グルドの強さは?戦闘力はナッパ以下だろうね、マジで。(ドラゴンボール)

グルドの戦闘力は低いらしいが。実際のところ、いくつだったのか考えよう!!

ギニュー特戦隊の一員、グルド。

彼の戦闘力は、いくつなのだろうか?



そもそも隊員たちの戦闘力でハッキリしているのは・・。

ギニュー隊長の12万のみでした。



リクーム、ジース、バータは、4~6万と考える人が多い。


(;´・ω・) 私は以前、「4万で確定」だと考察したけど。


グルドだけはかなり意見が割れている気がする。



グルドは、かつてのテレビゲームでは1万を越えてました。


ファミコンの激神フリーザでは、19000。

スーファミの超サイヤ伝説では、13500。



( ゚Д゚) 高い気がする・・?




実際のところ、いくつだったのだろうか?


「ゲームでの数値をそのまま採用して良いと思う。19000でもええんじゃね?」


「仮にもギニュー特戦隊の一員なんだから、1万はないとなあ!」


「1万越えのクリリンからたいしたことないと言われてるから、5000以下だろjk」




数々の説が存在するようだが・・。

グルドの戦闘力の真実は・・?




私は、正直なところ。

グルドの戦闘力は、3500くらいだったと思う。




グルドなんかが、戦闘力4000のナッパ様にかなうはずがない!!

・・というわけではないです(笑)



(;´Д`) 私はナッ派ではありません。



いちおう、グルドが3500と考察した理由を、詳しく書いておこうか!

13000のクリリンに「てんでたいしたことない」と言われるということは??

まず、グルドとZ戦士の闘いのはじまりは・・?


ドラゴンボールを揃えようと行ったり来たりし、ベジータの隠れ家に来た悟飯たち。

そこにギニュー特戦隊が降り立ち、Z戦士 VS 特戦隊のバトルが始まる!!




ドラゴンボール大全集では、クリリンのグルド戦の戦闘力は13000でした。

原作でも「1万を超えやがったぜ」と言われていたので、実際そのくらいだったのでしょう。



ナメック星についたばかりの時は、ザーボンのスカウターで「1500ほど」だったのだが・・。



(;´Д`) 最長老様に潜在能力を開放してもらって上昇した!



しかし、パワーアップしたクリリンでも、ギニュー特戦隊は規格外の強敵ぞろいでした。

対峙するなり、「そろいもそろってデタラメなパワーをもっている」と震えます!!



んが。

グルドにだけは


「てんでたいしたことない」

「なんであんなやつが混じってんだ?」


と辛口でした!!



この「てんでたいしたことない」ってのが、とても重要だと思う!!



「ケタちがいにすごい」ギニュー隊長は置いておくとして。

リクーム、ジース、バータに比べて「てんでたいしたことがない」のか?

それとも、クリリンと比べて「てんでたいしたことがない」のか。



これはまあ、クリリンに比べて、ということだろうな。



「なんであんなやつが混じってんだ?」ってセリフ。

これは完全にバカにしている・・。



「あいつになら、オレでも勝てそうじゃん!!」

とかですらなくて。



「あいつ、なんでここにいるの? 居る理由がまったく不明」

そんな言い草である。





そういうことです。

本当にガチで信じられないくらいに、グルドの戦闘力は低いのだ。



(;´Д`) 邪悪な大パワーが・・5つ??



グルドの気は、クリリンが警戒するレベルにすら到達してない。


ということは、おそらくグルドの戦闘力はクリリンの半分以下。

・・ってことだと思う。



つまり、この時点で

グルドはどう多く見ても13000の半分程度の6000~7000が限界、って感じである。



ただ、グルドがどんなに弱くても、超能力を使えば18000の相手にまでは勝つことはできるようだ。



・・なぜかって?

ジャンケンで勝てば「ベジータと闘う」権利を与えられるからです。



実際には、この時のベジータは「3万近くまで上昇したぞ・・!!」なわけだが。



リクームの「おもったよりやるじゃないの、ベジータちゃん!!」

これは「18000だと思ったのが、3万近かったので見直した」ってことだよね。

つまり、ギニュー特戦隊は、かつてのベジータのパワーについては詳しかった。



それを踏まえたうえで


「フリーザ軍にいた頃の18000ベジータなら、グルドに任せても大丈夫」

というのが、特戦隊員の共通見解だと思う。




「グルドの戦闘力は低いけど、超能力を使えば18000ベジータに勝てるじゃな~い!?」

って、リクームたちは思ってたんでしょうね!!



・・

さすがに

「じゃんけんで勝てばグルドがベジータに殺されるけど、コイツは死んでもいいや」

って思ってたってことはないと思うけど・・。



(;´・ω・) そんなわけないよね・・?



というわけで。



グルドの戦闘力は、どう多く見積もってもクリリンの半分以下。

つまり6000~7000よりは下回っているはず!!



しかし、それでも18000の地球来襲時のベジータには勝てる・・。

ということですね!!

グルドの戦闘力がクリリンの半分以下ってことはわかった。じゃあ、具体的な数値は?

グルドの戦闘力が、13000のクリリンの半分以下の6000~7000未満は確定だったとして。


じゃあ、もっとハッキリわからないの?

・・と言われれば。

考える手段がなくはない。



ここで、我らのナッパ様のナッパワーが浮上してくるのだ!!!




クリリンはグルド以外の4人の評価を

「オレなんかじゃ相手にならない」と言っていた。



これは、自分の実力=13000を明確に把握していた言って良いと思う。



そんな13000を自覚してるクリリンから「てんでたいしたことがない」

と言われなくなるレベル。

これは、どの辺からだろうか?



私は、ナッパ様の4000レベルからだと思う。



13000まで成長したクリリンにとって、ナッパ様はもはや雑魚である。

だが、クリリンは潜在能力を開放されて以来、まともに闘ったことが無いんだよね。



(;´Д`) クリリンが13000童貞を捨てたのは、グルドでした。



そうすると、地球で猛威を振るい、ヤムチャ、餃子、天津飯、ピッコロの命を奪ったパワー。



ナッパの4000レベルというのは・・。

まだ、かなり強烈なイメージが残っているのではないだろうか?



おそらく、この時点の13000クリリンであっても。

鮮烈な記憶がある以上、4000という数値は、心理的には充分に警戒対象であると思う。



(;´・ω・) クリリンは、自身の1/3近い4000までは警戒するはず?



そう考えると。

「てんでたいしたことない」と評価された緑色のアレ。

グルドは、4000よりも低い気がするのである。




グルドがアプールとかのフリーザ軍の雑兵と同様、1000~2000程度であった、としてもいいのだが。

それだとグルドのフリーザ軍での立場が可哀想なことになりそうだし。

地球でクリリンを圧倒した、ナッパ様の4000より若干劣るということで。




グルドの戦闘力は、確実にクリリンの半分以下の6000未満。

それも、実は3500程度だったんじゃないかな、と思うんだけど・・。


どうかな・・!?




(;´・ω・) 結論。グルドの戦闘力は3500である!!


(;´Д`) ・・異論は認める!!!

☆↓他のドラゴンボールネタ!☆