フリーザ戦の悟空の10倍界王拳の戦闘力が3000万ってインフレし過ぎじゃないの?【ドラゴンボール】

悟空が3000万、ピッコロが100万、悟飯も100万、クリリンが5万くらいとすると・・。
3000:100:100:5って感じか。


今日は、ドラゴンボールネタです。



(;´Д`) 10倍界王拳というインフレ技について考える。



昨日は、悟空のフリーザ戦での基本戦闘力が300万ということについて語ったんだが。




基本が300万なら、そこから界王拳を使えばn倍で上昇していくのは明々白々である。



(;´・ω・) つまり、フリーザに使った10倍界王拳時の戦闘力は、3000万なのだが・・。




界王様いわく

「残念だったな。いま使っているのが10倍界王拳なのだ・・」



そう言われてフリーザには通用しなかったとはいえ、

戦闘力の桁がどんどん上がってることには、インフレを感じますな。



数時間前はギニュー特戦隊と数万程度の戦闘力で殴り合ってたのに、

1日もしない内に53万、100万オーバー、そして数千万までバトルのレベルが上昇したわけだ。




(;´・ω・) 狂ってる・・。




まあ、それはいいとして・・。

各キャラクターの戦闘力を比較すると、どうだろうか?




あの場にいたZ戦士たちを並べてみると・・。


悟空が3000万。

ピッコロさんが100万以上。

悟飯も、ブチ切れればたぶん100万以上。

クリリンさんはVジャンプで75000記載だったが、わかりやすく5万としよう。



すると、1万分の1にした比率は


3000:100:100:5


って感じになるのだが。




この数字を、そのまま作中に出ていた戦闘力のキャラに当てはめると・・。



悟空
=
「ナメック星人の若者 3000」


ピッコロ
=
「亀仙人 (ラディッツ編で139)」


悟飯
=
「鶴仙人 (大全集で120)」


クリリン
=
「戦闘力5のおっさん」



・・

・・

(;´Д`) 微妙な面子になった。



(;´・ω・) フリーザ戦当時のクリリンが10倍界王拳悟空に挑むのは、5のおっさんがナメック人の若者に殴り掛かるようなもんなのか・・?




でも、超サイヤ人の1億5000万と、

フルパワーフリーザの1億2000万なんてもっと酷いしなあ。



これをさっきの通り1万分の1にして比べると


超悟空 15000

ピッコロ 100

悟飯 100

クリリン 5


って感じか。



(;´・ω・) ナメック編最終のピッコロと悟飯って、超サイヤ人悟空の1/100の強さしかなかったんだな。




サイヤ人編で例えつつ、似たような比率で例えると


超悟空
=
「大猿ベジータ 18万」


ネイルと融合ピッコロ
=
「サイヤ人編ピッコロ 1220~3500」


フリーザ戦最終悟飯
=
「サイヤ人編悟飯 981~2800」


フリーザ戦クリリン
=
「ナムとかチャパ王とかその辺り 50~100」



こんなもんか。




比率的には、



サイヤ人編の

最強キャラ大猿ベジータ:ピッコロ:悟飯



これと



フリーザ編の

最強キャラ超サイヤ人孫悟空:ピッコロ:悟飯



って、そんなに変わらないのかな?





戦闘力の数値自体は、

ハイパーインフレを起こしたけど。




(;´Д`) 悟空とラスボス:ピッコロたち2,3番手のサブキャラの力関係、みたいなバランスに関しては、そこまで変わってないのかもしれない??




・・クリリンさんだけは、脱落してるが。




(;´・ω・) フリーザ編時点でのSS1悟空VSクリリンは、大猿ベジータVSナムみたいなヒドい勝負になるんだな・・。


☆↓ドラゴンボール戦闘力語り!!

☆↓ドラゴンボール考察!!