【故障】どうしてスカウターって爆発して壊れるの??ww(ドラゴンボール)

戦闘力はかるやつ。スカウターが故障せずに測定できる戦闘力の限界値は??

今日は、ドラゴンボールネタです!


ドラゴンボール世界のアイテムについて語ろう!!



そう、サイヤ人編からの新しい概念・・戦闘力。


それを測ってくれるアイテム、スカウターさんの話です。



このスカウターは、しょっちゅう壊れてたわけですが・・。


その理由とは??



そして、各スカウターの測定限界値のお話!!




意外だけど、旧型スカウターでも53万を測ることができるかも??・・という話。


だが、状況によっては。


旧型スカウターで測れる限界数値は、22000。


新型スカウターで測れる限界数値は、220000になる・・。



・・そんな話をしていきます!!



(;´・ω・) リアルでスカウター欲しいわ。おもちゃでなく。

旧型スカウターが戦闘力22000で壊れる理由・・。これは熱暴走かもなあ・・。

まず、第一に。


みんな、スカウターが爆発しても驚いてないんだよね。


つまり、「最初から爆発してもおかしくない設計だった」ということだ。



(;´Д`) フリーザ軍は、スカウターが爆発する前提で使ってます。



そんで、旧型のスカウターが爆発した時の数値を見ると・・。


地球における悟空とベジータの闘い。

ブルマさんが悟空の3倍界王拳を測定したところ、21000を超えたところで「ボンッ」


ナメック星編の冒頭でも、24000まで上昇したベジータを測定した時・・。

キュイとザーボンの旧型スカウターが、22000を超えたあたりで爆発した!!



ブルマさんのスカウターは、ラディッツのものなので。

当然、旧型スカウターだったのだろう。



つまり、旧型スカウターの爆発には・・。


22000という数値が重要なんじゃないだろうか。



ふむふむ・・。


旧型スカウターで測れるのは、22000が限界、と・・。




・・・

そんな、単純な話なのだろうか・・???



この「22000」という数値。

これがどういう意味合いを持っているのか、それを考えてみよう。



22000といえば・・。

ドラゴンボール大全集によると、ドドリアさんの戦闘力数値そのものである。

また、変身前のザーボンさんが23000なので、それに匹敵する数値である。




ということは・・。


もし、彼らにスカウターをセットすると。



そ の 時 点 で

ぶ ち 壊 れ る

こ と に な る。




だが、それはないと思う。


だって、ナメック星に来た時のベジータが、フリーザたちの居場所を探っているからね。


ドドリアさんとザーボンさんは、戦闘力のコントロールができない。


だから、常に22000を超えているはずである。



なにより、フリーザ様が傍にいる。


というか、この時のベジータが知りたかったのは、フリーザ様の居場所である。


フリーザ様はコントロールができるから、53万ではなく普段は15~20万だったかもしれない。



(;´Д`) ギニュー隊長より低く抑えてる、ってことはないと思う。



ということは・・。


ナメック星に降り立ったベジータは、フリーザのヤロウの場所をスカウターで探った。


その時点で、フリーザの居場所を知ろうとしたベジータのスカウターはぶっ壊れるはずである。




ベジータ様

「ちっ・・。またスカウターを使うはめになるとはな!!」



ピピピピピ・・ボンッ!!



ベジータ様

「いやん、壊れちゃった!」

「ザーボンとドドリアもいたっぽいけど、もう場所がわからない・・」

「ドラゴンボールの情報を盗聴することもできない」

「(´;ω;`) オレの反逆はゲームオーバーです! 本当にありがとうございました!!」




・・こうなってしまうよな。


ベジータのスカウターが最新型で、ギニューと同じ性能だったとしたら、18万までは測れる。


フリーザは、いつもは18万以下まで落としているので、測ることができた・・と考えることもできるが。




ザーボンとフリーザ軍の雑兵たちは、旧型スカウターを装備しているだろう。

彼らが、フリーザやドドリアと合流する時、いちいち居場所を測るたびに壊れる・・。


・・それは、ありえないと思う!!




つまり、測定対象のキャラが安静にしていれば。


旧型スカウターでも5万とか、手加減しているフリーザ様の15万以上を測れるのではないだろうか!?



だが・・。


セットした相手の戦闘力が意味不明な伸び方(界王拳、戦闘力のコントロール)をしてしまった場合。

正しく処理できるのは、22000までが限界・・って感じなのではないかな??



と、いうことで。



旧型スカウターは・・。

普段は、ザーボンやドドリアの戦闘力22000以上すら問題なく測れる。

フリーザ様の、常時15万~53万も、絶対に測ることが可能。



だが!!



相手の戦闘力がグングン伸びていくと、演算処理が追い付かなくなってしまう。

熱暴走か何かかは知らないけど、22000あたりで限界を迎え、爆発オチとなる。


そういう仕様(?)のことを、ザーボンやドドリアが聞いて知っているかは不明だが。


爆発したこと自体には驚いていないので、「スカウターは爆発することがある」という認識自体はあるようだ。


スカウター自体も、耐用年数というか部品の劣化みたいなのがあって、数年しかもたないとか?


だから、スカウターの数値は「故障だ」と軽視されてしまうことが多い。



(;´Д`) そんな感じのアイテムだった、と思うな。

最新型のスカウターは、戦闘力をいくつまで測れるのだろうか!?
→22万かも。

前述したように。


旧型のスカウターは、22000までは絶対に測れるようだ。



(;´・ω・) 相手の気がメチャクチャに上がらない限りは、もっと測れる。



じゃあ、ドドリア様とギニュー特戦隊が装着しており、ジースがフリーザ様に渡したアレ。


最新型のスカウターはどうだろうか??



この最新型のスカウターは、ギニューが悟空の18万を測っていたが。


ポルンガが消えた後、フリーザがベジータを測ると爆発してしまった!!


この時のベジータの戦闘力は、当時のVジャンプで25万という設定だった。


第一形態のフリーザと組み合ってる時は、ベジータは25万くらいまで上昇し続けた・・。


ということになる!!




つまり!!


新型のスカウターは、旧型の10倍の処理能力がある!!


戦闘力のコントロールをする相手でも、22万くらいまでは測れたんじゃないかな・・。


そんで、ベジータが25万を迎える寸前に壊れた・・。


・・のだと、思います!!!



(;´・ω・) SFCのスーパーサイヤ伝説でも、新型は219999が限界でしたね。




と、いうことは・・・。

ギニューが測った悟空の18万は、9万×2倍界王拳だったので。



悟空

「もうちょいビビらせてやるか・・。3倍界王拳!!」


コレで27万だったら、ギニューのスカウターも壊れていたのかも・・しれない。


ギニュー

「18万・・!? まだ上昇している・・!!」

「19万・・21万・・ぐわーーーっ!!」



(;´Д`) こんな感じでね。

☆まとめ☆スカウターが爆発して故障する理由は!?戦闘力いくつまで測れる!?

スカウターには、新型と旧型がある。


どちらも、戦闘力を変化させていく相手の測定に弱い。




旧型は、計算能力の限界を超えるのが22000あたり。


それ以上に気を上げていくタイプの人間を測ると、熱暴走か何かで爆発してしまう。


だが、戦闘力のコントロールができない(していない)状態のキャラなら、3~10万以上でも測れると思う。


(;´・ω・) ベジータや雑兵が、フリーザたちの数値を測れているからです。




最新型のスカウターは、旧型の10倍の処理能力を持っているようだ。


ギニュー戦の悟空の2倍界王拳18万を測れた。


でも、第一形態戦のベジータの25万は測れずに壊れてしまった。


スーパーサイヤ伝説では、21万9999で壊れてしまう。


つまり、最新型は旧型の限界22000の10倍。

上昇していく相手でも、22万までは対応可能・・って感じだと思う!!




すぐに故障が疑われるのは・・。


地球の家電製品みたいに、耐用年数の問題なんだろう。



(;´・ω・) 部品が、すぐに劣化するとかね。



以上!


デザイン的にもカッコイイ、スカウターさんのお話でした!!!



(^ω^) 本物のスカウターが欲しいね~。

↓☆他のドラゴンボールネタ☆!!↓