イケメンのジースはギニュー特戦隊のナンバー2らしいが・・。その理由は?(ドラゴンボール)

同格のリクーム、バータを差し置いてジースがサブリーダーである理由ってあるのかな?

今日はドラゴンボールネタです。



昨日は青いハリケーン、バータの話をしたので。


名前の由来がチーズのくせに、ジュースと間違えられる男。




ギニュー特戦隊のジースについてのおはなしでも。




ドラゴンボール改のソングコレクションというCDに


「参上!!ギニュー特戦隊!!」って歌があるんだが。



(^ω^) とっくせんたい♪ とっくせんたい♪

のアレ。




ジースの歌詞の部分に


「赤いマグマと呼べ! オレが特戦隊ナンバー2だ!!」


って歌ってる部分がある。





(;´・ω・) ?? ジースが副隊長なのか??





よくわからないので、ここでは


「ジースがナンバー2だとしたら、その理由は何だったのか?」


ということを考えたいと思います!!




(^ω^) ギニューが引退したら、ジース特戦隊になっていたのか!?

ジースが副隊長格だったのなら、何を買われてナンバー2認定されたのだろうか??

まあ・・。


原作にしろアニメにしろ、ジースと他の隊員たちの扱いには、差があるようには見えなかった。



でも。

フリーザに最新型のスカウターを渡していたのはジースだったので。


ギニューの次くらいにフリーザ様に話していい、みたいな雰囲気はあったのかも???





もしかして・・だけど。


ジースはああ見えて、ものすごく頭が良かったのではないだろうか??




フリーザの兄・クウラの所有する精鋭部隊、クウラ機甲戦隊の隊長。

サウザーは、ジースと同種族のブレンチ星人だった。



このサウザーは、7000もの宇宙言語を操る超天才でした。


ジースとサウザーが生まれた星系の人々は、知能が高いor教育水準が高かったのではないか??



筋肉バカのリクームや、怪物的な風貌を持つバータと比べると。


ジースは文明の優れた星で生まれて、サウザー同様に高度な知性を持っていたのかもしれない!!





パワー+タフネスのリクーム。

スピードのバータ。

バランス+知性のジース。



グルドを除けば、戦力的には3人は互角。




知性面でジースだけが優れてるなら、副隊長に任命されて然るべきではないだろうか?



リクームやバータも、ナンバー2や副隊長という称号は欲しいと言えば欲しいはずだ。


実際、ゲームでは「オレが勝ったらナンバー2だぜ!」みたいなことを言ったりもするし。


ただ、頭脳労働に関してジース>リクーム=バータとするなら。




ギニュー

「オレさまがいないときは、ジースの判断で行動するんだぞ!」



リクーム

「闘いに関しちゃオレの方が上(自称)だが、ものを考えるのはジースの方が上だぜ!」



バータ

「しょうがねえな! 闘い以外の面倒ごとなら、ジースのほうが向いてるかもな!」



グルド

「指揮ができるといっても、それでジースがオレたちより上なわけじゃないぞ!」



こうやって、他の隊員たちはジースがサブリーダーでも、ある程度は割り切っていたのではないだろうか。




劇中では、ジースはそこまで知的なイメージはない。


悟空の戦闘力を5000だと侮り、スカウターに頼り切りという、某弱虫ラディッツのバカの二番煎じのような反応もした。


その後ベジータと対峙すると、故障したことのないスカウターさんを握りつぶし、「壊れてやがる!」と発狂したこともあった。




だが、叱られたとはいえ「うまく動きを止めてやった!」とギニュー隊長を援護。


アニメ版では、悟空にもてあそばれ、バータと同士討ちになってしまってモメながらも・・。


「仲間割れしてる場合じゃないよな!」


とバータを諭すなどの面もみられた。





意外とジースは、隊長を的確に補佐し、仲間が揉めてる時は説得する、的なことを。


日常的にやっていたのではないだろうか??




あとは・・。


そうだなあ・・。




先ほども言ったけど、サウザーとジースは同じ星系で生まれた種族ブレンチ星人。

2人の仲がどうだったのかはわからないけど、縁があることは事実。



(ゲームでは仲が悪そうだったが、殺したいほど憎いというわけではないだろう、たぶん)




フリーザ軍とクウラ軍の間で、情報をやり取りする際・・。


クウラ機甲戦隊の隊長の座を争ったギニューとサウザーよりも。


サウザーとジースの方が、仲は良くなくても、なんとなく情報共有をしやすい雰囲気があったのかもしれない。


そういう点で、リクームやバータよりも、ジースの方がフリーザから重用されてた・・。


ってことは、あったかもね。




あとは、サウザーみたいに強くなるかもしれない、ギニューの後継者としてはもっとも有望、みたいな期待もあったとか??



(^ω^) サウザーの戦闘力は、映画パンフでは17万3000もあったからね。

☆結論:ジースがギニュー特戦隊の副隊長だったなら、その理由は!?

ジースがもしサブリーダー扱いだったのなら。


その理由は、次の4つのどれかだろうか・・??



①
同種族のサウザーの頭脳面からみて。

ジースは、戦闘力で互角のリクームやバータより、知力が高い可能性がある。

それを買われて、サブリーダー扱いになっている!



②
ジースには、意外と隊長を的確にサポートしたり、仲間をなだめる適性があった。

気配り力を買われて、ナンバー2と認められている!!



③
かつて争ったギニューとサウザーが気まずい感じなので。

サウザーと同種族のジースをナンバー2にすることで、クウラ軍との情報共有が円滑になっていた!



④
フリーザ様は、兄クウラの部下・サウザーの戦闘力173000に一目置いていた。

同族のジースもまだ成長するかもしれないと考え、積極的に副隊長格のポジションを与えていた!




この4点くらいかな、思いついたのは。




・・

(;´Д`) イケメンだからナンバー2、というわけじゃないだろうな・・??

↓☆他のドラゴンボールネタ☆!!↓