フリーザに使った元気玉の戦闘力は1億3000万!!(ドラゴンボール)

ナメック星でフリーザに使った特大元気玉の戦闘力は?1億3000万です!!

フリーザが受け止めきれなかった元気玉です。
コイツの戦闘力がいくつだったのか考察しよう!!!

引用:鳥山明『ドラゴンボール完全版 22巻 29ページ』
いきなり結論。

フリーザに使った元気玉の戦闘力は1億3000万!!


悟空がナメック星でフリーザに撃った元気玉の話。


其之315話のタイトルでは「特大元気玉」。

ゲームなどの悟空の技名では「超元気玉」と名付けられているアレです。



悟空は20倍界王拳が通用しないフリーザに対する切り札としてコイツを使ったわけですが。



じゃあ・・。

「この時の元気玉には一体どのくらいの戦闘力があったのか?」

っていう話を、一緒に考えていきましょう!!

まず大前提として次の3つを挙げておく。

前提は次の3つです。

1.
書籍に書いてある戦闘力の数値をそのまま使う。
ドラゴンボール大全集とか。



悟空 基本戦闘力
300万


悟空 10倍界王拳
3000万(10倍)


悟空 20倍界王拳
6000万(20倍)


悟空 超サイヤ人
1億5000万(50倍)


フリーザ 最終形態50%
6000万


フリーザ 最終形態フルパワー
1億2000万



2.
悟空がフリーザのフルパワーを把握したタイミングが、20倍界王拳が破られた時点だという認識。


3.
悟空は元気玉を使った時点では、フリーザが100%を出すためには時間をかけなければいけないことをまだ知らない。


1.はまあ、公式本ということで。

2.と3.が重要なんで、これから解説していく。

悟空は、20倍界王拳が効かなかった時点で、すでにフルパワー100%のフリーザの戦闘力1億2000万を把握している。

まずは、大前提とした前提2の部分から。


悟空がフルパワーフリーザの戦闘力を知った時点の話をしておこう。



そのタイミングは、「20倍界王拳が通じなかった時点」である。



意外と早い。

まだ、悟空は超サイヤ人になってないし、フリーザが100%にもなってない段階です。



フリーザは「50%でキミを宇宙のチリにできる」と言って、10倍界王拳を使っている悟空を翻弄します。

50%フリーザの6000万に追い詰められる、10倍界王拳で3000万の悟空。


そんな悟空は、15倍ではなくいきなり20倍を使う決意をします。



15倍の4500万じゃダメな理由??

目の前の相手の気が、6000万だからですね。




「今のフリーザの6000万がフルパワーであるなら・・」

「・・20倍でなんとか互角になれる! そうであってくれ!」

「狙うはかめはめ波のみ。一撃で倒すしかない・・!」



こういう心理で、悟空は20倍界王拳を使った!

しかし、結果は・・。



20倍界王拳の全力パンチは、一発目こそヒットしたものの・・。

2発目は、あっさりと避けられ・・。

それを避けられながら詠唱(?)して放ったかめはめ波ですら。

「たいして効いちゃいねえ」でした。



「ハッタリじゃなかった」

「あいつ、本当に半分の力しか使ってなかった・・」



20倍界王拳が効かなかった時に。

悟空は「それまでのフリーザが本当に50%の力しか使っていなかった」と認識したということです!



20倍界王拳でやっと追いつける気。

6000万相当のフリーザのパワーを

「本当に半分の力だった」って評価したってことですね!



つまり。

この20倍界王拳が破られた時点で、悟空はフリーザのフルパワーが1億2000万だと把握するわけですな。




フリーザ50%=20倍界王拳=6000万なら、フルパワーは1億2000万。

簡単な計算です。




具体的な数値というよりも

「ヤツのフルパワーは、オラの20倍界王拳の2倍はある・・!」

って受け取り方だろうけどね。

悟空は、どのくらいの強さの元気玉を作ろうとしたのか?=戦闘力1億2000万を倒せる玉です。

さて、ついに悟空は元気玉の使用を決断します。

フリーザのフルパワーを把握したうえで。



この時点では、悟空はフリーザが時間をかけてムキムキにならないと100%になれないなんて、まだ知りません。


これが先ほど話した、前提その3です。


超サイヤ人との戦闘中にフリーザが70%=8400万までは瞬時に出せることが判明しますが、それはまだ先の話。




この時点の悟空にとって、フリーザとは・・。

「すぐに1億2000万を出せるバケモノ」

という認識でしょう。




ふむ。

瞬時に1億2000万パワーを出されてしまうとしたら・・。

どのくらいの元気玉をぶつければ勝てるんでしょうか?




8000万?


余裕で耐えられそう、話にならん。




1億?


ダメ、まだまだ不安です。

「まだフリーザを倒せる玉じゃ・・」って感じかな?




1億2000万?


最低でも、というラインがここかな。

勝てるかもしれませんが、相手と同じ戦闘力。

耐えられてしまう可能性も十分あります。




というわけで。

悟空は1億2000万の相手を確実に倒すため、もう少しだけ元気を集めたと思われます。


でも、時間が押しているため、過剰に集めている時間は無かった!




そこで、結論としては。



「フリーザに使った元気玉の戦闘力は1億3000万」

というのが妥当。




しかし、疑問は残る・・。

「瞬間的には70%の8400万しか出せないフリーザが、なんで1億3000万の元気玉に耐えられたのか?」ということ。



これは「打ち所が良かった」としか言いようがないかもしれません。



実際にシッポが切れてしまっているので、首とか腕がブッ飛んでいてもおかしくなかったと思います。


フリーザ本人も「今のは死ぬかと思った」と言っていた。


元気玉からのフリーザ生還は、かなり奇跡的なことだったんではないでしょうか?


100回やれば95回は死んでいるみたいな・・。



フリーザはナメック星の爆発でも運よく生き残ってる。

フリーザ様の「うんのよさ」はカンストしてるのでは・・?



人造人間編ではゼロになってしまったようだけど。

(;´・ω・) バラバラにされたし。

ナメック星編で戦闘力が最強なのは、実はあの元気玉だった!?

最後に、ナメック星における最強の戦闘力の値の話をする。



公式設定では、フリーザ編のスーパーサイヤ人の悟空は1億5000万。

100%フルパワーのフリーザは1億2000万でした。



しかし、これはあくまで、二人が万全ならのお話ですな。



悟空はそれまでの戦闘で体力を奪われており、フリーザも元気玉で大ダメージを受けています。

悟空の方が疲労が大きかったからこそ、超サイヤ人VSフルパワー100%は互角に近かった・・とも受け取れる。


もしかしたら、超サイヤ人悟空も100%フリーザも、よくて1億程度か、悪くて1億を切っていたかもしれません。



そうすると。


「フリーザ編で実現した最強の戦闘力の数値」をもつのは・・。


疲労した超サイヤ人の悟空ではなく、大ダメージを受けていたフルパワーフリーザでもない。


「100%のフリーザを倒せる想定で作られたのに、運が悪く決め手にならなかった元気玉」

だったのです!!



うーむ・・。

ちょっと意外だったかも!?




とりあえず、結論としては!

対フリーザの元気玉は1億3000万です!!



(;´Д`) しかも、それがナメック星編における最強の一撃!!!