ベジータの一番かっこいいシーンは?(ドラゴンボール)

ベジータの最強にかっこいいポイントって「言い訳をしない」ことだったと思う。

ベジータの一番かっこいいシーンは?

・・と訊かれたら。



これは人によるだろうなあ。


人造人間編のラストや、ブウ編の丸くなったベジータの闘いという人もいるだろうし。

サイヤ人編、ナメック星編の極悪人ベジータがワルカッコイイ、という人もいるはずだ。



個人的には、やはりブウ編のアレ。

ブルマとトランクスを守るためにデブの魔人ブウに自爆するシーンだな・・。



ただし、自爆シーンそのものではない。

その前。



ピッコロとの会話です。

ここが、ベジータの一番かっこいいシーンだったと思う。

ベジータは自分のやってきたことに正直だった。死後に消滅するとしても、妻子を守ろうとした!!!

個人的には、ベジータという人物の一番カッコイイところって・・。

「言い訳を一切しない」ところだったと思うんだよね。



誇り高く、プライドが高くて、誰よりも強くあろうとした。

悟空に勝つため、ストイックに修業を続ける・・。



その間、誰かに弱音を吐いたことはない。



父のベジータ王をフリーザに殺されて、服従させられていた。


そういう「自分の力以外に頼るものがない」

という過去のせいかもしれないけど。



ナッパやラディッツにも、心を開いてたかはわからないよね。

(;´・ω・) 2人とも、ベジータが見捨てたしね。



「あんな役に立たんやつはもういらん」

「動けないサイヤ人など必要ない」


・・って。



つまり、ベジータは孤独な男でした。



ナメック星でフリーザにやられた後、涙ながらに悟空に訴えたことはあった。

でも、自分のやれることは泣き言を言わずにやってきた人物だった。




しかし、かつての彼の仕事は、侵略と殺戮。

果てに、同じサイヤ人の仲間が死んでもなんとも思わなかったり・・。

極悪非道な男でありました・・・。



そんな彼も、ブウ編では家族を思いやる心を持つようになっていた。

ピッコロに「きさま、死ぬ気だな・・」と心境を察されるものの・・。




「オレが死んであの世に行ったら、カカロットに会えるか?」

これの返しに

「それは無理だ。お前は罪もない人を殺し過ぎた。魂は洗われて、新しい生命として生まれ変わる」

と宣告されてしまう。




ピッコロさんは「なぐさめを言ってもしかたないから、はっきり言う」

とは言ってたけど。

「地獄」という単語を出さないところは、優しかったなーと思う。




そんな流れであったけど・・。



普通は「お前には、もう未来はないんだよ」

って言われたら、動揺しそうなものである。




でも、ベジータの返答は

「そうか・・残念だ・・」

だけでした。




(;´Д`) 潔いね。



戦闘民族サイヤ人の王子として生まれ、侵略と虐殺を繰り返してきた。

いまでは、それが間違いだったと解っている。



「カカロットたちの影響を受け、家族をもち、穏やかになっていった自分」

を自覚していたから。



自分は地獄行き、そうなってもしかたない。

だが、カカロットに二度と会えなかろうが、自分に未来があろうとなかろうと関係ない。

ブルマとトランクスだけは守ってみせる。



・・こうやって、すべてを受け入れて、自爆しようとしてるところ。

これがベジータの一番カッコイイシーンだったと思う。




と、いうことで。


ベジータの一番かっこいいセリフとシーンは・・。

「さらばだ・・ブルマ、トランクス。そしてカカロット・・」

とか

「がんばれカカロット。お前がナンバーワンだ・・!!」


あたりではなく。




自爆する前の、ピッコロとの会話。



自分が死んででも、ブルマとトランクスを守る。

だが、この世とあの世。

世界の仕組みは、自分の悪行を許さない。

妻子をもった今なら、自分がしてきたことの非道ぶりがわかるから、何も言わない。

人生で最大の夢、カカロットに勝つことはもうできないけど・・。

自分が完全に消えてなくなるとしても、すべて受け入れよう。




そういう状況の中での、微笑みながらの言葉・・。


「そうか・・。残念だ・・」


ってセリフ。




これが、己の人生に対して常に正直で真摯、言い訳をしなかった人物。

ベジータという男のベストシーンだったと思うんですよね。




(;´・ω・) こんな場面をチョイスするヤツ、私くらいだろうな・・。

☆↓他のドラゴンボールネタ!☆