ピッコロ大魔王が「永遠の若さ」ではなく「若返り」を選んだ理由を考察!!【ドラゴンボール】

ピッコロ大魔王は最初は「永遠の若さ」って言ってたのに・・。
神龍には「若返らせてくれ」だったよね。

今日は、ドラゴンボールネタです。


無印時代の強敵、ピッコロ大魔王の願いについての語りです!




ピッコロ大魔王は、最初にドラゴンボールを集める理由をピラフから聞かれていた。



「世界征服など、ドラゴンボールに頼らなくてもいい」


「わしが欲しいのは、永遠の若さだ」


「それさえ手に入れば、この世は永久にわしの支配下におくことができる!!」



自分の強さに絶対の自信を持ってるから、永遠に若ければ永久に支配が可能・・。



理屈はわかるんだが、実際にドラゴンボールを手に入れると・・。


「永遠の若さ」ではなく、「若返り」を願ってしまった。




具体的には、ピッコロ大魔王の願いは


「わたしを若返らせてくれ!!」

「もっともパワーに溢れていたあの頃に!!」


だった。



(;´Д`) これだと、永遠の若さ・・じゃない気がする。



なんで、永遠の若さをやめて、若返りにしてしまったのだろうか?



しかも、それを自分で納得してるみたいだし。


「フルパワーで闘うと、私の寿命が縮まる」 と。




永遠に若いまま=永久に世界を支配下における、なら。


フルパワーで闘おうが何だろうが、寿命が縮まるってことはないだろう。



つまり。


ピッコロ大魔王は、最初は「永遠の若さ」を望んでいたのは間違いないのだが。


ドラゴンボールを集めている最中に心変わりし、意図的に「永遠の若さ」を願わず、ただの「若返り」を選んだ・・?


ってことになる。



(;´・ω・) 鳥山先生が間違えたのか?という話は置いといて。


(;´Д`) これが、何でなのか・・少し考えてみます。

神様が寿命を迎えたら自分も消える運命だし。
若さは永遠でなくてもいい・・と思ったのでは??

まず・・。

ピッコロ大魔王が「若返る」願いを叶える際。



亀仙人や餃子の乱入で心を乱され、願いを間違えたってのが考えられるが。

それなら、もっと後悔する素振りがあってもおかしくないと思う。



ピッコロ大魔王

「ね、願いを間違えた・・」


「永遠の若さではなく、若返りにしてしまった!」


「数百年経ったら、またジジイになってしまう・・!!」


「orz」



だが、こういう素振りは見せなかった。



ということは、老人状態で悟空をボコボコにした前後あたりから。


ピッコロ大魔王は「願いは、単なる若返りでいいや」と思っていた、ということになりそうだ。



さらに。


若返った後、キングキャッスルを制圧し、全世界にテレビで自分の政策を語る。



5月9日の「ピッコロ記念日」に、全世界43区の地区を1つずつ消し去りに行く。


その際のセリフが



「運のいいやつは、43年間は生きのびるわけだ」

=

43年後には、皆殺し完了。



(;´Д`) 世界の人々が一か所にとどまることは、無いと思うけど・・。



とりあえず、上記のセリフ通りだと・・。



ピッコロ大魔王は


「43年間しか世界の支配をする気がなかった?」


ということになる。



この辺に、永遠の若さではなく、若返りを選んだ理由があるのではないだろうか??




ピッコロ大魔王は、魔封波で封じ込められた電子ジャーから300年ぶりに復活した後。


自分がヨボヨボの爺さんになってることに気が付いた。


「願いが叶うなら、永遠の若さが欲しいな」


そう思ってピラフに語ったりしたのだが、悟空と初めてやり合う前後辺りで気が付く。




「考えてみたら、ワシが永遠の若さを得ても・・」


「神のヤツが老衰して死んだら、どうせワシも死ぬんだよな・・」


「???」


「永遠にこの世を支配するとか、無理じゃね??wwww」


「このジジイ状態のまま、不老不死になってもしょうがないし・・。どうしよう?」




ピッコロ大魔王は、意外とそんなことを考えてたんじゃないだろうか??



そして



「神のヤツが後100~200年でくたばるなら、ワシもそのくらいしか生きられんのう」


「こりゃ、ただの若返りで充分だな」


「ワシは正義と平和が嫌いだから、それを否定できる世界が作れればおk」


「43年間、人間どもの恐怖におびえるカオが見れればいいや」


「フルパワーで闘えば寿命が縮まるんだが、そんな相手がいるわけはないしな」



・・こういう結論になったのでは??



(;´・ω・) 映画のスラッグ様は2人に分かれてないから、心おきなく永遠の若さを願った、と。




まあ、なんというか。



最初は「永遠の若さ、永遠の若さ」と連呼していたピッコロ大魔王(老)。


だが、彼はなぜか「単なる若返り」を選び、それを後悔する素振りも見せなかった。


それがなぜだったか、というと・・


「永遠じゃなくてもいい」と気付いたからだと思われる。



つまり、神様と自分の関係を考える時。


「どうせ永遠には生きられない」


みたいな諦めがあったのでは・・。




・・と、思います!!!



(;´Д`) ナメック星人の命の考え方って、地球人とは少し違いそうだよね。

☆↓他のドラゴンボールネタ!↓☆

老人のピッコロ大魔王の活躍は、
『DRAGON BALL 完全版 10』で!!