ギニュー戦の悟空の戦闘力は9万で、理論上の最大値が180万もあったんだってさ。【ドラゴンボール】

ナメック星編の100倍重力で修業した悟空の戦闘力はいくつなのか!?

悟空の戦闘力は、ギニュー隊長が思った見立て6万よりは上だと判明した場面!
実は最大で9万だったようです!

引用:鳥山明『ドラゴンボール完全版 19巻 208ページ』
今日は、ドラゴンボールネタです。




ナメック星で、フリーザとやり合う前の悟空について。


ギニュー特戦隊編の悟空の戦闘力は、いくつだったのか?


・・という話です!!




サイヤ人編にて、大猿ベジータにやられて全身を粉砕骨折した悟空。

仙豆で復活し、先行した悟飯・クリリン・ブルマを追ってナメック星へと向かいます。


そのナメック星へ向かう宇宙船の中で、悟空は100倍重力の修業をした。


ここで、悟空はベジータ戦とは比較にならないくらいのパワーアップを遂げます。



基本戦闘力が上がっただけではない。

サイヤ人編では2倍が適正で、3~4倍を使ったらボロボロになってしまっていた界王拳。

なんと、これを10倍まで使えるようになります!!



「これならきっと、10倍ぐらいの界王拳にだって耐えられるぞ!!」



いやー、頼もしいですね、ハイ。


このセリフを聞いたとき・・。

リアルタイム読者は、どのくらいの戦闘力を想像したのでしょうか。


「ナッパとやったときに8000だったから・・」

「10倍が使えるなら8万くらいは行くな、スゲェ!!」


ってところでしょうか。



でも、具体的に戦闘力がいくつなのかは明言されてない・・。



そして、ギニューとの闘いで界王拳を使う悟空。



悟空を計測した新型のスカウターが、


なんと18万という数値を叩き出しました。



その数値は、ギニューとジースに


「超サイヤ人!?」と思わせるものでした!!




しかし・・。


「この18万の界王拳が何倍であったのか?」

「界王拳を使わないスッピン戦闘力はいくつなのか?」


原作では明言されてませんね。




この時の悟空のスッピン戦闘力は・・。

ドラゴンボールファンの中では、6万説と9万説があるようです。


いったい、どっちが正しいんでしょうか!?



実は、9万なんだよなあ・・。


これから、9万だったということを詳しく説明していこう!!

悟空の戦闘力6万は、戦闘前のギニューの見立て値!
実は基本9万だったようです!!

まず、書籍では・・。


ギニュー編の悟空の基本戦闘力は、


「9万」認定されていますね。



『ドラゴンボール大全集』だと、この時の悟空の素の戦闘力は9万と記されています。


9万キャラが2倍界王拳を使った数値が、


ギニューの計測した18万というわけですね。




しかし・・。


ギニュー隊長の

「アイツの実力は6万とみた」という見立てセリフがあるため、6万派の人もいるようです。


この場合は、3倍界王拳を使って18万、ということなのでしょう。




ここで重要なのは・・。

ギニュー隊長のセリフ「ヤツの戦闘力は6万ほどとみた」というのは。



「リクームを一撃で倒す」

「ジースとバータの同時攻撃がカスリもしない」



この2点を満たす戦士のことを想定したものですね。


(;´・ω・) ジースがしっかり報連相のできる子ならね。



そして、悟空を6万と考えていたギニューと、ベジータに逃げられた悟空が激突!!

一瞬の太刀合わせが終了した後、ギニューが次のセリフを言います。


「なるほど・・こいつは思った(6万)以上にできるようだな」

って。



はい。

この時点で思っていた想定の上を行っていますね。

だから、悟空のスッピンが6万はありえないですね。



ギニューは6万想定の悟空をねじ伏せるため・・。

65000程度で殴りかかったとみます。


しかし、悟空は普通に切り返していきました。



この後の流れは、次のような感じでしょう。



ギニュー
「思った以上にできるようだな」

(イメージ修正、7万以上はあるとみた!!)



悟空
「せっかくの登場で悪いが、一気にいかせてもらうぞ!!」

(ヤツは体感65000くれぇか、界王拳を使うまでもねえな!)



ギニュー
「俺さまも戦闘力をコントロールできるタイプの人間なんだよ」

(7万でどうだ、ミルキーキャノン!)



悟空
「やべぇっ!!」

(まともに食らわなきゃ平気だ、まだ界王拳は使わねえぞ!)




・・ということで。

「悟空とギニューの闘いは、7万クラスの戦闘であった」

といえそうです。



しかし、ギニューはまだ悟空には上があることを見抜きます。



(このサイヤ人は、戦闘力7万クラスの戦闘でも息切れしていない、まだフルパワーではないようだ)


(だが、最大の12万をまだ出してないオレ様の羽交い絞めからは逃れられない、ということは・・)



こういった観点から悟空の実力を見抜いたのでしょう。


「スカウターを見るまでもない」

「85000までは上がるはずだ」


と・・。



その予想は概ね正しかった。


ギニュー隊長の人間スカウターぶりには脱帽。



実際は、悟空の実力はそれを少し上回る


「9万」という値だったんですね。




その9万が限界なら、悟空に勝ち目はなかったでしょう。

ギニュー隊長の最大戦闘力は12万ですからね。



・・しかし、例のアレがあります。


チート技の界王拳というヤツが。

コイツを使用することで、哀れにもギニュー隊長の予想はハズれてしまったのでした。



スカウターでの測り始めこそ素の9万だったものの・・。


2倍界王拳を使って、


悟空の戦闘力は18万までアップしました!!




これで実力差を痛感してもらい、降参してもらおうと思ったのでしょうね。


(;´・ω・) まあ、ボディチェンジされるわけですが・・。




ということで・・。


ギニュー特選隊編の悟空の素の戦闘力は9万!

18万という数値は、2倍界王拳の値だった!!



コレが結論として出せると思います!!!



(*´ω`) ギニュー戦の悟空は基本9万です!!

ナメック星到着時の悟空の戦闘力は・・2倍界王拳で18万。
10倍界王拳を使うと90万。
20倍界王拳だと・・180万!?

この時の悟空は

「10倍くらいの界王拳にも耐えられる」

って自己評価でしたね。



2倍界王拳で18万を叩き出しても、まだまだ余裕。



「はっきり言っておくぞ」

「瞬間的に出せる力はまだまだこんなもんじゃねえ!」



・・と。



2倍界王拳で18万。

6倍界王拳で54万。

10倍界王拳で90万です。


53万のフリーザ第一形態なら、6倍界王拳で十分に勝てる数値ですね。

さらに・・。


フリーザ最終形態に使った20倍界王拳を、この時点でも無理すれば出せるとしたら・・。

一瞬だけだったとしても、とんでもない数値になります。


その戦闘力は、なんと「180万」に達するということです。


ギニュー隊長が12万。ベジータ、クリリン、悟飯、ジースたちが数万。

直後にフリーザが「私の戦闘力は53万です」を炸裂させはしますが・・。


この時点で180万を出せるとは、この時点ではブッ飛び過ぎです!!




それにしても狂ってる。

やはり、ドラゴンボールのインフレの元凶は界王拳!!!




この「戦闘力を宣言した倍数の分、掛け算で上昇させる」って技さえなければ・・。



大猿化10倍と、フリーザの100%フルパワーが1億2000万設定は無かったと思うね・・。

☆まとめ☆
ギニュー特戦隊と闘った時の悟空の戦闘力は!?

①
ギニュー編の悟空の界王拳を使わないフルパワーは9万。

リクームたち相手なら、手を抜いた6万程度でも余裕だった。

ギニューとの格闘戦は、7万程度の攻防でした。



②
ギニューに使った界王拳は、9万×2倍界王拳=18万。



③
10倍界王拳を使えば、90万までは出せる。

しかもカラダへの負担は無い!!



④
20倍界王拳なら、なんと「180万」もの数値を叩き出す!!

しかし、50%の最終形態フリーザに使った時と同じく、一瞬のみと思われる!!




以上!


(^ω^) ギニュー編の悟空の戦闘力考察でした!!

☆↓他のドラゴンボールネタ!↓☆