ランファンVSナムの試合って、今ならアニメ化できないんだろうな・・(ドラゴンボール)

ランファンは全世界に自分の下着姿を晒して、何がしたかったのだろうか??

この前ドラゴンボールのDVD観てたんだが。

無印の22話、ヤムチャvsジャッキーチュン。



これ、今の時代ならアニメ化はできんかったんじゃないだろうか。

(;´Д`) 理由はわかるよね?

いきなり脱ぎだしてお色気攻撃とか、もう無理だろ。



ストーリー的には、彼女の役目は「ヤムチャがジャッキーチュン=亀仙人と確信する材料」だったけど。




この娘、何をしに天下一武道会に出たんだろう?



不意打ちとはいえ、悟空を苦戦させたナムにダメージを与えてるから、
格闘はそれなりに威力があるみたいだし。


「力の限り闘わせていただく」って本気を出したナムの突きも何とか避けている。


実は、当時のヤムチャとイイ勝負ができるくらいの実力はあったとか??




それなら、意外とランファンは誇り高い武道家だったのかもしれない。

「私は、どうしても天下一武道会で優勝したい!!」

って思ってたのかな?




だが。

全世界に下着姿を中継させてでも、勝ちたかったのか・・?



(;´・ω・) このおねーちゃん、実は露出狂だったのでは・・?




でも、ランファンって実は良い人っぽい気もする。



ジャンプ記事の特集のキャラの履歴書で「嫌いなものはガキ」って書いてあったけど。

ギランとの試合前に居眠りしてた悟空を一緒に探してくれてたりするからな~。



ホントに「ガキ嫌い」なのかな?

けっこうイイ人だったんだと思うけど。




もしかして、「私はガキは嫌いなのよっ!!」とか言いつつ。

実は陰で子供を可愛がったりしている、ほのぼのキャラだったとか??




最後に、ランファンのその後について考えてみる。



そういえば、タンバリンには殺されてなかったですね、ランファン。

チャパ王とかパンプットは、時間稼ぎのアニオリで無駄に殺されてたが。



(;´・ω・) 黒こげにされたバクテリアンが一番むごかった。



なんでも、彼女は24歳で21回天下一武道会に出場した後、5歳年上のトランクス氏(ベジータとブルマの息子ではない)という一般人と結婚したらしい。


22回天下一武道会に出なかったということは、結婚して武道家引退したのかも。

そして、新居に引っ越したんで、タンバリンが奪った名簿の住所には居なかったのかな。




しかし・・。


ドラゴンボール超で、トランクスとくっついたのがマイじゃなくてランファンだったなら。

30余年越しの伏線になってた気もする。



トランクス氏って、別次元から過去に来た29歳のトランクス・・。


(;´Д`) ・・じゃないよね??

☆↓他のドラゴンボールネタ!☆