悟空の元気玉って、映画と純粋ブウ戦がなかったら弱い技認定されてた気がするんだが【ドラゴンボール】

原作の元気玉はベジータもフリーザも倒せなかった。
ターレスやスラッグ撃破の戦果が無かったら、純粋ブウまで誰も倒せてなかったんだな。


今日は、ドラゴンボールネタです。




(;´Д`) 「元気玉」という技のイメージについて考えてみる。




悟空の必殺技といったら、真っ先に浮かんでくるのは

「かめはめ波」

コレに間違いないと思うが。



次点に来るのは、たぶん「元気玉」だよね。




主に、スーパーサイヤ人がまだ無い頃。


かめはめ波や界王拳でもダメだったら、最終手段として使う・・。


そして、原作の終わりの頃やGTの時代になると、スーパーサイヤ人以上の切り札だった・・。


そんなイメージだったと思うんだけど。





でも、なんかなあ・・。


原作だけで見たら、元気玉は意外とヘタレ技だった気もしないでもない。




パワーボールで戦闘力低下して弱った末に大猿から戻ったベジータを倒せなかった。


ナメック星では、あれだけ元気を集めて特大元気玉にしたのに、食らったフリーザはスーパーサイヤ人と殴り合えるくらいは元気だった。




(;´・ω・) ラストのブウ以外では、誰も倒せていない・・?




もし、ブウ編までの元気玉の使用が


映画アニメ込みでこの2回しかなかったら・・。





純粋ブウに使った時、


「どうせ、また倒せないんだろうな」


こんなイメージになってしまったんじゃないだろうか?





でも、初期のZの映画では、元気玉はいっぱい活躍してくれたよね。



ドクターウイローが元気玉の最初の犠牲者になったが、


「孫・・・悟空~~!!」


って叫びながら爆発したのは印象的だし。




ターレスの神精樹にメリ込みながらの


「ぎゃあああああーーー!!」


この絶叫しながらの爆死は、


映画屈指のかっこいい決着だったと思う。





スラッグ戦だと、

太陽から元気をもらって地球を覆う黒雲を晴らしたのがヒーロー技っぽかったし。





合体13号戦では、


「元気玉のエネルギーは、使い方次第でスーパーサイヤ人を上回るかもしれない?」


そんな下剋上の可能性を最初に見せてくれた。




(;´Д`) プレイディアでは、ハッチヒャックを倒すルートもあるんだっけ?未プレイだけど。




前述したけど、


これら映画etcが無かったら、


元気玉は「ブウまで誰も倒せてなかった」。




(;´・ω・) そうなってたら、連載終盤時点では、かなり微妙な技認定されてた気がする?






ドクターウィローさんがいてくれたから、


元気玉はベジータを倒せなかった悪いイメージを払しょくできた。




ターレスさんとスラッグさんを倒した実績のおかげで、


最終形態フリーザへの最終手段としての違和感が無くなった。





合体13号様が元気玉を吸収した悟空に倒されてくださったからこそ、


「元気玉は、スーパーサイヤ人を超える最終手段になるかも?」


という純粋ブウへの切り札として自然に受け入れられた。






つまり、元気玉は映画によって、かなり救われていた。




(;´Д`) 連載当時には、そんな効果が働いていたような・・いないような・・。


☆↓ドラゴンボール考察!!

☆↓ドラゴンボール戦闘力語り!!