チャパ王の戦闘力は?サタンやナムより明らかに格上の強さだ!!(ドラゴンボール)

必殺技は八手拳!チャパ王はパンプットよりは強いが、タンバリンには手も足も出ない!!

今日は、ドラゴンボールネタです。


伝説のアフロキャラ、チャパ王の戦闘力について語る!!




チャパ王って、意外に弱いと思われてるよね。


比較対象がミスターサタン、ナム、パンプット・・


このあたりなことが多いし。





だが、チャパ王はこの3人と比べたら、明らかに格が上過ぎると思う。


というか、サタンとナムとパンプットの3人が同時に襲ってきても・・。


普通にチャパ王の方が勝つハズ。




(;´Д`) そんな話をします。

第22回天下一武道会。亀仙人が警戒している時点で、チャパ王はパンプットよりはるかに格上!!

まず。

チャパ王の初登場時。



第22回天下一武道会の予選の一回戦で、悟空の対戦相手として登場した。

この時のみんなの評価が、やたら高評価である。



ヤムチャ様は

「とにかく、凄まじいほどの達人らしい」

「かつての天下一武道会では、触られもせず優勝をさらった」

「(悟空に対して)チャパ王を一方的に仕留めるなんて・・」



亀仙人=ジャッキー・チュンは

「孫悟空も、初戦からとんでもない試合をしそうだ」

「(チャパ王に楽勝したから)やばいかもしれん・・。わし」



クリリン+ヤムチャ

「(八手拳を防ぐ悟空を)すげえ・・!!」

「全部受け止めているぞ!!」




亀仙流軍団は、チャパ王の動きを見てもなお、高評価を下しているのだ。


(;´・ω・) マジもんの達人、ということがわかる。




ちなみに、パンプットは、クリリンとジャッキー・チュンから以下の評価をもらった。


クリ「それほどすごくは・・」


カメ「あくまでも、常識レベルの達人ということじゃ」




2人からこう言われたパンプットより、チャパ王はカナリ格上ということですな。




さらに。



クリリンとヤムチャは、八手拳をすべて受け止めた悟空に驚愕していた。

=

クリリンとヤムチャでは、八手拳を全弾or何発か被弾してしまう。

=

チャパ王は、クリリンorヤムチャ相手なら、かなり好勝負をする。

=

単純な殴り合いなら、22回チャパ王>22回チャオズの可能性が高い。




アニメのオリジナルでは、チャパ王はタンバリンに秒殺されてしまった。

クリリン(疲労してた?)も、タンバリンにアッサリ殺られた。


そんで、クリリンは大会の最中に

「ボクと同じくらいの実力のヤムチャさんが~」と言ってたので。




(;´Д`) 22回のチャパ王は、実は当時のクリリン・ヤムチャと互角くらいかも???



当時のクリリンとヤムチャは、とうぜんナムよりは強いと思う。


アニオリになるが、ナムは予選に出てて、天津飯に瞬殺されてしまった。

よって、天津飯にそこそこ食らいついたヤムチャ>瞬殺されたナム、である。



つまり。




22回のチャパ王、クリリン、ヤムチャが同程度の実力

>

ナム(大ジャンプで常人を超越してる)

>

パンプット(常人レベル)

>

サタン(レベルが落ちた後の天下一武道会の優勝者)



よく比較されがちなキャラの序列は、こんな感じだと思う!!




で、具体的なチャパ王の戦闘力だが・・。



亀仙人の

「(チャパ王に楽勝した悟空とやったら)やばいかもしれん、ワシ」


クリリンの

「(ぜんぜん力を出してない悟空に対し)最初から飛ばすと、バテちゃうぞ(かなり力を出してるように見えた)」




これらの意味合いのセリフからだと



「チャパ王は、亀仙人でも簡単に勝てない相手」


「クリリンとヤムチャは、苦戦は免れず下手すると負ける」



ということになりそうである。




亀仙人の戦闘力はラディッツ編で139。


この22回の時点では、隠れて修業していたので。


変装のジャッキー・チュンの戦闘力は、145くらいあったと思う。




この140クラスの亀仙人すら


「楽には勝たせてもらえない」のなら・・。


チャパ王の戦闘力は、70~100では物足りない。


おそらく、110くらいはあるはずだ!!




(;´・ω・) 22回のチャパ王の戦闘力は、110前後です。


(;´Д`) クリリンとヤムチャが、110~120くらいかな。

第23回天下一武道会。チャパ王は鶴仙人やタオパイパイより強くなった!?

チャパ王は、22回の予選で、まさかの初戦敗退をした。


アニメではその後、傷心のさなか、自身の経営する道場で修業するが・・。


いきなり、タンバリンに殺されてしまった。




しかしチャパ王はメゲない。


ドラゴンボールで生き返った3年後、第23回天下一武道会にふたたび出場することになる。



(;´・ω・) また予選の1回目で主人公と当たる、死亡フラグ。



意外だけど、チャパ王は「悟空に勝ってやる!」みたいなことは思ってなかったみたい。


「またしても、最初の試合がきさまとはな」


「まあよかろう、雪辱を晴らす絶好の相手でもある・・」



(;´・ω・) ???


(;´Д`) 悟空に勝つために出てきた・・わけではないのか??



悟空への雪辱が目当てではないのなら・・。


チャパ王が出場した動機は、まったくもって不明としか言いようがない。



(^ω^) 単純に優勝したかっただけ??



・・

チャパ王は、3年間の間に、どのくらいパワーアップしてたのだろうか??


3年前に110だったチャパ王を、悟空は軽く上回っていた。


だが、チャパ王はその悟空に勝ちたいと思ってたわけではないらしい。



しかし、得意技の八手拳を完封された、というのは苦い思い出になっているだろう。


「二度と防がれてたまるか!!」という思いと共に、猛特訓をしてたのではないだろうか??




そういうわけで。


23回のチャパ王は、110だったのが130程度にはパワーアップしてきてるはず・・。


・・という考え方ですね。



(;´・ω・) 23回のチャパ王は、130くらいとしておこう。




・・アレ?


それなら、140の亀仙人より、鶴仙人は劣ってるはずだから・・。




最終チャパ王が130レベルになってたら、もしかしたら鶴仙人には勝てるのか?


(;´Д`) ・・最終チャパ王、サイボーグ化前のタオパイパイよりも強かったりして。

チャパ王の戦闘力まとめ。
他の武道家たちとの力関係は??

~チャパ王の戦闘力についてのマトメ~



第22回天下一武道会において。


チャパ王は、亀仙人ことジャッキー・チュンがかなり警戒していた。


この時点で「常識レベル」と軽んじられたパンプットより遥かに格上であることが確定。




当時の戦闘力140レベルの亀仙人が「楽には勝てない」という雰囲気を出している。


亀仙人に劣るクリリンとヤムチャも、八手拳を「完全に防ぐことはできるかは怪しい」


また、クリリンは「悟空は、かなり力を出してチャパ王を倒したように見えた」




つまり、チャパ王は140が楽には勝てないレベルはある。


同時に、クリリンとヤムチャはチャパ王と互角か、前後するレベルと見ることができる。




そんなわけで、チャパ王は戦闘力110くらいはあったとみるのが妥当!!



アニオリ込みだと


「チャパ王を警戒するヤムチャが健闘した天津飯に瞬殺されたナム」


なので、チャパ王>ナム、である。





23回チャパ王 130

>

22回チャパ王 110

>

ナム (21回で悟空にそこそこ健闘できる)

>

-----常識レベルのカベ-----

>

パンプット (武道会のカベは破壊できるが、常識レベル)

>

サタン (瓦を破壊するレベルの落ちた後の世代の王者)





このくらいの差があれば。


チャパ王は、ナム+パンプット+サタンの3人がかりでも勝てると思う。


パンプットとサタンを秒殺して、ナムとタイマンに持ち込めば、普通に勝てる・・。




・・いや。


やはり、サタンの強運に負けるかもしれない・・。




(;´・ω・) チャパ王、意外と強いんじゃない??


(;´Д`) 23回時代の力なら、鶴仙人には勝てると思うなあ。

↓☆他のドラゴンボールネタ☆!!↓