・


こんな順番だったのかな?



でも、ミストが

「私は数千年に及ぶ魔界の闘争から出たドス黒い思念の中から生まれた」

と言っていたので、バーン様とミストが出会う段階で、すでに魔界が出来てから数千年(3000年程度)は経過していたのだと思われる。





すると・・。


以下みたいな感じになるかもしれない。




①8000年前


神々によって世界が作られる。




②7500年前


人間と魔族と竜がケンカしまくりなので、竜の騎士が生み出される。

(竜の騎士はダイ世界では初期の頃に生まれているっぽい?その歴史は数千年なので、ダイワールドの年齢は1万年未満は確定?)
 



③7000年前


竜の騎士を使ってもキリが無いので、

魔族と竜が魔界に落とされる。




~ミストを生むことになる「数千年に渡る戦いのドス黒い思念」の蓄積期間~




④4000年前


バーン様が生まれる。

前後して、どす黒い思念の中からミストが生まれる。




⑤3000~3500年前


しばらくしてバーン様はミストに出会い、

「幾千年も守られる」ことになる。


さらに、ヴェルザーのいう「数千年に及ぶ大事業」

つまり地上消滅計画を企むようになる。







こういう流れだった・・のか?





思えば、真バーン様がダイに対し


「お前も余と同じ。戦いの血が流れる戦神の末裔なんだ」


って言っていましたね。




もしかしたら、


バーン様の親父か祖父が、①、②、③のいずれかの時代に活躍していたのかもしれないな。




バーン様の先祖は、ダイ世界が黎明期だった頃に「戦神」と評価されそうな程の魔族の実力者だった?


すると、魔族が魔界に落とされた時の状況に関わっている可能性もありそうですな。




(;´Д`) その時ナニがあったかは知らんけど、直に神々にシバかれた、みたいな裏話があるのかも?



(;´・ω・) 竜の騎士にはやられてないと思うな、それなら、戦神の子孫のバーン様はもっと竜の騎士に対しては敵対的になるはず。





そういう過去の事情も、バーン様が


「神々が魔族と竜を魔界に押し込めたのは愚行だ!!」


みたいな考えに至った原因の1つなのかもしれない。




(;´・ω・) 色々と語られてない何かがありそうな気がするな、バーン様の家系の過去については・・。





まあ、とりあえず。



(;´Д`) バーン様の年齢は、4000歳くらいなのでは・・? と、思います!!



(;´・ω・) 世界が出来てしばらくの頃に生まれた竜の騎士の歴史が数千年なので、ダイ世界そのものの年齢も1万歳以下かな?


☆↓他のダイの大冒険ネタ!↓☆

ドラクエ漫画の金字塔!!
『ダイの大冒険』を読み直そう!!