もしラディッツが来なかったら、悟空がピッコロに殺されていた件。(ドラゴンボール)

ラディッツが来ない=ピッコロが悟空に魔貫光殺砲をブチかましに来る→結果・・

IF展開の話になるが。



もし、ラディッツがあの時点で地球に来ていなかったら・・。

トンデモナイことになっていた!!!!

って話です。




第23回天下一武道会から5年後。

孫悟空=カカロットのアニキ、ラディッツが悟空を迎えにくるわけですが。



その理由は「次に攻める星の難易度が高いため、人手が欲しい」

というものでした。




ラディッツ
「なあ。あの星、3人じゃ苦戦しそうじゃね?」


ナッパ
「弱虫ラディッツには、そう感じるかもなwww」


ベジータ
「サイバイマン使えば余裕かなぁー」


ラディッツ
(くそっ、弟を呼べばオレがチーム内最弱じゃなくなるのに!)




・・

こうなっていたら、ラディッツは地球に来なかった。



そうなってたら、どうなったと思う??

トンデモナイことになってたかも。




・・


ピッコロが悟空を魔貫光殺砲で殺害。


そんな恐ろしい展開になりそうな気がする!!

「お父さんをいじめるなー!!」でピッコロが死亡!神様も消滅する!!

そもそも、ピッコロ(マジュニア)が丸くなったのはいつだ?

23回で悟空に仙豆をもらった時が初めてかもしれないが・・。



だが、基本的には神様も感じ取っていたアレ。

サイヤ人戦を理由とする、自身の死期によるものだろう。




「サイヤ人編で自分は死ぬ。だから、何かを残したい」

この理由で、ピッコロは悟空と共闘し、遺された悟飯を鍛えた。




つまり、ラディッツが来ない限り、ピッコロは悪人のままである。

そのうち悟空を殺しに来るのである。




そのタイミングは・・。

魔貫光殺砲の溜め動作の隙だらけっぷりが改良された時点だろう。




ラディッツ戦で魔貫光殺砲の存在を語った後。

「ちっ。貴様をぶっ殺すためのとっておきだったんだがな」

と言っているので。




隙だらけのタメ時間に何らかの改良を加えた後・・。

間違いなく、悟空をぶっ殺しに来たはずだ。



悟空は界王星で修業しない限りはラディッツ以下なので。

魔貫光殺砲のスピードは避けられない!!




本来ベジータ、ナッパが襲ってきたはずの時期に・・。

ピッコロがパオズ山に登場!!




悟空
「ムッ!ピッコロじゃねえか。何か用か?」



~流れでバトル。しかし、殴り合いでは悟空が優勢~



ピッコロ
「フハハハハ、孫悟空!オレさまの新兵器を食らえ!!」


悟空
「す、すげえ気だ・・」


ピッコロ
「魔貫光殺砲うけてみろー!!ズォビッ!」


ギャルルルルル・・・!!


悟空
「はっはえぇ!・・ぐわああーー!!」


ピッコロ
「はぁはぁ。勝ったぞー!孫悟空は死んだーーーーー!!!」


悟飯
「お、お父さん・・!?」


ピッコロ
「はぁはぁ。孫悟空の息子か。あの世で再会するんだな!」


悟飯
「ひっく、ひっく・・」


ピッコロ
「!? な、なんだこいつの気は・・!?」


悟飯
「お父さんを・・いじめるなーーー!!」


ピッコロ
「!!!!!」


悟飯
「うわーーーん!!!」


ピッコロ
「どわああーーー!!」(死亡!)


神様
「ぬわーーっ!!」(消滅!)




こうして、地球最強の武道家・孫悟空はピッコロ大魔王に殺された。


しかし、彼の遺児である孫悟飯が、その場でピッコロ大魔王を討った。


神様が死んでドラゴンボールが消えたけど、世界は平和になりました!






・・

こんな流れになったはずだ。




何が言いたいかというと・・。



あのタイミングで地球に来てくれたラディッツは天使だった!



ラディッツが来なければ、後に麗しい師弟関係を築く悟飯とピッコロ。

彼らは殺し合いをしていた、ということである!




そして!!!


ラディッツのおかげで、悟空は死なずに済んだということですね!!




・・あ、あれ?

(;´・ω・) ラディッツが来てても死んでる??

☆↓他のドラゴンボールネタ!☆