ナメック星編の元気玉の名前は超元気玉or特大元気玉どっちなんだ【ドラゴンボール】

フリーザ編の元気玉は原作とアニメなら特大元気玉、ゲーム準拠なら超元気玉なんだよな、どちらの呼称が正しいのかな?


今日は、ドラゴンボールネタです。



(;´Д`) 元気玉の名称についての疑問の小ネタ。



元気玉は、かめはめ波についで悟空の代表的な必殺技だったと思う。


ベジータ戦やフリーザ戦など、超サイヤ人が登場するまでは、最後の切り札扱いだったし。



後のブウ編でも、超サイヤ人3がエネルギー切れになった後は、

純粋ブウを倒してラストを飾る決め手になってくれましたね。




・・

でも、前から疑問がある。




原作では全部「元気玉」という同じ呼称なんだけど、


実際は、各バトル毎の元気玉の名称には違いは無いのか?・・と。




原作では一貫して「元気玉」と呼ばれていたが、



ナメック星編の元気玉は、

原作やアニメのタイトルでは「特大元気玉」

激神フリーザ以降のゲームでは「超元気玉」と呼ばれていた。



純粋ブウを倒した宇宙中から気を集めた元気玉も、

「超元気玉」と呼ばれている気がする。




・・

・・



(;´Д`) 巨大サイズだと、「超」がつくのかな?




でも、見た感じの大きさ的には



フリーザ戦の元気玉

>

純粋ブウ戦の元気玉

>

ベジータ戦の元気玉



って感じだしなあ・・。




フリーザ戦より純粋ブウ戦の元気玉の方が小さいのは、

悟空が気を収縮させる技術を上げたとか、そんな感じなのか??




(;´・ω・) ナメック星を潰しかけたわけだから、悟空は範囲を絞る練習もしていたのかもしれない。





まあ、とりあえず・・。


原作とアニメでは、ナメック星の元気玉は「特大元気玉」と呼ばれていたと思う。




原作の其之三百十五

「ラストチャンス!特大元気玉」



ドラゴンボール改 第46話

「これが最後の切り札だ! 悟空の特大元気玉」



・・って感じで。




よって、個人的には




ベジータに使った掌の上に乗るボールサイズが、

ただの「元気玉」



ナメック星でフリーザに撃ったのが、

「特大元気玉」



宇宙中から集めた気で純粋ブウを倒したのが、

「超元気玉」




(;´・ω・) 各元気玉の名前は、こんなイメージがあるんだよなあ。





ナメック星の元気玉の呼称、


「特大元気玉」で統一されないかな??




(;´Д`) ブウ編の元気玉より、フリーザ編の方が大きいしね・・。

☆↓ドラゴンボール考察!!

☆↓ドラゴンボール戦闘力語り!!