ナッパの戦闘力4000はおかしいのか?【ドラゴンボール】

ナッパの戦闘力は、なぜ4000なのか?
それを教えてあげるよ!!

今日は、ドラゴンボールネタです。



(;´・ω・) 物議を醸す永遠の命題。


(;´Д`) ナッパ様の戦闘力4000問題についての考察。



ナッパの戦闘力がいくつか、という話には昔から諸説ある。



「公式やゲームで4000なんだから、4000確定」


「8000以上の悟空と良い勝負だから、7800はあるはずだ!」


「4000でもいいが、タフさだけは6000級」


「ナッパ様は全王神だから、通常時で7878兆。スーパーサイヤ人78で7800不可思議」



・・などなど。



まあでも、ぶっちゃけ4000なんだけどね。


以下で、その理由を解説しよう!

ナッパが戦闘力4000である理由を、
3つほど挙げてみる!!!!

理由その①。

到着したばかりの5000悟空の動きが見えてない。




悟空の戦闘力は「許さんぞ貴様ら~!!」で気合を入れてからが8000以上だったんだよね。


筋斗雲から降りた時点の悟空は5000。


ナッパは、その5000悟空に「挨拶がわりだ!」のパンチを避けられ動きが見えなかった!!



ナッパが6000~7000なら、

冷静にならずとも5000の動きは見えたはずだ。



これはもう、5000の動きにすらついていけない、としか思えない。

つまり、ナッパの戦闘力は4000である。





理由その②。

悟空がナッパ戦で8000を出したのは、かめはめ波だけ。



「許さんぞ貴様ら~!!」で8000をいつでも出せる状態にした悟空。


悟空にとってこの8000は、界王拳なしのフルパワー。


当然、この状態で闘えば体力を消費する。


ベジータがいるのに、まだスタミナを使って闘うつもりはない。

いつでも8000を出せる状態にしてから、5000で闘ったということだ。


まして、ナッパは筋斗雲を降りた戦闘力5000の悟空の動きを見切れない格下。

8000で闘う理由はどこにもない。




考えてもみてほしい。


「威張ってたわりにたいしたことねえな」


こんな評価の相手に、

素の全力である8000なんて使うわけがないのだ。



ナッパの命までは取らないように、

5000で攻撃していたとみるのが妥当ではないか?




ただし!


ナッパ様の最高の技、「カパッ!」を切り返す瞬間だけは、8000を使ったと見る。


まともに食らったらヤバイ技を防ぐのだから、全力を出したと考えるべき。



その時に「かめはめ波を"少しは"食らったのに」と驚きはさせた。


でも、これはナッパが8000に耐えるという話ではない。


かめはめ波はカパッで相殺されてるから、威力は低下している。

かめはめ波を少しを受けた時の衝撃がどれくらいだったかは、誰にもわからないのだ。



これでは

「ナッパは8000に善戦したんだ!!」

とはまったく言えない・・。



そんなシーンは無いのである。





理由その③。


ナッパはアタマを冷やしたあと、悟空に健闘できてたわけではない。



殺意のない5000キャラ

VS

殺す気満々の4000キャラのガチの本気



・・

これならば、冷静になればある程度は動きを読むことも可能だろう。

ベジータ曰く「冷静になれば捉えられる」というのも間違いではない。


5000が侮っているなら、

4000が食い下がることも充分に可能だ。




悟空の考えは「懲らしめてやる、恨みの一撃を1人ずつ当てる、命まで取るつもりはない」



ナッパが死んでしまわないように

「4000を倒せる程度の攻撃」しかしていないのだ。



ガチで瞬殺しようとしたら、「今の一発はチャオズのうらみだ」の時点でナッパは死んでいる。


ナッパが栗ごはんを狙うという卑劣な真似をしなければ、

2倍界王拳も必要なかった。




しかし、ナッパの状況はまるで逆。


ナッパの考えは


「正攻法では勝てない!」

「いきなり不意打ちで最強の技をブチ込んで殺すしかない!!」


その判断ができるあたりは、けっこう頭脳的と見るべきだろう。



「単細胞のバカ」と散々な評価だが、

高度な戦闘用の脳ミソがあると言ってよい。



至近距離まで詰め寄り、最高の技=カッパを使って悟空の命を狙うことを思いつくナッパ。



「冷静になって4000の最高の技を5000にブチ当てる」

「短時間で速攻勝負」

これがナッパの大作戦だった。



しかし、とっさに8000のかめはめ波を出されたら、もう押し返されるに決まっている。


この時点で詰み。



以下、この時のベジータの心境。


(あー・・。今まで5000の動きだったから、4000ナッパでもハマればなんとかなると思ったが)

(やっぱ無理だわ。カカロットは本当に8000以上あるわ・・。よし、交代)

「もういい。降りてこい!」



・・となる。




まあ、理由はこの3つかな。


こんだけあれば、ナッパ4000で納得してもらえるだろう。

大事なのは
「悟空はナッパに対して8000で闘ってない」
って点なんだね。

まあ、普通に考えたら、



悟飯の2800の魔閃光で腕が痺れる

まともに入ったら大ダメージ。


さらに5000に滅茶苦茶ビビっているので、


その中間で大体4000ほどのハズ。



その辺で話は終わってると思うけど・・。


悟空の8000以上でややこしくなったんだよね。



だが・・。

「威張ってた割にはたいしたことない」相手に対して。

疲れるフルパワーの8000なんて使わないよね?



スタミナを温存しつつ、

通常時の5000で闘っていた、

しかも悟空にはナッパを殺す意思がない、と考えると・・。



それに翻弄されたナッパのおおよその戦闘力はわかるはず。



つまり、ナッパの戦闘力は、やはり4000ということだ。



お人好しの悟空は、ナッパを殺したくなかったので、手加減して行動不能にしようとしていた。


そこにを付け込まれ、距離を詰められ、最高の技を撃たれ、一見すると善戦されているように見えた。



悟空がいわゆるナメプしてたところに、ナッパの最高の技が襲いかかる!という流れだったので、ナッパが過剰に強く見えてしまった、というわけだ。



そのせいで、ナッパ6000説や、ナッパ7800説が産まれてしまったのだろう・・。



仮にあの時、ベジータが止めに入らなかったら?



悟空は8000のフルパワーを使って、

ナッパを10秒くらいで行動不能にしてたと思う!!!




(;´Д`) 以上。ナッパ4000の理由でした!!

☆↓他のドラゴンボールネタ!↓☆