「20倍界王拳に賭けるしかねえ」このフリーザ戦の絶望感をリアルタイムで味わえた人がうらやましいよ。【ドラゴンボール】

悟空の20倍界王拳がフリーザ50%に通じなかった時、当時の読者はやはり絶望したのかな?


今日は、ドラゴンボールネタです。


(;´Д`) 20倍界王拳の思い出と、そのしっぺ返しに関する考察。



正直なところ、

フリーザ戦での20倍界王拳かめはめ波は、作中屈指のカッコイイ技だったと思うんだが、どうだろう?




(;´・ω・) いきなり全開で殴り掛かり、突進しながらかめはめ波を溜めて出す・・ってのが連続技っぽくてイケてたと思う。





最終形態になったフリーザ様は、


「マックスパワーの半分も出せば、キミを宇宙のチリにできるんだ」


と宣言し、悟空が負担なしで出せる全力の10倍界王拳でも、まったく歯が立たない事態となった。



(;´・ω・) 悟空の10倍界王拳の戦闘力は3000万、20倍界王拳で6000万になるらしいな。



悟空の考えでは



「20倍界王拳を使えば、今のフリーザの力に匹敵できそうだ」


「かめはめ波を使って瞬殺する作戦が決まれば、なんとかなるかもしれない」


「だが、それは今のフリーザがフルパワーなら・・の話」


「アイツが『今は50%』と言っているのが本当なら、もうどうしようもない」


「アイツの話がウソであることを祈るしかない」


「賭けるしかねえ!!」


「今度こそ、ハッタリであってくれ・・!!」


「うおおおおお・・・!!!」




悟空は20倍界王拳を使って殴り掛かり、フルパワーのかめはめ波も撃つが・・。


フリーザは身体を傷つけつつも片手で抑え込んでしまい、

「本当に50%しか使ってなかった」

という事実が発覚してしまう。




「!! ・・くそったれめ・・!!」


「なんてことだ。たいして効いちゃいねえ!」


「あいつ、本当に半分の力しか使ってなかった!!」




ようは、悟空が負担なしで使える10倍界王拳は、フリーザの1/4の力でしかなかった。


そして、無理をして出した20倍界王拳すらも、フリーザの半分の力と互角のレベルに収まってしまった。


さらに、悟空は界王拳の反動で大ダメージを受け、余計に窮地に立たされる・・。


って流れでしたな。




(;´・ω・) これに、当時ジャンプを読んでいた読者は、かなり絶望したんだと思う。




それまでは、限界の界王拳を使えば、敵のパワーを上回ることはできていたからね。


ナッパやギニューは、2倍界王拳を使えば大幅に上回ることができた。


ベジータも、3倍~4倍界王拳を使えば、大猿化さえしなければ悟空の方が戦闘力が上になった。




だが・・。


フリーザに対しては、限界まで界王拳を使っても、


相手の半分の力までしか到達できなかった・・。




(;´Д`) 最大レベルの界王拳を使っても、一瞬ですら相手を上回ることができないという初のケース。




(;´・ω・) 映画込みで、ターレスやスラッグ相手なら、すでにこれに近いパターンはあった気がするけど。




実は私は、この当時はリアルタイムでジャンプを読んでいなかったんだよね。


ジャンプを読んで、コミックスを集め始めたのは、人造人間編が始まってからだったからね。




(;´Д`) 丁度、悟空VSフリーザの前後からドラゴンボールZを観るようになったのでした。




よって、ベジータ戦での界王拳の頼もしさ+反動の副作用はよくわかっていなかったし、


20倍が通じないことにビビる悟空の様子も、いまいちピンと来ていなかった。



普通なら


「MAXパワーの界王拳を使っても通じないなんて!」


「しかも、悟空は反動で大ダメージを受けてしまった!!」



この事実にガタガタ震えると思うんだが、

それを体験し損なった・・ということであります。




(;´・ω・) リアルタイムのフリーザ編読者が羨ましいな~。



(;´Д`) 私も、「限界の界王拳が通用しない!」という絶望を味わってみたかった・・って思い出話です!

フリーザ戦で悟空に一番ダメージを与えたのは、実は20倍界王拳だった?

お次は


「フリーザ戦において、悟空に一番ダメージを与えたモノは何か?」


ってことを考えてみましょう。




(;´Д`) これは、実は20倍界王拳の反動だったと思う。




以前、このブログでもフリーザ戦で20倍界王拳・かめはめ波を撃った悟空の戦闘力について詳しく考察したんだが。



その結果は


「20倍界王拳の戦闘力は、書籍の設定込みで、スペック上は6000万」


「だが、実際に出せた出力は、おそらく5500万前後のハズ」


という結果となりました。




(;´Д`) 戦闘力考察の詳細を知りたい人がおられましたら、「20倍界王拳」でブログ内検索してくらはい。




無理をして20倍を出し、フリーザ50%に匹敵するパワーを出したは良いが、肉体への反動、しっぺ返しでヘロヘロになってしまう悟空。



「ほんとに パワーがずいぶん無くなっちまった」


「やっぱし、20倍界王拳はムリがあった・・」



この時の悟空の基本の戦闘力は、ドラゴンボール大全集etcでは「300万」だったらしい。



(;´Д`) 10倍界王拳で3000万、超サイヤ人が50倍で1億5000万になるようだが・・。




その基礎戦闘力の300万から


「パワーがずいぶん無くなっちまった・・」


ということは・・。




たぶん、基本値が200万前後くらいになってしまっていたのではないだろうか??



(;´Д`) ずいぶん無くなった=3~4割は飛んでると思う。




この


20倍後にヘロヘロになった悟空の界王拳なし(200万前後?)

VS

デンデで回復したベジータ(200万強?)

or

第三形態フリーザ(200万弱?)



(;´・ω・) これは、割と面白い勝負になった気がする。





・・

まあ、つまり。



フリーザ戦のスーパーサイヤ人悟空は1億5000万設定なのだが、体力を失ってるので、おそらく8000万~1億1000万あたりが関の山だった。



ムキムキになったフルパワーの100%フリーザも設定では1億2000万なんだけど。

こっちもこっちで、特大元気玉で大ダメージを受けていたので。

やはり、8000万~1億程度だったのではないだろうか?





ようは


悟空VSフリーザのナメック星編のラストバトルは



10倍界王拳がボコられる

→

20倍界王拳が通用しない(悟空が大幅に削られる)

→

元気玉からフリーザ生還(フリーザが大幅に削られる)

→

超サイヤ人孫悟空 VS フルパワー100%フリーザの頂上決戦



こういう流れだったんだよね。




つまり、やはりフリーザ戦で悟空を一番削ったのは・・。



(;´Д`) フリーザからの攻撃ではなく、自身の20倍界王拳の反動だった・・ってことになる?




20倍界王拳を使ってなければ、スーパー悟空はフリーザにもっと楽勝していた。


元気玉の直撃が無ければ、おそらくフリーザがスーパー悟空に勝っていた。





この削り合いがあったからこそ、


SS1孫悟空 (カタログスペックは1億5000万)

VS

100%フリーザ (カタログスペックは1億2000万)


これが、ほとんど互角の名勝負になったんだよね。




そして、さらにフリーザがフルパワーに耐えられず、

弱っていくことで決着が着いた・・と。




(;´Д`) 悟空VSフリーザの名勝負において、両者がどのように戦闘力を落としていったか・・って考えるのも、割と面白いかもしれませんな・・!!

☆↓ドラゴンボール考察!!

☆↓ドラゴンボール戦闘力語り!!